バラにひとりごと. Stand by Roses.

バラの写真日記、時々、ほかの花 ちょっとウンチク・・  ひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

5月17日 Bridal Pink



5月17日 雨
予報では午後から雨
朝起きてすぐには・・・まだ降ってなかった
少しだけルーフに出ると・・ちょっとだけ降ったあとが
水遣りはあとで・・・そう思って・・
ゆっくり紅茶を飲んで、さぁ水遣り・・
始めて間もなく降りだした
それも・・かなり大粒・・

う~~~~む・・
ここが考えどころ
このまま降り続くのか
それとも・・すぐにやんで・・・結局ほとんど降らずに終るのか
どうなんだろ・・
予報では午後からのはず・・それが朝に降りだして・・
予報以上に降るってことか
それとも・・このパラパラだけですぐに止んで・・予報ほど降らないってことか・・
もし、降らなかったら・・
お花も蕾もきっとしおれちゃう・・・水遣りして、そのあと降っても害はない
う~~~、やっぱり水遣りしよう

西の空を見ると・・ちょっと明るくて
グレーのような・・水色のような・・・
水色の雨・・・かぁ
んじゃ~・・歌っちゃうかぁ~?
ああぁ~~~~~~み・・ず・い・・・ろ・・?
あぎゃ・・・まずい・・・・・・・・人の気配・・
と、思ってそっと振り返ると・・・
上の階の人・・・バルコニーに・・出てたんだ
幸か不幸か・・目はあわなかったけど・・・
聞こえたよねぇ・・・朝から・・
ああぁ~~~~~だけじゃ・・悲鳴か・・ターザンか・・
はぁ~~~ひさしぶりにやっちゃった・・
きっと・・・ご家族と・・・
朝から・・ああぁ~~~~~って言いながら、雨の中、水遣りしてた
って、言われてるんだろうなぁ・・
普通の人がみると・・雨の中水遣りしてたら、おかしな光景に見えるだろうなぁ
だからって・・・
いえ、そのぉ・・あのぉ・・
雨でも、鉢の中には水が届かないんで
それに、今の時期・・蕾とお花がたくさんで、すごく水がいるんで・・
などと・・いいわけもできないし
変わった人・・・に、なってるだろうか
でも・・ま、今回が初めてでもないし
今さら・・・・いっか~

ブライダル・ピンク・・咲き出した
本当に・・優しいピンク
このお花だけでブーケにしたら・・
そう思って、あと二株くらい増やそうか・・・などと思ったことも
だけど・・・そう、ダメよ・・これ以上・・・
理性はそう言うんだけど・・本能?反射?欲求?
もう少し増やしたい・・・って、思う気持ちも・・
がまんがまん・・・・っと
スポンサーサイト
  1. 2006/05/17(水) 22:30:07|
  2. Bridal Pink|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

11月12日 ブライダル・ピンク



11月12日 曇り時々晴れ
ゆうべの雨、何時くらいにあがったのかなぁ
ちょっと寝坊したんで・・
朝起きたときには、もう降ってなかった
ルーフの床はぬれてたけど、空には青いところも・・
寒い・・
風も強くて・・
せっかく咲いてる秋の・・・
品種によっては、今年最後になるお花も折れちゃって・・
カメラ持ってルーフに出ても
風でお花は揺れるし、寒くて長く出てられない
今晩、もっと寒くなるのかな・・・

本来なら・・・そう使うの?  なんて思う言葉・・
この前、CD屋さんに行った
特に欲しいものがあったんじゃなくて
何か・・・・ないかなぁ~~~くらいの気持で
うろうろ見て・・・なにか見つけたら・・・って

ジャズのコーナー・・・・
え?  そんなの聞くの? って?
雑食なんで、なんでもありなのヨ
ジャケット・・いまでもそう言うのかな・・を見て
ピンとくるものがないかなぁ・・・
そしたら・・・そもそも、この言葉はそう使うのかなぁ・・なんて思う表現が・・・
「都会派のクールな音・・・・・」
音にそんな形容のしかたって・・・でもなんとなく雰囲気は・・
そうは言っても・・
「田園派のほっこりした音・・・」こんなジャズは無い・・・

「彼らの織りあげる音は・・・」と、いうのはあるけど
「彼らの夜なべして編んだ・・」では、わけわかんない

「重厚な音・・」はあっても
「軽妙な・・・」は無い・・・

「ウッドベースの哲学者・・・」は、あっても
「ウッドベースの経済学者・・」は無い・・

「悲運の天才ピアニスト・・・」聞いてみたいと思うけど
「幸運の凡才ピアニスト・・・」・・・CD出すなヨ・・

こういうのって、音楽だけじゃないみたいで
でも、音楽では通用する形容でも、他では通用しないことも・・
「詩情豊かなギタリスト」・・うん、いい感じ
「詩情豊かな詩人」・・・・・・あたんまえでしょ・・?

「クラシック界の異端児」とか「ジャズ界の異端児」というのは有りだけど
「耕運機の異端児」・・・・なんのこっちゃ・・に、なっちゃう

写真や写真集・・・写真家にも・・
いろいろと形容の仕方があるみたい・・・
例えば・・ニューヨークのいろんな風景を、モノクロで集めた写真集だと・・・・都会派の?
いや・・・それは、被写体が単に都会というだけか・・・
田舎の風景は・・・・田園派・・・いや、それも・・・

ネットの世界・・・
いくつあるのかわからないサイトやブログ・・
それぞれいろんな形容が・・?
イエイエ・・・・なにも言わないで~~~
形容しなくていいからネ~~~

このバラ・・・
いろんなピンクのお花はあるけれど
その、ピンクの違いを表現したり形容したり・・
それは・・・・難しい
どうしても、この名前・・・ちょっと恥ずかしいような・・
でも・・・
ぴったりなのかな・・・ブライダル・ピンク
秋のお花は・・・春よりちょっと濃いめ・・・かな
  1. 2005/11/12(土) 18:08:56|
  2. Bridal Pink|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

5月13日 ブライダル・ピンク

BridalPink050513-01.jpg

5月13日 晴れ
昨日の雨は去って、今日は朝からいい天気
雲もなくて、青い空
でも、すごい風
朝、写真を撮ろうとしたら・・・
花が揺れて・・・ピント合わない

光が無い状態でも写真は撮れるけど
風だけは・・・
なんともならない
ファインダーを一生懸命覗けば覗くほど
もう、船酔い一歩手前
酔い止め薬飲もうかしら・・・ん?

このバラ・・・
持ってることをあまり公開?してなかった
なぜかっていうと・・
名前がちょっと恥ずかしく照れくさいから?
ブライダル・ピンクなんて・・

花嫁のピンク?
ホントにぴったり
開いてくると、輝くようなけがれの無いピンクになる
でも・・・
この色のドレスを着る人は・・・多くないように思うけど
ドレスの色じゃなくて
輝くような頬の色・・なんだろうか
そんなことを自分で勝手に思っちゃうところが
恥ずかしかったりして・・

もうひとつの理由は
実は、なかなか思うように育たない
いくつかのバラと一緒に買ってきたんだけど
持って帰ってからウドン粉病なのに気づいた
それが、なかなか回復しなかった
ウドン粉病に弱いのかなぁ
花だけでなくて、葉もかなりやられてはっきり跡が残る

それと、もうひとつ・・・
多肥を嫌うのかなぁ・・
センターが割れる花が多い
全部というわけではないけれど
窒素を多く与えすぎだから、ダブルセンターがでたり
ウドン粉病にかかりやすくなってたのかなぁ

冬の植え替えのとき、今回は肥料をほとんど与えなかった
土には一切肥料を混ぜず
マルチングをする前に、ほんの少しだけ土の表面に肥料を・・

今年は・・・
調子いいみたい  フフ
蕾もたくさんで、ウドン粉病も少しは出たけど・・
下葉もとってあったからか、もうシュートまで上がってる

きれいに開くかなぁ・・  花嫁のピンク
  1. 2005/05/13(金) 00:00:00|
  2. Bridal Pink|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

    Mac.

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。