バラにひとりごと. Stand by Roses.

バラの写真日記、時々、ほかの花 ちょっとウンチク・・  ひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

4月30日 ポール・ネイロン

PaulNeyron050430-01.jpg

4月30日 今日も晴れ
午前中から、もう暑かった
今日も30℃を超えたところが?
歩くと、しっかり汗かいちゃって、日陰をさがしちゃう

昨日、バラゾウムシにの被害にショックをうけてたら
今日、ルーフにでていると・・
う?
見たことある飛び方・・・
黒い羽にオレンジの胴体!
やや!
やってきたぁ・・
反射神経で勝負しても・・・・空中では無理
でもね
去年も一昨年も、なんどもやっつけてきたのヨ

じっと、目を離さずに・・
必ずどこかに止まるはず・・
オレンジ色が、ちょっと毒々しいけど
針は持ってないし、刺されることはない
噛み付かれたことも無い・・
止まったところを、怖がらずに・・・・
ほ~~~ら、止まった・・
手の影を落とさないように・・
できれば、バラを傷つける前に・・
そ~~~と、手を近づけて・・・最後は一気に!
キャッチ!!!
素手でやっちゃった・・・どうしよう・・手の中で動いてる・・
ピッチャー振りかぶって第一球を・・・
投げました~~~  床に! ××××

見てたの?
ポール・ネイロン
いつも、ウサギちゃんみたいに、お耳立てるのネ
その姿を見ると、オメメとオクチを書いてあげたくなるワ

どちらかというと、オミミはあるけど扁平型の蕾
蕾の大きさからは
想像できないくらいの大きな花を見せてくれる
本には、返り咲きとされていることが多いけど
何度も花を見せてくれた
何度かはボタンアイを見せてくれる
そのボタンアイのおおらかで優雅なこと・・

あと何日で開くだろう・・

オミミを立てた蕾の前で
はてさて・・・ムシたちとの格闘は
続くのであった・・・・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/04/30(土) 00:00:00|
  2. Paul Neyron|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

4月29日 ジョン・クレア

20050429203916.jpg

4月29日 今日も晴れ
午前中、9時をすこし過ぎたころ
ルーフに出ると、もう暑かった
陽射しは春を通り越して、初夏と呼ぶほうがふさわしいような強さ・・

今日はみどりの日
みどりの写真を撮ろう・・・
昨日開いたエルフルトちらちら眺めながら
どれをとろうかなぁ・・
と、いっても続いて咲いてくれたものはないんで、みどりの写真

今日はジョン・クレアにしよう・・
みどりに日にふさわしいみどりの蕾
カメラを据えて、ファインダーを覗いて・・・・
あっちに向け、こっちに向け
あっ! きれい! 水滴がきらっと・・・
・・・・・?????
なんで?
雨、降ってないし、水を撒いたわけでもない
あ~~~~~っ
反対側にそーっとまわって・・・
やっぱり・・・
バラゾウムシ!!
蕾の付け根あたりに刺した跡があって
そこから、バラのなみだみたいに、大きな水滴・・
今、刺して間もない感じ・・
ぜ~~~~~ったい、逃がさない!!!
まずは・・左手を受け皿にしてそ~っと下に・・
右手で・・・・
バラの雫を飲んでいたのか、まだ産卵中だったのか
あっさり摘まんで・・・・あとは・・・・

しばらく、まわりのほかのバラたちにも
付いていないか・・・大捜索
少し前は、かなりたくさんいて
毎日、捕まえるのに大変だったけど
ここ2~3日どんなにさがしても見つからないんで
ピークは過ぎたんだと思ってたのに・・
大変!
お出かけしなきゃいけない用事があったの忘れて
バラゾウムシ探しに熱中しちゃった・・

まわりを見回すと・・・
いつの間にやら、たくさんの蕾
何日か前には蕾を探して、ひとつ、ふたつ、みっつ・・・
なんて、かぞえていたのに
今はかぞえられないくらい・・
バラゾウムシが落とす数なんて・・・

・・・・・やっぱりイヤ!
どうでもいいお花なんてひとつもない!
  1. 2005/04/29(金) 21:04:47|
  2. John Clare|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

4月28日 エルフルト・・やっと

erfurt050428-01.jpg

4月28日 今日も晴れ
昼間は7月の気温なんて言ってた・・
このままいったら・・・7月には・・50℃くらいに?
寒いのは苦手だけど、暑いのは・・・いいかぁ

やっぱり、これだけ温度も安定して
陽射しもしっかりあると
見るたびにバラ達が茂ってくるように見える
咲きすすむキモッコウに、儚さを感じてるうちに
ほかのバラ達の蕾もどんどん大きくふくらみ
また、ワクワク、ドキドキを繰り返す
われながら、げんきんなもんだなぁ
まぁ、箸が転んでもおかしい年頃だし
しかたないかぁ・・・・???

いい天気は続いていたけど、晴れすぎて?
放射冷却だったのか、夜は少し気温の低い日が続いていた
それが影響したのか、この蕾も
早くから、ガクが割れて
花びらが見えていたのに、なかなか開かなかった

キモッコウに歌をうたってあげたら
やきもちを焼いたのか
フフフ・・
今朝、あわててここまで開いてきた
エルフルト
やっぱり、気温が低いんだろうか・・
本来、見せてくれる花より、花色が濃い・・
それでも、花芯の白から少し黄色をにじませて
ゆったりしたピンクのグラデーションに・・

もちろん、うたってあげたヨ
 ♪バラが咲いた~バラが咲いた~ピンクのバラが~~♪
フフ
♪バラが咲いた♪ も、シーズン開幕~
  1. 2005/04/28(木) 22:14:25|
  2. Erfurt|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

4月27日 またまた、キモッコウ

kimokk050427-01.jpg

4月27日 朝から晴れ
黒い上着で歩いたら・・暑かった
吹いてくる風が心地いい

今日は、ちょっとした用事で生まれて育った街へ行った
と、言ってもそんなに遠いわけじゃないけど・・
真新しい大きなビルと、古い建物が混在して
大きな街路樹が並んでる
木々の若葉も、いつの間にか大きくなり
葉裏のそよぎが太陽を背にきらめいていた

広い歩道の端っこに
小さな椅子を置いて、油絵を描いてるおじさん
しばらく、後ろから眺めてみたり・・・

吹いてくる風は心地よく
なぜか、どこか懐かしく感じたりする
特に匂いがあるわけでもないのに
どうしてかな・・

古い建物の、道路沿いの花壇でバラが咲いてた
株元はかなり大きくて
もう、かなり茂っている葉もきれい
よく手入れされている
強い陽射しのなか
場所によっては、こんなに成長してるんだ

昨日開き始めたキモッコウ
たった一日過ぎただけで
一斉に残りの蕾たちが開いてきた
昨日まで、あんなにじらしてくれたのに
今日は・・・・
そんなに急いで、競うように咲かないで・・
そんなに急ぐと早く終わりが来ちゃいそう
一年に一度しか会えないんだから
もっと、ゆっくりしていいのヨ・・・
  1. 2005/04/27(水) 21:32:39|
  2. キモッコウ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

4月26日 キモッコウ、おまたせ・・

kimokk050426-04.jpg

4月26日 朝から曇り、午後には突然雷雨
黒い雲はすぐに流れて、青い空が・・・
夕方はとても澄んだ空
街路樹のシルエットが金色の空にきれいだった

フフフ
お待たせ~
やっと咲いた・・・キモッコウ
とうとうバラの季節の始まり
やっぱりこの花が咲いてくれないと
始まったっていう実感がわかない

ゆうべのうちに、ほころんではいたけれど
ちょっと、温度が下がったんで心配してた
でも、今朝、うすぐもりの空の下で・・・・
できれば、この柔らかい黄色というか
たまご色というか・・・
この花とのコントラストがきれいな青空のもとで
咲かせてあげたかった
それは・・・ちょっと親心に似てる心境かな

この花を見ると、たまご色っていう言葉が出てくる・・・
たまご色・・・・・
黄身の色のこと?
白い花を見て、たまごの白身の真っ白に似てるからといって
その白い花をたまご色とは言わない・・・
たぶん、みんなそう・・・・よね?
たまご色っていうと、ちょっとあまい感じの黄色のことよね?

逆に、たまごって言われると
頭の中に浮かぶのは、ちょっととんがり楕円の
白い殻のたまご・・・
実際には、最近白い殻の卵・・・あんまり食べてないなぁ
これも不思議・・よく食べるのは、赤くないのに赤卵・・
じゃぁ・・・・
ホントのたまご色って・・・・

そんなオバカなことを思いながら
ねぇ、何色っていわれるのが好き?
・・・・・返事は・・・聞こえなかった
きっと、こたえるのが恥ずかしかったのかな

返事がないんで、うたを歌ってあげた
 ♪キモッコウはネ ロサバンクシアルテアっていうんだホントはね
  だけど長すぎるから、み~んなキモッコウって呼ぶんだヨ
  おかしいな キモッコウ~  ♪

去年より、10日も遅れてやっと咲いた花に
浮かれすぎ・・・
だって・・やっと待ちに待った季節が始まるんだから・・・・・
  1. 2005/04/26(火) 00:00:00|
  2. キモッコウ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

4月25日 不明・・・

unknown050423-01.jpg

4月25日 晴れ
今日もいい天気
夕方、暗くなってきて、ほんの少し雨が・・
はるか南の海では台風3号だって・・・

もう開くと思わせたキモッコウとエルフルトが開かない
キモッコウは、蕾の先端が割れ
エルフルトはガクも開ききり
花びらもふくらんできた
もう明日には・・・
ここのところ、毎日そう言ってたりして・・

よく歩きに行く山の中で
何年か前に見かけた、バラ・・・・・だと思う
ツルを長く伸ばして
トゲが独特で、すごく硬くてするどいトゲが
ツルが伸びていく方向とは、逆のほうに寝るようにはえる
いったん、伸びていくと引き戻せないように働くトゲなんだろうなぁ
葉っぱもちょっと変わったかたち
今くらいの時期になると
白に近い、少しグレーがかったピンクの
一重の花をつける
たぶん、一日で散ってしまうみたい・・

去年、カメラを持ってその山を歩いていたとき
そのバラ?の、花の時期ではなかったんだけど
大きく茂ったそのバラの茂みの近くで・・・
実生かなぁ・・
小さな株が・・・
まだ、ツルもそんなに長くない・・・・
偶然、カバンの中には小さなスコップが・・・
おおぉ、神様・・そういうことね・・

なんと、ルーフでキモッコウよりエルフルトより
早く開いたのはこのバラ
山から連れて帰って来ちゃったこの・・・バラ?
まだ、名前がわかんない・・・
はやく調べてあげなきゃ

お山からは離れちゃったけど・・・
ルーフで元気に育ってる
どうしよう、1年ほどで・・・
もう、どうしていいかわかんないくらい伸びてきた
育ちすぎ~
おおぉ、神様・・・
ごめんなさい、たすけて~~~
  1. 2005/04/25(月) 00:00:00|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

4月24日 マイコアジサイ

maikoaj050423-02.jpg

4月24日 今日も晴れ
午後には、もう半袖で十分っていうくらいの陽射し
しばらく外を歩いたけど・・
日焼けしちゃったかな・・・?

生まれてから18歳になるまで育った街
そこの市の花がアジサイ
だからというわけではないけれど
アジサイ、大好き
バラ病が発症する前は
ルーフをアジサイでいっぱいにしようと思ってたくらい・・

アジサイの花は・・
雨の日のほうがきれいに見えるような気がする

山道の両側にアジサイの花がずっと続く
大きな木の下の少し木陰になるあたり
青、むらさき、水色、ピンク・・・・
いっぱい雨粒を受けて
ドッジボールみないな大きな花が
重そうにたわんでる・・

いろんなところで、いろんなアジサイに出会ってきた
色だけでなく、咲き方、花の形にもいろんな種類がある
ガクアジサイなら「くれない」
一度は絶滅したかと思われていた「シチダンカ」
「ミカタヤエ」なんかもいいなぁ
比較的新しいものでは
「アナベル」「ウズアジサイ」
「スノーフレーク」なんかも素敵

でも・・・・
そんななかでも
はじめて出会ったときから
心が震えるくらいの衝撃をうけた・・
それくらい好きなのが・・・「マイコアジサイ」
ちょっと臆病というか・・・
今まで、枯らすのが怖くて手を出したことが無かった・・

それが・・・
今年の春、手元にやってきた・・
小さな小さな苗で
ちゃんと育つんだろうか・・と、思うくらい頼り無い姿
毎日毎日気になって、気になって・・
どうしても・・・これだけは枯らしたくない

その小さな苗が、小さな小さな蕾を付けた
ひとつひとつは、ムシピンの頭もないくらいの大きさで
かたまりでも・・・小さなビー玉くらいしかない
朝日を受けて輝く姿を見るだけで・・
開くと震えるような白い花びらなのに
蕾はなぜか水色で
開き始めた花は、水色の蕾と
白い花が混じって、儚いほどに美しい
その姿が目に浮かぶ・・
どれくらいで開くんだろう・・はやく会いたい・・



・・・・・・・どうして、今日、アジサイの思い出を書いたかって?

・・・・・・キモッコウもエルフルトもあとちょっとが開かない・・
  1. 2005/04/24(日) 00:00:00|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

4月23日 エルフルト

erfurt050423-02.jpg

4月23日 晴れ
芝生の上で寝ていたいようないい天気
時々ひんやりした風が吹いてた
暗くなって、ちぎれ雲がお月様にかかって、風がでてきた

今日こそは・・・
と、思いながら目覚めてルーフに出た
キモッコウひらいてるかなぁ・・・って
・・・・・・・咲いてない
もう、たまご色の花びらが、ガクの間から見えて
ポンっていう音をさせて開きそうなくらい膨らんでるのに
まだ、開かない
今日たくさん陽を浴びたら、午後にはひらくかなぁ
って、思ってたけど・・・・
結局、開かなかった
去年に比べると、1週間以上遅いことになる
そう云えば、去年は桜ももっと早かった
今年の方が、温度が低いのかなぁ・・

キモッコウは遅れてるのに
こっちは・・・
去年は5月に入ってから開いたのに
今年は・・・
今日、こんなに蕾が緩んできた
明日には・・・・・?

ほかのバラ達も、どんどん蕾が大きくなり始めてる
もう、数えられないくらいの蕾があがってきてる
どんどんルーフにいる時間が長くなって
ほかのことなんて、どうでもいいような気分に・・
バラ病を患ってる人は、みんな同じかな・・?

開くと、あんなにやわらかいグラデーションのピンクの花なのに
今の蕾は・・・
バラを育てたことのない人が見たら
真っ赤な花が咲くとしか思えないような色の蕾・・
そういえば・・・・
バラを育て始めたころ
花色からは想像できないような蕾の色を見て
何度も戸惑ったなぁ
初めて咲かせる花の蕾が、思ってもみなかった色だと
ラベル違いで、ぜんぜん違うバラが手元に来ちゃったんだろうか・・・
なんて、心配したっけ・・
エルフルト・・・・
明日、開くんだろうか

いよいよ会えるね・・・
  1. 2005/04/23(土) 20:56:11|
  2. Erfurt|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

4月22日

A,B050418-01.jpg

4月22日 晴れ
春らしくない?・・くらいの空だった
天気図はちょっと冬型
朝から少し肌寒かった・・

春が深まる
それは、風の中や
陽射しの一瞬に、夏の気配が育ち始めることかもしれない

あっという間に満開を迎え
風に流されながら散っていった桜のあとを追って
春の花が散っていく

 花は、ただ咲いて
 ただ散っていくからいい
 なんのしがらみも無く
 ただ咲いて、ただ散っていく
 だから花はいい

だれのうただったかなぁ
散る花を見てると・・・
ちょっと寂しい・・?
ちょっと悲しい・・・?
ううん、その散り際が清々しい?

散る直前、精一杯ふくらんで
精一杯張り詰めたチューリップ
まんまるおしりのチューリップ
散り際もずっと見てるヨ
  1. 2005/04/22(金) 22:48:33|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

4月21日 キモッコウ

kimokk050418-01.jpg

4月21日 晴れ
午後にはちょっと蒸すような感じが・・・
天気予報の長期予報で、今年の夏は暑くて
暑さも長く続くでしょう・・・って、・・・・
それって・・・今日がちょっと暑かったから?

しばらく暖かくて、太陽の光もいっぱいの日が続いてたから
いっせいに蕾がふくらみ始めてきた
朝見たときと、夕方見たときでは
ずいぶん違っている
朝はまだ、中に入っている何かを
ぎゅっと抱きしめて守るような姿だった蕾が
夕方には、少し緑色のガクを
抱きしめていた腕を緩めるように力をぬいて
中の花びらの色をうかがわせてくれる・・

きれいに開いた花の姿を見るのは
もちろん至福のとき
ローザリアンなら、それはもちろんのこと
ゆたかな花の姿や、甘い匂いに陶酔する瞬間・・・
でも、開く直前の蕾の姿
ガクのあいだから、中に秘めた秘密を
漏れ見せるような、その蕾の姿を見ると
ああぁ、いよいよだぁ
このためにずっと世話をしてきたんだぁ・・
開いた優雅な姿から感じるのとは
どこか違った・・・
ワクワクするような嬉しさがピークに達する

去年の記録を見てみると
4月16日に開いてる・・
今年はちょっと遅れ気味?

いよいよシーズンの開幕・・
やっぱり一番に開くのは
この花かな・・・・キモッコウ

明日・・・・きっと、はやく目が覚めるだろうなぁ・・
  1. 2005/04/21(木) 22:33:39|
  2. キモッコウ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

4月20日

S,G050418-01.jpg

4月20日 雨・・
朝は風も強かった・・ 春の嵐
新しい蕾たち・・心配だったけど、なんとか・・・・

強い風のなか、バラの蕾を心配しながら
ルーフを見ていたら
バラだけでなく、今たくさん咲いているチューリップも
大きく揺れていた
折れちゃうかなぁ・・・
じっと見てたら
うん?
なんだか楽しそう
雨の中、みんなでおおきな声で大合唱してるみたい
暖かい雨を、喜んでいるみたいに
みんなで大きな口をあけて
花達の声が聞こえれば楽しいのに・・
一緒に歌いたいけど・・・何の歌?

スプリンググリーン
緑色の花・・
お花らしくはないのかもしれないけど
この花を見てると・・
神秘的・・なんて言葉さえうかんでくる
花は・・・受粉のためにムシ達を集めるためのもののはず
目立つためには、赤でも黄色でもオレンジでもピンクでも
なんだって、目立つ好きな色を選べたはずなのに・・・・
どうしてあなたは・・この、葉と同じ緑色を選んだの?
花の声が聞こえればいいのに・・・
この花は、話してくれるだろうか・・
  1. 2005/04/20(水) 21:18:19|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

4月19日 ステンレス・スチール

20050419215625.jpg

4月19日 晴れ
日中、外を歩くと半袖で歩いている気の早い人も・・
今、この時間・・空気の中に湿った匂いが・・雨の気配?

毎朝ルーフに出てバラ達を見る
蕾のあがってきたものがたくさん・・
自然と頬がゆるむ
ついついはな歌も・・
でも、中にひとつ、ふたつ、調子のよくないのも・・・
あまり、気に病まないことにしている
ただ、病気や害虫の気配だけは注意を・・・
特に大きな被害を起こすコガネムシの幼虫と
テッポウムシだけは要注意

元気なバラ達は
花を咲かせるまでにも
葉や枝も見ていて飽きない
特に今に時期にだけ見れる
この、真っ赤なトゲがなんとも可愛い・・
冬、硬くなったものはあれほど手に傷をつくってくれるけど
この真っ赤な、生まれたてのトゲは
触るとまだ柔らかい・・・
ちょっとゴムかビニールのよう
摘んでみたり、押してみたり、引っ張ってみたり・・・
子供の頃、よく鼻のテッペンに付けて遊んだなぁ

ステンレス・スチール
その花は、名前の通り金属的な輝きを見せる
ハイブリット・ティーらしく大輪で優雅な花
シルバーにも、薄いブルーがかったムラサキにも見える
もう、蕾もしっかりしてきている

どうしよう・・・・
側蕾を取ろうか・・・そのまま咲かせようか・・
競技花にするなら、側蕾を取った跡が見えなくなるように
小豆くらいの大きさのうちに、取ってしまわないと
跡が残っていると減点に・・・

たぶん、取らないだろうなぁ・・・
競技に出すわけじゃなし
そのほうが、今の自分らしい気がする
  1. 2005/04/19(火) 22:40:57|
  2. stainless Steel|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

4月18日 ハナミズキ

hanamizuki050416-01.jpg

4月18日 晴れ
午後から曇ってきて、降るのかなぁって思ったけど
いつの間にか雲、無くなってる

街路樹のケヤキが芽吹いて
いつの間にか新緑がきらめいて眩しい
最近、新しくできた道路なんかで
街路樹として、ハナミズキが植えられているのが増えてきてる
ケヤキだと、大きくなりすぎるのと
秋の落ち葉が多すぎて問題になるらしい
そのハナミズキが、ちょっと気になる・・・
何がって・・
冬、葉を落としたあとにツヤツヤした真っ赤な実
あれを撒くとはえてくるんだろうか・・
そりゃぁ、種なんだから・・・

実は・・・
歩道にある大きな木から、こっそり実を摘んできて植えてみた
・・・・・・・芽は出ない・・
3年くらい、毎年やってみたけどやっぱり出ない
ちょっと、お勉強!
いろいろ調べて、ゴニョゴニョ・・・っと
一昨年、ついに成功!
小さな芽が出た!
さすがに去年は花を見ることはできなかったけど
今年、発芽成功の4本のうち
大きなものは樹高70cmをちょっと超えた
今、枝先の新芽が開き始めた
なんとも、造形的ともいえるようなフォルム
今年は・・・・咲くだろうか? [4月18日 ハナミズキ]の続きを読む
  1. 2005/04/18(月) 20:44:31|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:13

4月17日 ドン・ファン

donjuan050416-01.jpg

4月17日 晴れ
日中、陽のあたるところにいると暑いくらいだった
すこし動くと汗ばんで・・・
日焼けしちゃいそう

何年か前、自分で撮った自分のバラの写真を
人に見せたことがある
コメントは・・・・
ぜんぜん、バラって感じがしませんね・・だって
それは・・・
1枚も赤い色のバラの写真がなかったから
バラっていうと、真っ赤なイメージがあるけど・・・って、言われちゃった
ふ~~ん、そういうものか
バラ病を患ってない人からすると
バラっていうと、真っ赤か真っ白をイメージするみたい

真っ赤といわれるバラも・・・
多くはないけど育てている

ドン・ファン
ある本には
「伝説の色事師の名にふさわしい情熱的な赤色をもったつるバラ」
なんて書かれてる・・・
伝説の色事師は・・真っ赤なバラを、くわえてたりしたんだろうか・・?
フフフ

このバラ・・・
どんな本にも、その真っ赤な花のことばかり書かれてる
でも、このエンジ色のような、カッパー色のような葉も
とっても好き

蕾の影・・・・わかる?
  1. 2005/04/17(日) 21:31:15|
  2. Don Juan|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

4月16日 イレーヌ・ワッツ

irenewatts050416-01.jpg

4月16日 朝から晴れ
今日もいい天気
ちょっと標高の高いところでは、桜・・満開だった

もし・・・
バラを・・・・
たとえば・・・・・
5本だけしか育てられないとしたら
何を選ぶ?
違う色の花を5本?
きちんと、違う系統のものを5本?
大好きな、同じ系統のものを5本?
ぜんぜん違う香りのものを5本?
それともそれとも・・・
大好きなアプリコット色のものばかり5本かな・・・

イレーヌワッツ
このバラは・・・・
はずせない・・・・・うん、やっぱりはずせない
それくらい好き

ルーフで大切な大切なバラ達を見ながら
どれかなぁ・・・
これも、これも・・・・・
これと、これなら・・・
あああぁぁ
やっぱり、そんなの無理
5本だけなんて絶対無理
みんな、大好きで今てもとにあるんだから
どれも、みんな手放せない

今年、もう蕾が見え始めた・・・
  1. 2005/04/16(土) 21:25:05|
  2. Irene Watts|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

4月15日 ホットココア

hotcocoa050415-02.jpg

4月15日 朝から晴れ
ずっといい天気・・今、暗くなってからうっすらと雲がかかってる
三日月も雲でにじんでる・・

冬、寒いのはすっごく苦手
ううん、苦手じゃなくてぜんぜんだめ・・・
ううん、ぜんぜんだめなんじゃなくて・・大嫌い
手が冷たい・・・足が冷たい・・・
顔や、耳が冷たい・・・
あああぁぁ、絶対イヤ
夏、暑いのはぜんぜん平気なのに・・・

なのに・・・
冬には美味しいものがいっぱい
あつあつお鍋、おでん・・・・
焼き芋も・・ほかほか肉まんも・・やめられない

北風の中、手を冷たくして
何鉢も植え替えをして
剪定、誘引・・・
顔や、耳も冷たくなって・・・もう限界
あったかい部屋に入ってきて
何よりも嬉しいのは
熱い熱い、あま~~いココア
今でも、美味しいけど
やっぱり寒い季節のほうがぴったりかな

深いレンガ色にブラウンがまじる花を見せてくれる
残念ながら、匂いはちょっと違うけど
湯気が上がりそうな、ホットな花を見せてくれる・・・
秋、涼しくなるころの花は・・・ため息がでちゃうヨ
ホットココア!
  1. 2005/04/15(金) 22:05:19|
  2. Hot Cocoa|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

4月14日 蓮華ローズ

renge050414-03.jpg

4月14日 朝から晴れ
午後からは、かなり暖かかった

眠っているとき夢を見る
起きてから覚えているもの
ぜんぜん思い出せないもの
楽しい夢、怖い夢・・・
何度も見る夢・・・  もう一度みたい夢

今朝、夢を見て目が覚めた
どうして目が覚めたのかわからなかった
夢をみたことは覚えているのに
何の夢だったのか思い出せない
しばらくそのままボーッとしながら・・・・・
もう、眠れそうにない
何時なんだろう
まだ外は暗い・・
もう少しで明るくなり始める時間・・
起きちゃおう

紅茶を入れて、カップをもってルーフのベンチで・・
東の空が白み始めてる
遠くで車の音
夜の間、閉じてたチューリップ
開き始めたバラの葉
小さなキモッコウの蕾達・・・
バラ達と一緒に春の日が昇るのを見てた

満開の蓮華ローズも一緒
  1. 2005/04/14(木) 00:00:00|
  2. 蓮華ローズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

4月13日 菜の花

nanohana050413-01.jpg

4月13日 朝は曇り、午後からは時々晴れ
昨日より少しだけ暖かかった
夕方、すこし赤い光が斜めにさしてた

大きな川の堤防にそって、桜が花びら散らせる
川を渡る風が草を揺らし
桜は風に、花びらを漂わせる
ひとひら、ふたひらと花びらが吹きよせられ
風は、いくどもいくども過ぎていった
寄せては返す黄色い波が陽をきらめかせ
風が見えた

桜、ユキヤナギ、レンギョウ・・・菜の花
春に見える色は、みな優しく暖かく感じる
もう、春の気配は薄れ始め
いつしか初夏の気配が立ち昇る


この春、桜の写真撮らなかったなぁ
桃の花も撮りたいなぁって思ってたのに
まだ・・・桜撮るチャンスがあるかなぁ
山桜撮りにいこうかなぁ

一面、黄色一色の菜の花の中・・歩きたいなぁ
  1. 2005/04/13(水) 00:00:00|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

4月12日 ジャクリーヌ・デュ・プレ

20050412205445.jpg

4月12日 朝早くは曇り、すぐに雨が降り出して
それから・・・ずっと雨
弱くなったり、強くなったり・・

ラジオを聴いていた
雨だし、少し静かな曲がいいかな
あまり聞かないFMの局に・・・
少し静かめのボサノバ・・やってないかなぁ
そんなにぴったりは・・
クラシックか・・
今日の気分には合うかな

しばらく、そのまま聞くとも無く聞いていた
気がつくと、静かな弦の音
雨にはぴったりかも・・

2,3年前かな
知り合いの人の家に遊びに行ったときに
聞かせてもらった
天才チェリスト・・
ジャクリーヌ・デュ・プレ
その音は・・
鳥肌がたつほど妖艶で
小鳥の産毛が舞うくらいに軽やかで・・
一度でいいから生の演奏を聴いてみたいと思った

夭折してしまったその天才チェリストの名を冠したバラ
ジャクリーヌ・デュ・プレ
青白く見えるほどの、けがれない白い花弁に
強い思いを示すような真紅のシベ
聞かん坊のように、少し枝が暴れるところも
今は亡きチェリストに似ているんだろうか・・
蕾があがったら、せめてCDでも
聞かせてあげようかなぁ・・
  1. 2005/04/12(火) 21:30:29|
  2. Jacqueline du Pre|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

4月11日 チューリップ

tur050411-01.jpg

4月11日 朝は雨あがり、一日中うっすら曇り
昨日までが、暖かかったんでちょっと寒かった
夕方から雲が厚くなってきて・・ また、降るのかなぁ

チューリップがたくさん咲いてきた
フフ
ただただ嬉しい
花が咲くって、こんなに嬉しいこと?
いくら見てても飽きない

何色の花が好き? って聞かれたら・・
答えには、すごく困るかなぁ
でも、バラなら・・・アプリコットっていわれる花に弱い
すこしオレンジがかったピンクというか
どこかクリーム色なんだけど黄色も混じって・・?
このチューリップ、アプリコットビューティーっていう名前
実は、その名前だけでちょっとクラッときちゃう

チューリップ
夜になると花びらを閉じちゃう
陽があたってしばらくすると
目覚めて背伸びするみたいに
う~~~~~ん、って言いながら開き始める・・・
ような、気がする
これって、早春に開花する花に多い習性らしい
この時期は、夜に気温がかなり下がることがあるんで
花にとって、いちばん大切な雄シベと雌シベを
寒さから守るためらしい・・
すごいなぁ・・

ふっくら、ひろがってくるその姿
中から親指姫が・・・出てこないかなぁ・・
  1. 2005/04/11(月) 20:02:11|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

4月10日 セレスティアル

celestial050410-01.jpg

4月10日 朝からいい天気
もう、暑いくらいの一日だった
午後から雨・・の、予報が少し遅れて暗くなってかなりたってから降り始めた・・
今、外は・・静かな雨・・

この時期の雨は・・・
あぁ、これで桜も散っちゃうのかなぁ・・って、思わせる
ちょっと嬉しくない花ちらしの雨
1年に一度だけ見せてくれる、満開の美しさ・・
まだ、もう少し楽しめるのかな?
そうそう、桜もバラ科なんだった・・

1年に一度だけしか咲いてくれないオールドローズ・・
その中でも、花弁の色が桜の色に、いちばん似てるかも・・
葉っぱの色も他のバラとはぜんぜん違う
灰緑色・・って、表現されてたりする

その花の名前は・・・
天国とか天上の世界を意味するらしい
天上界がふさわしいくらいに美しいからだろうか・・

でも・・・
これほど、細くて、硬くて、長いトゲを持ったバラは・・
枝そのものも硬くて、直立する・・
冬のお手入れのとき・・・
枝がはねたりしたら・・もう、悲鳴上げちゃう
その美しく優雅な花とはうらはらに・・
フフフ
綺麗な花にはトゲがある・・・
こうやって見ると造形的にさえ見えるこのトゲで
天上の花を守ってるのかな・・
セレスティアル・・今年もきっと・・
  1. 2005/04/10(日) 23:17:44|
  2. Celestial|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

4月9日 スズラン

suzuran050409-01.jpg

4月9日 朝からとてもいい天気
夕方までずっと晴れてた、もう暑いくらい
午後、少しだけ半袖で歩いてみた・・・

子供の頃、家にバラの木があった
母親が育てていたんだろうなぁ
子供には、木と思えるくらいの大きさだった
赤いバラだった・・
ツルバラだったのかなぁ・・
アーチ・・と、いうには・・・だったけど
開ききる直前の、赤い花びらの中をひとつひとつ指でさぐると
中にハナムグリがいた
毎日怖がることもなく、平気で捕まえて虫かごに・・

ずいぶん前のことなんで
今みたいにバラの栽培の本なんて無かっただろう頃だし
品種も・・今、母親に聞いても、たぶん知らないだろうなぁ
そんなこと知らないで、育ててたんだと思う

幼稚園や小学校の頃
花が咲くと母親が、切って持たせてくれた
うん?
ひょっとすると、その頃にバラ病の菌が体内に・・? フフフ
バラだけでなく、庭で咲く花を季節ごとに
持って行ったような記憶が・・

いろんな花が少しづつあったような気がする
少し記憶があいまいなところもあるけど・・
春遅いめに、いっせいに葉がしげって
その鮮やかな緑と、ほかの花とはぜんぜん違う花の形が
子供ながらになぜか不思議で
この花を持って行くのが好きだった
持って歩いているあいだ、ずっと優しい匂いにつつまれてた

スズラン・・・
ルーフで今咲いている
何度も何度も、匂いを嗅ぎに行っちゃう・・
  1. 2005/04/09(土) 00:00:00|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

4月8日 エルフルト

erfurt050408-01.jpg

4月8日 曇りのち晴れ
朝はやくは曇ってたのに、いつの間にかいい天気
夜になって、ちょっと肌寒い
明日の朝も、放射冷却で寒くなるのかなぁ

たくさんのバラたち
毎年、ほんの少しづつ増えてきて
そろそろ、限界かなぁ・・・と、何度か思う
もう、ツルバラは・・・
あまり、大きく茂るのも・・
そう思いながらも、どうしても年に二つ、三つ・・と
その年に新しく、てもとに来たものはわからないけど
何年か一緒に過ごしてきたバラたちは
だいたい花を見せてくれる順番がある

ぜんぜん、気にしてなかった
まだまだ先だと思ってた
今までなら、4月の終わりにやっと蕾が上がるんで
今はまだ、ノーマークだった
なのに、今日蕾発見!
もうかなり大きい
え? ひょっとすると・・キモッコウより先に開くかな
毎年、一番はキモッコウだったのに・・

エルフルト
ゆったりとした、ゆるやかなグラデーションの花びら
花芯は白い花びらが
弁端にいくほど、そのピンクは濃くなって
半八重の、15,6枚の花びらの中心で
黄色い花粉が震えるようなシベ

もう、あと少しで会えるのかな・・
一番好きなのは・・・
花びらのかたち・・・・・
  1. 2005/04/08(金) 00:00:00|
  2. Erfurt|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

4月7日 デンティ・ベス

daintyB050407-03.jpg

4月7日 朝は曇り、午後からは少し青空も
明け方まで降ったのか、朝起きたときにはルーフは濡れてて
バラ達は雨の雫でいっぱいだった

今日目玉焼きを食べた
ちょっと久しぶりだった
もちろん、ひっくり返さずに・・いわゆるサニーサイドアップ
あるところで注文すると、ちゃんとサニーサイドアップって頼まないと
ひっくり返して、黄身もしっかり・・・なんてことに
好きなのは、サニーサイドアップ
黄身も半熟が好き

しょう油派の人と、ソース派の人が二分するみたいだけど
どっちでもない
塩&コショウが好き
できるなら、塩が少々でコショウが多めが・・・
湯気と一緒に立ちのぼる、そのスパイシーな香り・・大好き

バラに興味を持ち始めたころ
初めて買ったばらの本の中で
花の姿や色は写真でわかるけど
匂いについても書いてある
そこがまた・・・ ???
オールドローズの香り、ティーの香り
フルーティな香り、ミルラ香・・・・・・スパイシーな香り  ん?

デンティ・ベス
この花はスパイシーな香りって書かれてる
実物を知らないころは想像ばかりがふくらんだ
スパイシーな香りって・・
バラから、コショウの匂いがするんだろうか・・
それともターメッリックみたいな匂いなんだろうか・・・なんて

自分のてもとで咲かせることができて
スパイシーな香り・・・???
う~~~~ん、そうなんだろうか・・・

弁端にゆるいウェーブがかかり
濃い赤紫のシベがほんとうにきれい
Dainty Bess・・ふさわしい名前ね・・
今年も優美に・・・
今日は葉に真珠の飾り?

  1. 2005/04/07(木) 00:00:00|
  2. Dainty Bess|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

4月6日 ブルー・バユー

bluebaju050402-01.jpg

4月6日 今日も朝から晴れ
暖かかくて、上着脱いで歩けるくらい・・半袖でも・・?

去年、新聞にも載った・・
青いバラ
昔から、絶対ありえないものの例えとして
使われてきた・・・青いバラ
今でも、ブルーローズといわれるバラはいくつもある
去年、新聞にまで載ったのは
遺伝子操作によって青い花が・・・
新聞以外でも、何度かその花の写真を見た
う~~~ん
今、ブルーローズと言われているものと
同じくらいには青い・・
世界中の育種家と言われる人たちが
一代では完成せずに、子供や孫の代までかけて・・
なんていう話を読んだことも・・
そんなに青いバラが見たい?
青いヒマワリは・・だれも興味がないのかな・・?

ブルーローズ、
やっぱり普通には興味がある
いくつか並ぶブルーローズの中から選んだのは
ブルー・バユー
ブルーローズには種類が違っても
どこか似ている独特のブルーの香りがあるけど
残念だけれど、このバラには・・
ほとんど匂いが無い
でも・・・
一度このバラを育ててみると
次々と、途切れることなく
豊かで限りなく青い花を咲かせ続け
夢中にさせてくれる
蕾がふくらみ、ほどけ始める頃
東の空が白む時間、しんとした空気の中で
その青さが冴えわたる・・・・
  1. 2005/04/06(水) 22:30:29|
  2. Blue Bajou|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

4月5日 ガーベラ

garbera050405-03.jpg

4月5日 晴れ 朝からいい天気
ニュースでは、20℃を超えたところもあったって

桜が咲いてきた
少しの場所の違いで
満開にちかいところや、三部咲きくらいのところや・・・

咲き誇る桜は、やっぱり美しいなぁと思わせてくれる
日本人の感性には・・あってるんだろうか

毎年、楽しみにしている場所がある
特に有名な場所じゃないけど・・
水路にそって大きな桜が並ぶ
そのあしもとには、一面にユキヤナギが茂る
両方がほぼ同じ頃、満開をむかえると・・・
でも、それがなかなか難しい
気温の関係かなぁ
ユキヤナギが散ってしまってから桜が満開をむかえたり
管理のタイミングかなぁ
何年かに一度、ユキヤナギはきつく刈り込まれる

色の対比かなぁ
その名のように、ユキヤナギの雪のような白とはかなげな桜色
桜は、やっぱりピンクとは呼ばずに
桜色と呼んだほうがふさわしい
日本人的感性かな・・?

バラのほかに好きな花
やっぱり、花はなにを見ても・・なんだけど・・・・

ふだん、切花をあまり買わないほうだと思う
自分以外のひとが、どれくらい買っているのかは知らないけど
桜色と呼びたくなるようなガーベラを見ると
なぜかドキドキするくらいひかれちゃう
最近はガーベラもいろんな種類が増えているのかなぁ
これもガーベラの一種?
フフフ、燃え立つような赤に・・負けちゃった
  1. 2005/04/05(火) 00:00:00|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

4月4日 チューリップ

turip050403-01.jpg

4月4日 今日は朝から曇り
ゆうべから強い風が吹いて、今日は寒かった
花冷えっていうのかな・・こんな日

ブログの名前につけたようにバラが好き
でも、バラ以外の花も・・
育てているのは、だんぜんバラが多いんだけど・・
少しは、他の花も育てたりする
去年の秋に植えた球根
今たくさん芽が出てきて
ちいさな蕾も見え始めた
チューリップ・・
もちろん咲いてくれるのが楽しみで待ち遠しい
でも、このなんともいえない質感の葉に見とれちゃう
どこかから飛んできた枯れ葉が
この葉の間に・・・
枯れ葉を取ろうと、指をそぉぉっと・・
ほんの少しキュッと、爪があたっちゃうと跡が・・
それは・・
お気に入りの写真集の大事なページを
汚しちゃったみたいで
ちょっと悲しい気分になる

いつも、バラの咲く季節は
朝、ルーフバルコニーに出て
必ずうたっちゃう歌・・もちろん フフフ
でも、今見せてくれている
とんがり蕾が開いたら、そのときには・・・
あっ、赤、白、黄色・・ちゃんと全部揃ってたかな・・?

幼稚園の年少のとき・・・チューリップ組だったなぁ・・・
  1. 2005/04/04(月) 00:00:00|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

4月3日 コーヒー・オベイション

cofee050402-02.jpg

4月3日 朝起きたら雨 
午前中に雨はあがって今は陽がさしてる

午前中に、お散歩がてら写真を撮りに・・
なんて思いながら起きてみると、雨
写真を撮りに行くには・・ちょっと
昨日、写真?カメラ?  の、雑誌を見ていると
雨の中で撮影した写真があった
投稿されてきた写真の誌上コンテスト?みたいなコーナー
審査員評:雨の中にもシャッターチャンスはたくさんあります
それなりの準備をして出かけてみましょう・・・だって
それなりの準備?
う~~~ん・・・・
天気予報では、はやい時間に雨はあがりそうだし
雨が上がるのを待って、自分のバラの写真を撮ろう・・

でも、それなりの準備って・・・
ちょっと気になる
ず~~~~っと前、まだデジタルカメラを使いはじめる前
雨の中で写真を撮らなければならないことがあって
慌てていろいろ考えて・・
一眼レフのフィルムカメラを、すっぽりビニール袋に
ボディの方から入れて、レンズが袋の口から出るようにして
輪ゴムで袋の口をレンズに巻きつけて止めた
持ってみて、ピントもシャッターもなんとか操作できる
うんうん、なんとかなりそう・・フフフ
なんて思いながら出かけた
一眼レフだとどうしても両手を使いたいんで傘は無理
レインコートのようなカッパのようなものを着て
なるべくレンズを下に向けて雨粒が付かないように・・
順調な滑り出し・・・・

・・・・・・・・しまった
どうやって、フィルム替えるのよぉ・・

デジタルカメラなら・・・できるかな・・?

鋸歯の部分だけ、誰かが色をつけたみたいに
真っ赤な縁取り
雨あがりには、緑も赤もきれいに冴えて
わずかな光が葉の上で踊ってる
深いカップ咲きで、長いあいだ花びらを落とさずに
カップ型を保ったまま、色の変化を楽しませてくれる
コーヒー・オベイション・・
その花から、コーヒーの匂いが・・・・・しないんだなぁ

いいお天気になってきた
コーヒー飲んだら、ちょっと外でも歩こうかなぁ・・

  1. 2005/04/03(日) 00:00:00|
  2. Coffee Ovation|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

4月2日 マダム・ピエール・オジェ

M,P,O050402-01.jpg

4月2日 晴れ・・花曇り? 春らしい日 
暗くなってしばらくして雨が降り始めた

今日は朝から暖かくて気持ちよかった
真っ青な空が広がっているわけじゃなく・・
うっすらと雲が広がって
少し黄色くて・・でも、空色で・・ちょっとグレーで
う~~~ん、少しだけピンクも混じってたかなぁ

そもそも、色を言葉で表すなんて
そんなの・・絶対無理・・かな

とある会社が、塗料のメーカーに色を発注するのに
A4の紙に、ぎっしり2枚・・文章が書いてあった・・というのをのを、聞いたことが・・
そこに書かれていたのは・・・
あらすじだけだけど
40年ほど前の、日本の田舎で少年が一日を腕白にすごし・・
裏山で遊んだり、竹とんぼを作るための竹を採りに行ったり・・
少年の一日がずっと書かれていて・・
その少年を、目に浮かべられるくらい詳細に書かれていて・・
いたずらをして、きつく叱られて泣きながら裏山にのぼり
夕焼け空のもと、涙をこすり、見上げると
夕日に染まる柿の実があった
・・・・・・・その、柿の実の色・・を、作って欲しい
と、いうことだったんだって・・
色を言葉で伝える・・
できないことは無い・・のかな?

たくさんあるバラの本で
このバラは・・
まず、ピンクって書かれてる
うん、確かに・・ピンクはピンク
でも、そんな一言では表現することも
伝えることさえも、とてもできない
どれくらいの言葉を重ねたら、表現できるんだろう・・
やっぱり・・言葉では表現できないかなぁ・・
もうすぐ会えるね・・・・・マダム・ピエール・オジェ
  1. 2005/04/02(土) 21:03:32|
  2. Mme. Pierre Oger|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

4月1日 シュネ・プリンセス

sneprin050401-01.jpg

4月1日 今日も晴れ  上着を脱いで歩けるくらい暖かかった

今日から4月
もう、完全に春と言える暖かさだった
陽射しもまだ、刺すようではなく
包み込んでくれるようで
木々の新芽が金色に輝いて、歩いている人達の表情も
どことなく少しおだやか・・・?
背を丸めて、うつむいて、足早に・・ではなく
背筋も伸びて、空を見上げたり、風を感じたり・・・・?
桜の花も・・・開花宣言?

標準木の、ある枝の花が5輪咲いたら開花宣言・・だっけ
標準木って・・・?  誰が決めたんだろう
どうして5輪?  2輪じゃダメなの?
標準木のとなりの木が咲いていても・・開花宣言しないの?

ソメイヨシノは品種がつくられたころ
挿し木だったか接木だったかで増やされたとか
ふむふむ・・そういえば桜もバラ科の植物かぁ
それなら、挿し木や接木も・・
そうやって増えたんで、ほとんどが今でいうクローンみたいなもの・・・らしい
だから、花の色や、形、咲き方に大きな差が無いらしい
それに比べると
山桜は、ほとんどが実生で増えている・・
風や虫、鳥・・動物、時には人だったり
ぜんぜん違う性質の木の花粉が運ばれ、受粉して・・実を結び
種が運ばれ・・・・
いろんな木が生まれるらしい
花の色が白に近いもの、ピンクの濃いもの
花びらの端にウェーブのあるもの、そうでないもの
匂いの強いもの、そうでないもの・・
決して、ソメイヨシノが嫌いなわけじゃない
二部咲き、三部咲き・・・満開から、花吹雪
やっぱり、きれいだなぁと思って見とれちゃう

でもね、ホントのホントは
みんなが桜も終わったなぁ・・と思う頃
山の中で鶯色の新芽と一緒に、濃く、薄く咲き始める
山桜のほうがもっと好き・・

4月になった今日
いろんなバラが、もうかなり葉を広げてる
もちろん、このバラのコロコロの房になって咲く
すこし黄緑だったり、すこしピンクだったりする
名前にふさわしい白い花も大好きだけど
いつも、鮮やかで柔らかそうに茂る葉が大好き・・・シュネ・プリンセス



  1. 2005/04/01(金) 23:49:29|
  2. Sneprincess|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

    Mac.

03 | 2005/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。