バラにひとりごと. Stand by Roses.

バラの写真日記、時々、ほかの花 ちょっとウンチク・・  ひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

9月30日 賽昭君



9月30日 晴れ
今日もいい天気
朝、ルーフに出ると・・・
バラの香りに包まれて・・って、表現したいくらい
風がちょっと強くて
ちょっと肌寒い
できるなら・・・もうちょっとだけ暖かいほうが嬉しいかな

バラの香りに包まれて・・
文章・・・・書くのって難しい
このブログを書きはじめて・・えと・・
172日・・・書いてきた
これが173日目
そもそも・・・小学生の頃は・・文章書くの大嫌いだし
ヘタ・・・よりも、もっとひどかった
今でも、書きながら・・・表現力の無さには・・・
うん、自分でも・・・うんざりすることも・・
バラの香りに包まれて・・・
この状況を表現するには・・
ルーフに出るとバラの匂いがした・・・と、いうだけのことなんだけど
それを・・・どう書く・・???
「ルーフに出る、そこはバラの匂いに満たされている・・」
う~~~ん
「バラの芳香は濃密なまでにわたしを包み込む・・・」
う~~~~~~ん
「バラという植物の花から、揮発した成分が嗅覚の細胞を刺激し
それは、脳のしかるべき場所に伝達され、大脳はバラの匂いだと認知し
それはまた同時に記憶細胞の一部にも伝達され・・・」
で、なにが言いたいの?って言われそう・・・

個性的な文章・・って、いうものがあるのなら
没個性的な文章っていうのもあるんだろうか
たしかに・・・脅迫分を書くのなら、没個性的な文章のほうが良いかもしれない
「子供は預かっちゃったヨ^^、返してほしければ14万3472円振り込んでネ(消費税込みヨ) ぷぷ」
と、掲示板に書いてしまうと、すぐにばれちゃう・・?
新聞記事なんかも・・・できれば、没個性的なほうが読みやすい?
「首相は今夜、専用機でアメリカに出発した」と、書けばいいものを
「今夜を境に・・・ビル街にも・・港にも・・ベイブリッジの見える公園にも・・
 ああぁぁ、どうしたことなんだろう・・
 どこを探しても、首相の姿を見ることはできなかった・・・」
なんて書かれると、ただただ読みにくい・・・
個性的と没個性的・・・

このバラ・・・
今日初めてアップした
初めて実物を見たのはいつだったかな・・
初めて見たときには、あまりなんとも思わなかった
次に見た時・・???
前に見たのとはずいぶん違うお花だったから・・
それから、いろんな写真をみるうちに
だんだん引き込まれたのかな
あるときのお花・・だけをみると
没個性的・・・に見えたのかもしれない
春からなかなかきれいに咲いてくれなくて
なかなかアップできなかった
こんな表情も・・・ちょっと珍しいのかな
咲くたびに・・・突然変異かも・・
って、思わせるようなお花を見せてくれてる
このお花は・・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/09/30(金) 20:38:54|
  2. 賽昭君|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

9月29日 蓮華ローズ



9月29日 晴れ
ゆうべ・・・かなり・・寒かった
まだ、寒いって言葉を使う季節じゃないけど・・
今朝も、さわやか・・というより、ちょっと肌寒い
ルーフで温度計を見てみると
20℃と21℃の間くらい
あと、ちょっとで21℃かな
天気予報では、これが平年並みだなんて言ってる
生まれてから何度目の秋だろう
平年・・・・去年の今頃・・どれくらいの気温だったかさえ思い出せない
去年の9月29日・・・・・何着てた?

世界で一番背の高い木は・・
どれくらいあると思う?
110メートルをちょっと超えるんだって
ビルでいうと・・・30階建てくらいかな
何年くらいでそんなに大きくなるのかな・・
一度、見てみたいなぁ
背が高くなると、幹も太くなる・・
世界で一番太いのはセコイアの木なんだって
だいたい大人の目の高さあたり周長・・・なんと60メートルだって

木がどんなふうに大きくなるか・・・って、いう実験
ちょとかわいそうだけど・・
え?
わたしがやったんじゃないヨ
本で読んだだけ・・・
どんどん成長してる木の幹の、地面から1メートルくらいのところに長い釘を打ちつける
何年かしたら・・・どうなってるでしょう・・・・って
木は枯れてしまって、枯れ木に釘が刺さってる?
それとも
木が太くなるとだんだん抜けてきて、やがて抜け落ちる?
木の生長とともにどんどん上に上がっていって、最初に打ち込んだところより
ずっと高いところに?
それとも・・・
なにも変化しない?
正解は・・
高さはほぼ変わらず、木の中に埋もれるように飲み込まれてやがて見えなくなる・・・だって

木は上は伸びる成長と、幹が太くなる成長を別々にする
背が高くなる成長は、幹や枝の先端だけでおこって
幹を太くする成長は、幹の外側だけでおこる・・だって

背が伸びるのは、先端だけでおこるっていうのは
バラを見てても思うよね
トゲは上にあがっていかないもん
トゲの間隔も広がらないし・・
植物を見て・・・いろんなこと思って
いろんな実験する人がいるのね・・

蓮華ローズ・・
実験的に?・・・
リン酸肥料と、カリを切らさずにあげ続けてきた
その効果?
う~~~~ん
もう一鉢、同じくらいの大きさの株を並べて
一切肥料を与えないで育てたら、その差がはっきりわかったかな・・
でも、途中でかわいそうになって結局同じように
肥料あげちゃったりして・・
効果なのかどうか・・
途切れずに・・・ほとんどいつも・・・
たとえ、一輪だけでも・・・
咲いてるヨ
  1. 2005/09/29(木) 23:13:57|
  2. 蓮華ローズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

9月28日 ザ・ジェネラス・ガーデナー



9月28日 雨のち曇り
朝、起きるとまだ雨が残ってた
雨かぁ・・・なんて思って、紅茶を飲みながら外を見てた
水遣りしなくてもいいかな・・
ルーフに出てみる・・・
空気がひんやり
温度が低いからかな、まだ夜に閉じた花びらを
開き始めていないお花も
ひとあめごとに寒くなる

普段の生活の中で・・・
視界の中に・・なにかしらの文字が・・あるよね
朝、新聞はもちろんだけど・・
新聞読んでるんだけど、横にのけてあった折込の広告
それを見てるわけじゃないけど、視界の中には入ってる
科学的、または医学的見地から述べてみると周辺視野
どこが科学的で医学的だって?
街中を歩いていても、視界のどこかに・・
広告や看板や・・・標識や・・
とにかく視界の中に文字がひとつもないっていうのは少なくない?
そんななかで・・・
なぜか・・反応する文字ってない?
たとえば・・・自分の名前と同じ文字だけは
すぐに視線がとまるとか・・

ちょっと、買いたいものがあってホームセンターに入った
さぁ~て、買いたいものはいずこに?
ちょっと、時間もあったんで目的以外のものを
見るともなしにぼんやり見ながら歩いてた
園芸用品とか園芸の・・・コーナーとはぜんぜん関係ないところ
なんだろう・・一瞬、ピクッと反応・・
はて?
いま、ローズって文字が視界を通った・・・
あれ? 見間違い?
そこは・・・洗濯洗剤が山のように積まれてる・・
おかしいなぁ・・
と、思ったら・・・・
あ、ここに書いてある・・
ピンクローズの香りだって・・
なるほど・・・・そういう手でくるかぁ
ピンクローズといわれてもねぇ・・
ピンクのバラもたくさんあるのよ
どのバラの匂いなのよぉ~~
ピンクって言っても、デンティ・ベスとポール・ネイロンじゃ
ピンクも違えば、匂いもぜんぜん違うでしょ~~
わかって書いてるの?
って・・・・洗剤のキャッチコピーに・・・
そんなこと考えてるわけないか・・
でも・・・・ちょと・・・・気になる・・

朝、ルーフに出ると・・
ひときわ・・強い香りが漂ってる・・
なんだろう・・昨日はこんなに匂わなかった
どのお花?
クンクンしながらあたりを見回す
これ?・・・じゃないし・・
これ・・・・でもない・・
こっちからだワ・・・・
ジェネラス・ガーデナー
葉っぱの中に隠れるように開いてる・・
春にはこんなに匂わなかった
秋が近づくとこんなに?
お花は・・・春とはぜんぜん違う
う~~~~~ん、いいかおり・・・・・
  1. 2005/09/28(水) 22:01:44|
  2. The Generous Gardener|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

9月27日 紫燕飛舞



9月27日 晴れのち曇り・・夕方から雨・・
朝起きるときれいな空
青だけでなく雲ばかりでもない
青空にちぎれたり、刷かれたり・・
絶妙のバランスで雲が浮かんでる
一面、雲も無く・・・それはそれできれいかもしれないけど
一面、雲におおわれて・・・・それも・・嫌いじゃない
今朝の空・・ぬけるような青
朝日に輝く雲・・
気持のいい朝だった
午後からは曇ってきて・・夕方からすこし雨が落ちてきた
雨、久しぶりかな・・

何かから・・・何かをすぐに思うことってない?
例えば・・・
サンマを焼く匂いで、すぐにサンマ食べたい・・
それは、あまりに直接的で・・
サンマを焼く匂いをかぐと、サンマといつもセットで
子供の頃の食卓にあがった栗御飯を思い出す・・とか
今は無いかな・・パープーっていうラッパの音で
お豆腐売りに来るのも・・
そんな音で・・・冷奴?
なんか、食べるものばっかり
食べるもの意外でも・・・
ラグビーの試合をテレビででも見ると
スタンドに行ったときに食べたアツアツの焼き芋を・・って
また、食べ物ぢやん

あ、そうそう
執念深いオジサンの実験もあったよね
犬にエサを与えるときに必ずベルの音を聞かせる
いつもいつもいつも・・・
ず~~~~~~っと、それを繰り返すと
ベルの音を聞いただけで、犬にエサをあげたくなるオジサンになるって・・

思い出の小さなもの・・なんかも同じなのかな
小さな貝殻で、何かを・・とか
アクセサリーなんかでも・・
キーホルダーだったり・・・

わたしにとっては・・・
これも同じかも
紫燕飛舞・・・
蕾があがってきて・・・どきどき
お花が咲き出して・・・どきどき
精一杯開いたお花を見て・・・どきどき
夜に閉じた姿を見て・・・
花びらを落とす様子にも・・
そうすると
紫燕飛舞・・・その文字を見ただけでも・・・・
  1. 2005/09/27(火) 22:31:26|
  2. 紫燕飛舞|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

9月26日 デンティ・ベス



9月26日 曇りのち晴れ
ゆうべから・・かな
涼しい風が吹き始めた
今朝も、さわやか・・というより、ちょっとひんやり
昼間は27℃をちょっと超えたくらいだったみたい
もう、暑くなることはないのかな
このまま秋が深まって・・・

何度か・・・
あ、しまった・・・とか
う~~~~ん、なんか・・・怪しい・・
とは、思ってたけど・・
ついに・・・やってみた
なにを?
ペットボトルに蚊取り線香を小さく折っていれて・・
タバコの葉っぱもいっしょに入れて
シェイク、シェイク、シェイク・・・・
一晩おいて・・・
ほんとは、もっと長い間・・・
蚊取り線香が崩れて粉になるくらいまで置いておくんだけど
そんなに待てないんで
いつもよりたくさん入れて
とにかくシェイク!
それを・・・
バラの鉢や、ほかにも・・・アジサイにも
サンショの根っこにも
蚊取り線香や、タバコの葉っぱ・・いつもなら
ちゃんと濾すんだけど、気にせずそのまま・・・
ほとんど・・・・ぶちまけた・・・まぁ、はしたない言葉・・?
やっぱり・・・
早いのは10分もしないうちかな・・・
土の中から・・出てくる出てくる・・・
コガネムシの幼虫・・
バラの鉢からは出てこないなぁ・・と、思ってたら
昨日撒いたのに・・・
今朝、水遣りしようと思ったら
やっぱり、いくつかの鉢で・・・
幼虫が土の表面にあがってきてる
蚊取り線香が効いたのか、かなりよわっているものも・・
この前・・書いたけど・・・
水遣りしたら、土の中からコガネムシの成虫が出てきたり
鉢の縁に止まってたり・・・
なんども見かけてた
やっぱり、ちゃんと産卵してるのね
この蚊取り線香&タバコ水
卵にも効目があるのかな・・・
もうしばらくしたら、もう一度やったほうがいいかな・・

デンティ・ベス・・
その5枚の大きな花びらと
赤いシベのコントラスト・・
優美な花姿・・
どれも素敵
でも・・・
秋の初め、鉢のすぐそばに寝転んじゃって
下から見上げる・・
秋のはじまり色の空を背景に
風にゆれるこのお花を下から見上げるのが好き
  1. 2005/09/26(月) 22:41:44|
  2. Dainty Bess|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

9月25日 紫燕飛舞



9月25日 曇り時々晴れ
今日も強い風
昨日より強いかな
朝からずっと吹いてて、今もまだ吹いてる
バラの枝も大きくゆれて
枝と枝が・・・
トゲで葉っぱがやぶれて、小さな蕾が落ちてる
まだ緑色の枝も、トゲでこすれて傷だらけ
強い風は・・・・やっぱり好きじゃない

いつの間にこんなにバラが増えたんだろう・・
そんなこと・・・・思うことない?
つぎつぎに気がいっちゃって、どんどん増える
どんなときに・・・どんなバラを欲しいって思うんだろう
今年はなぜか・・・
新しいバラを増やしたい・・とか
このバラがほしい・・・って、あまり思っていない
理由は・・・特にない
どうしてだろう・・
もうバラに飽きちゃったってことはぜんぜんない
う~~ん、ルーフももういっぱいっていうのも
たしかにあるけれども
まぁ・・・心配しなくても、そのうち・・・これ~~~~~っていう・・
発作? がでるに決まってる

携帯電話がなった
だれかな・・・と、おもって表示を見ると
園芸屋さんの仲良しの人
どうしたんだろう・・と思ってとると・・・
最近どうしてますか?って・・
そういえば、最近あまりパトロールに行っていない
近々来る予定はありませんか?って
予定って・・・すぐ近くなんだし、予定するほど大げさでもない
渡したいものがあるんですけど・・・って
どうしたんだろう・・なにか・・・お花でもプレゼント?
じゃ、あとで寄ります~~って、返事して
行ってみた
お店の中をぐるっとまわって・・・
ああぁ、もう球根がこんなに並んでる
ケイトウの鮮やかないろ・・・赤に黄色・・
原種のシクラメンがたくさん並んでて・・
野菜の苗なんかもたくさん並んでる
イチゴの苗がいろんな品種・・たくさん置いてある
黄花コスモスも・・・ピンクのコスモスも・・
ウコンの苗もたくさん置いてある・・植えてみようかなぁ・・
そんなこと思いながら歩いてると
ニコニコしながら前から・・・

渡されたのは・・・
極小生産の新苗の品種リストと
オールドローズの生産予定リスト・・
はぁ・・・なるほど
一枚の紙に45品種くらいの名前だけが書かれてる
それを・・・なんと13枚
いったいいくつの名前が並んでるんだろう
すぐにお花が頭に浮かばない名前もたくさん・・
これから・・秋の夜長
リスト見ながら・・本を開いて・・・
ああああぁぁぁぁ・・・発作が始まる・・・

もう開きそう・・
強い風で折れないように、ちょっと風のあたらないところへ
蕾のこの色・・・
ふっくらとふくらんで
ガクの柔らかそうな白い産毛みたいな・・
輝くようで・・
紫燕飛舞
もう、何度も何度もみてきたのに
それなのに・・・やっぱりどきどきしちゃう
  1. 2005/09/25(日) 18:20:56|
  2. 紫燕飛舞|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

9月24日



9月24日 晴れ時々くもり
朝からすごい風
ゆっくり寝ようかな・・なんて、思ってたのに
風の音や・・・なんだか騒がしくて目が覚めた
ルーフがまた葉っぱだらけなのを
掃除したかったけど、風はぜんぜんおさまらず
この時間になってもまだ吹いてる
台風の影響かな・・

ちょっと心配した台風は、急カーブを描き
日本には上陸しなかった・・・のかな?
でも、関東方面は雨?
こっちもすこし降ってくれてもよかったのに
ぜんぜん降らなかった

朝、水遣りして・・
アゲハが来てる・・こんな強い風のなか・・
って、思ったら、止まってる場所が・・?
ラ・レーヌ・ヴィクトリアの葉の間に・・
あ・・・うちの、レモンやサンショで育ってた幼虫
この前からだんだん減ってる・・?
鳥に食べられちゃったのかなぁ・・
と、思ってたら・・
あっちの鉢の陰に・・ベンチの脚の内側に・・
サナギがくっついてる
ラ・レーヌ・ヴィクトリアの葉の間についてたサナギが羽化したみたい
羽化する途中は見れなかったけど
羽が乾いてしっかりするのを待ってたのかな
強い風のなか、じっと・・しっかり、葉っぱにしがみついてる
カメラを近づけても逃げもせず・・
水遣りを終えて部屋に入って・・・
ずいぶんたってからルーフに戻ると
まだいる・・・
風が強いから飛び立てないのかな・・
そっと指を近づけて・・・
なんと、指にのぼってきた少し指に止まってたけど
ふわりと飛び立ち、強い風の中流されずに上手に飛んでる
ランタナの花に止まって、蜜を吸ってるのかな・・
またすぐに飛び立ち・・
なんどもルーフをまわって・・キモッコウに止まって
ドン・ファンのお花にもとまって・・
また飛び立つ・・・
行っちゃうの?
ここが、あなたの生まれて育った場所ヨ
いつか・・・卵を産むときがきたら、またここに戻っておいでネ・・
それまで・・レモンの木もちゃんと枯れないようにしておくネ
パセリも・・・ちゃんと植えとくネ・・
それからしばらく・・
強い風の中を、何度か試すように
飛んでは少し休んで・・また旋回して・・
わたしのすぐ近くをまわって・・・
突然高く舞い上がって・・飛んでいった
いつか・・・・戻ってくるかな・・・あのアゲハ
  1. 2005/09/24(土) 23:40:06|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

9月23日 ペネロープ



9月23日 曇り時々晴れ
お天気、不安定なのかと思ってたのに
朝起きてみると・・・
降った様子もなく、うす曇・・
今日も晴れそうなのかな・・
結局、降らなかった
前線が通過して・・その後すこし涼しい風が・・なんて期待したけど
今日もすこし蒸し暑くて・・台風の影響かな
近づいてきてるんだろうか・・

悩むこと・・
体重じゃなくて、シミやソバカスでもなくて
どっちのケーキを食べようか・・なんかじゃなくて
そんなの悩むこともなく、両方食べちゃえばいいだけのことで
左と右、どっちからソックスはくか・・・でもない
いつも、どっちからはいてる?ってきかれて初めてどっちだろう・・
って、考える程度のことで・・
呼吸って、吸うのが先か、吐くのが先か・・でもない
それって、卵が先かニワトリが先か・・に、似てる?

あれは・・・
そう、満月の夜・・
変身するかしないか・・じゃ、ないヨ  もう、いいって?
お月様の写真を撮った  知ってるって?
あ、それって・・前にも読んでくれたってことネ
その、写真を撮るの・・
変な場所で撮った
変な場所って・・・別に・・露天風呂から・・とか
火星から・・・とかじゃないのヨ
わかりました・・オバカはもうやめなさいって?
結構、車の多い・・道路のすぐ近くで・・
ホントはススキのあるところを探してたんだけど
なかなか無くて・・
普段、付けてるレンズじゃなくて・・
お月さまを撮るのは・・かなり・・使用頻度の低いレンズ
そう、付け替えるのを・・・
この場所は、イヤだなぁ・・と、思いながら・・
でも、しかたないかぁ・・で、交換しちゃった
もちろん、レンズ交換選手権があったら
13位くらいには、入れるくらい美しく優雅にそれでいてすばやく・・
あ、またオバカ書いちゃった・・
まぁ、できるだけすばやく・・交換した
画像をパソコンに取り込んでから・・・
はぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・
やっぱり、ゴミが・・・
愛機D70・・・
使い始めて・・1年以上・・
ちょうど1年使った頃から、そろそろクリーニングに出そうかなぁ・・
とは、思い始めて・・数ヶ月
ちょっと改造したいところも・・
CCDも・・かなりスレスレの危ない掃除もやってきたけど
一度、ちゃんとクリーニングしてあげたい・・
どこが悩みって?
10日以上・・カメラが手元に無いなんて・・・
それを思うとなかなか出せない・・
今出せば、ちょうど秋バラには間にあう・・・かな
その間は、ずっと在庫画像で・・・
それとも、平行して使ってるコンパクトデジで・・
さぁぁぁ~~~、どうしようかな~~~

あんまり大きくしたくなかったんで
春のお花の花がらを、ぜんぜん採らずにそのままにしておいたのに・・
ヒップがたくさんついてる
なのに、シュートが3本あがって・・
それも、放任・・
たくさん蕾がついてきた・・・
すごい体力なのかな
それとも、鉢が大きすぎちゃったかな
ペネロープ・・
そろそろ開きはじめそう
  1. 2005/09/23(金) 20:23:38|
  2. Penelope|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

9月22日 デンティ・ベス



9月22日 曇り一時晴れ
目が覚めたとき、風の音が聞こえる
バラのゆれる音も
いつもゆれないところのバラがゆれてる・・
枝がガラスにあたる音
風向きがいつもと逆・・・なのかな
って、いうことは・・・お天気が下り坂なのかも
昨日、気圧が下がってるなぁ・・って、感じたけど
うちのあたりでは・・・降ってない
今日も降りそうな空だったのに時々陽が射したり・・

今、この時間・・
すこし湿度が高い
やっぱり、雨・・・?
気配だけで降らないのかな
台風もだんだん近づいてくる
週末、土曜から日曜にかけて接近・・するのかな
女心と・・・って、いうくらいで
台風の進路はちょっと確定しにくいみたい
日本の南にある高気圧が帯状で
どこかでふたつに分かれて・・
その谷間を抜けて・・東側の高気圧の縁を廻るように台風は進む・・
問題は、どこで高気圧がふたつに分かれるか
いまのところ・・・
どうやら、関東に向かって進みそう・・?
上陸はせずに海上で東に進路を変えそうだけど
もっと西で高気圧が別れれば、関西から東海に上陸の可能性も
なくなってはいないみたい・・

風が吹く
枝がゆれて・・
花もゆれて・・・
飛ばされそうに見える花びらが
しっかり残ってる
やがて風は止んで
ふと見ると、あんなに強い風のなか飛ばされなかった花びらが
はらりと落ちる
まとっていた、5枚の花びらをはらりと脱ぎ落とす

これが本来の花の姿なのかもしれない
本来の・・・機能に必要な部分だけがこの姿なのかもしれない
花そのものの存在の、生まれたままの姿
この姿さえ美しく見える
それくらい・・・バラが好き
  1. 2005/09/22(木) 23:11:08|
  2. Dainty Bess|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

9月21日 コンテ・ドゥ・シャンパーニュ



9月21日 晴れのち曇り
天気予報では、今晩から雨のところも・・
お出かけ、帰りが遅くなる人は傘を・・なんて、言ってた
そうなのか・・と、思いながらルーフに出ると
優しい陽がさしてた
ゆうべ、遅くにひんやりした風が吹き始めてたけど
朝は・・やっぱり残暑の感じ?
でも、昼間はこれまでみたいに暑くなかったかな
今の時間・・・雨は降ってないけど
温度はかなり下がって
弱い秋雨前線が通過するのかな

朝・・・毎朝、紅茶を飲む
夏の間は・・冷やしたチャイを飲んでた
今朝も、もちろんアイスチャイ
今、外はかなり涼しくて・・いや、ひんやりといってもいい
これくらいの温度だと・・・
暖かい紅茶が飲みたくなる
紅茶の匂い・・・
冷やすと、匂いはあまり強くない
暖かいほうがやっぱり・・

この前からまた蕾が上がってきて
いくつも咲き始めた
シャンパーニュ
黄色いバラは、ほとんど・・・もって無いって
自分では思ってる
それは・・
唯一、エバーゴールドは黄色いバラだと自分で思ってるから
うちには、黄色いバラはそれだけ・・・
と、自分では思ってるんで、ほとんど・・もって無いって表現しちゃう
すこし前、いとこがうちに来たときに
ルーフを見て・・
「黄色いバラ、かわいいねぇ~~」って
「・・・・・・???」
黄色いバラは・・・今は咲いてないはずだけど
何見て言ってるんだろう・・と、思って見に行ってみた
「どれが?」
「あれ!」と、指差したのは・・・
そう、シャンパーニュ
驚いた・・・・・
育てていて・・・・実は・・
このバラを黄色いと思ったことは一度もなかった
じゃぁ、何色だと思ってたのって言われると困るんだけど
自分では・・・シャンパン色だと思ってた
このバラを育ててる人って・・・
みんな、黄色いバラだと思って育ててるの?

いとこに言われて
はじめて、そうなんだ・・
このお花・・・黄色いんだ・・・って、認識したけど
今でも、見るたびに・・シャンパン色って思っちゃう
やっぱり、これからも
黄色いバラは持ってますかって聞かれたら
はい、ひとつだけ・・・エバーゴールドを・・って、答えよう

気温が下がってきて
今朝、開き始めたこのお花
今までより、ずっと濃い色で
匂いも強い・・
オレンジのような・・ちょっとアプリコットで
ピンクの混じったシャンパン色
やっぱり、そう思っちゃう・・・
  1. 2005/09/21(水) 23:45:00|
  2. Comtes de Champagne|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

9月20日 名無し



9月20日 曇り一時晴れ
昨日の予報通り蒸し暑い一日だった
朝、水遣りするときから、もう暑かった
今この時間になってもまだ暑い
でも、この暑さが去るころには・・
こんな日・・・秋の気配というより
それは夏の後姿・・・・の、ような気がする

時々、不思議・・な、夜が訪れる
すこし、空間がひずんだような・・
すべてのものが次元の向こう側にあるように感じる
なかなか眠れなくて・・
やけに大きく聞こえる時計のコチコチ・・の、音と
射してくる月の光は
まだ子供の頃わけもなく怖かった夜と同じように
闇を支配する・・・
夜こそが永遠なのかもしれない

すこし前から、ちょっと風邪気味・・
微熱があるのかな・・
そんな時、なぜかそんな闇の中でも
感覚が自分から離脱して・・・独立した存在であるかのように
妙に冴えるときがある
眠っているのか、起きているのか・・
その境界さえ、はっきりしないまま
浅い眠りの中を漂うような、不思議な夜

朝・・目覚めたのか
その前から、思考だけは動いていたのか
どこから目覚めたのかもはっきりしない
身体がすこし重いのに、感覚のどこか・・
それが、どこで何なのかじぶんでもわからないのに
なのに・・・すごくとんがったような神経が

バラにカメラを向ける
指先からシナプスが伸びて
シャッターと指が同化するような・・
ホールドする左手さえカメラと癒着するようで
鼓動が遅くなる・・・

名無しのバラ
名前が無いからかな・・
どこか、ほかのバラと・・違うような・・

薄暗がりのなか
ファインダーの中で・・・・
何か・・・・話しかけてきた・・・・
  1. 2005/09/20(火) 22:58:06|
  2. 名無し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

9月19日 国色天香



9月19日 曇り
朝起きるとそ空は雲でいっぱい
降るのかなぁ・・って、思わせるような空
陽がさしてないのに、温度が高い
雲に覆われて、温室効果・・・なんだろうか
湿度も高い・・・
夜になってニュースを見ると
30℃をかるく超えてたらしい・・
しばらく、こんな温度が続くとか・・
十五夜過ぎてからの残暑か・・・

昨日は十五夜・・・
お月様・・見た?
きれいだったネ
月って・・・二日月、三日月・・半月も、満月も・・
いつみても・・いつの月もが特別・・みたいに見える
今日は十六夜・・・
このブログを・・見てくれる人はみんな読めちゃう?
この名前のついてるバラを持ってる人も・・・いるかな
残念ながら・・まだ、うちには置いていない
イザヨイバラ・・

満月を過ぎても・・・
次の日が十六夜で・・その次にもちゃんと名前ってあるのね
知ってた?
立待月、居待月、寝待月、臥待月、更待月・・・・
十五夜を過ぎると、毎日月の出が遅くなっていくんで
十六夜の次の日は、まだかなぁ・・・って
月の出るのを、背伸びしながら・・
立って待っていられる月
その次の日は・・・また遅くなって・・
立って待っていられなくて、座っちゃって・・居待月
その次の日はもっとおそくなって・・・
座ってる時間は過ぎて・・・寝ながら待ってるお月様・・なんだって
臥待月・・これは、寝待月と同じ19日目の月で床に臥して待つ・・
更待月・・これは、夜が更けるころ、やっとのぼってくるんでこんな名前が・・
これは、ちょうど二十日目なんで二十日月とも呼ばれたり・・

お月様の名前・・・見てるだけでも
優雅・・・と、いうか・・・雅というか・・・
こんな名前・・・だれが・・・

久しぶりに国色天香が咲き始めた
この前はいつだったかな・・
ちょっと、調子がよくなかったのかな
だいたい・・あんまり暑いのは好きじゃないのかな
去年も12月になって、蕾が上がってきた
それは・・・開かずにドライにしたんだっけ・・
今年は・・もちろん、まだお花見せてくれる・・・・よね

kokusho050919-1.jpg

  1. 2005/09/19(月) 21:15:55|
  2. 国色天香|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

9月18日 ブルー・バユー



9月18日 晴れ時々曇り
朝はうっすらとくもが流れたり・・
青空が見えたり
ちょっと湿度が高いのかな
昨日までと比べると、すこしさわやかさが・・
あんまり注文ばかりつけちゃだめかな

夏剪定を終らせてなきゃいけない時期に
お花を咲かせてるのは・・・
あんまり良くないのかな
でも・・・
剪定から、次の開花までが比較的短く
期間も安定してるバラなら・・・

温暖化の影響なのか、最近は冬、暖冬が多い
12月くらいだと・・・昔ほど低い温度にならないのかな
バラ園に行っても、12月くらいだと
まだまだお花もたくさん咲いてることが多い
十分、写真を撮って遊んでられるくらい咲いてる

うちのバラでも・・・
剪定から次の開花までが早いのは
ドン・ファンと・・ステンレス・スチールも・・
グレイスは去年から、うちにきたんで今年しか見ていないけど
これも剪定から、次の開花までは短い・・あと、シャンパーニュも・・・かな
それから・・・
このバラ・・・・・
ブルー・バユー
このバラも、いつも何輪か咲いてる・・・
ぜんぜんお花がついていないときのほうが、珍しいくらいかも
今朝もいくつか開いてくれた

このあと、しっかり剪定すると・・
たぶん・・・50日後くらいには・・
秋、だんだん温度が低くなっていくことを計算にいれても・・
60日はかからずに、きっと次のお花をみせてくれる・・・と、思う

でも・・・
まだ、いくつか蕾も残ってるし・・・
どうしようかな・・・もうしばらく楽しんじゃおうかな・・




moon050918.jpg


そうそう・・・
今日は中秋の名月・・・
お団子食べて・・・


ススキとワレモコウ・・・とってこれなかった・・・

  1. 2005/09/18(日) 00:00:00|
  2. Blue Bajou|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

9月17日 イレーヌ・ワッツ



9月17日 晴れ時々曇り
ここのところ、何日か気持いい日が続いてる
今朝もさわやかな風があって
朝、ルーフに出るとお花をつけたバラがゆれてる
空は青くて、雲もきれいで
お花を・・角度を変えて眺めて
青を背景にしたり、白を背景にしたり・・

四季咲きといわれているバラは
一年のうちに何度かお花を咲かせる
多いものは、6番花くらいまで咲いたり
どんどん咲いて、何番花なのかわからないくらい
ずっと咲き続けているものも・・

種類によるのかな
春、1番に咲くお花と2番花、3番花・・
と、ほとんど変わらないお花を咲かせるものと
どんどん、かわっていくもの
色も、形、咲き方、大きさも・・花びらの数さえ

デンティ・ベスなんかは・・
何番花かわからないくらい咲き続け
お花は・・・いつもほとんど同じ
もちろん、シングルなんで花びらの数もかわらない
ドン・ファンなんかも・・・
そんなに変わらない
真夏のお花はすこし小さいかな・・とも思うけど
中には大きなお花も混ざってるし・・

ジェネラス・ガーデナーなんかも・・
春の1番花と、そのあとはぜんぜん違う
育て方がわるいのかもしれないし・・
気候そのものがあってないのか・・・
日本の・・・このあたりの気候ではしかたないことなのか・・
色も、花型も、咲き方も・・・ぜんぜん違う

イレーヌ・ワッツ・・
このバラも、春の1番花とそのあとはかなり違う・・・かな
春の1番花は大きくて・・今年は特におおきかった
そのあとは、花型もすこし変わって
お花もすこしずつ小さくなっていく・・
12月くらいから1月・・・
寒いときにあがった蕾はこうなることが多いけど
今この時期に・・・
どう見ても・・・赤か・・・濃いピンクのお花が咲くように見えるでしょ?
これ・・イレーヌ・ワッツの開き始めた蕾・・
でもね、これが開くと・・・
この濃い色は消えて
いつもの姿になる・・・
冬のお花もそう、こんな色の蕾が開くと
いつもの、すこしウォーム系のピンクになる

どの咲き方が好きとか、この咲き方はイヤとか・・
そんなことは、ぜんぜん思わない
どれも・・・みんな好き・・
でも・・・不思議だなぁ・・
どうして、そうなるんだろう・・
理由がわかれば・・その条件を作ることができれば
その咲き方を再現できるんだろうか・・・
  1. 2005/09/17(土) 23:07:33|
  2. Irene Watts|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

9月16日 ジャクリーヌ・デュ・プレ



9月16日 晴れのちくもり
朝・・・・・眩しいくらいの光
風はさわやかで、ほんとうに気持いい
それが・・・いつの間に?
いつ降りだしてもおかしくないような空になって
ずっと空は雲におおわれていた
今も、星は見えない
雲は動いているのか、時々薄くなって
満月が近いお月さまが、雲越しにぼんやり見える
ははぁ・・・
十五夜にそなえて、お月様・・・お化粧中?

昨日の夜から・・・・わかってた
夜、ルーフで・・・バラにぶつぶつ・・・言ってるときに
明日はひらくだろうなぁ・・・って
蕾全体が緩んでて、先端もほどけはじめてた
思ったのは・・
うす曇ならいいのに・・・って
でも、ゆうべは星もきれいで
このぶんだと・・・朝はきれいな青空かな

朝、起きてみると・・・
光があふれるような朝
フフ・・   どうしてだろう、笑っちゃう
すこし曇っててほしいなぁ・・なんて思うと
こんなにいい天気・・・
たいてい・・・・自然に対して望むことは
なかなか思うようにはならないのかな

あ、なぜ? って?
ジャクリーヌ・デュ・プレが開きそうだったから
それが、どうしてって?
強い光の中で、白いお花は・・・・撮りにくいから・・
あんまり、得意でない・・・から
せっかく、大好きなデュプレが開いてくれるんなら
きれいな写真をとってあげたかったから

気温も下がってきたし
ゆうべから、大好きなセミダブルで開いてね・・・
って、お願いしてた
う~~~~ん、まぁ・・・・・かな
シベがみずみずしくいてくれる時間は短い
特に、強い光の中では、あっという間に・・・

カメラを持って
太陽と・・・デュプレを交互に見て
シェード・・・使おうかなぁ・・・
やっぱり、今日はやめておこう
このまま、秋のあふれる光の中の姿を・・・

・・・・・使わなくて・・・よかった・・・・・・・かな
秋空の下のジャクリーヌ・デュ・プレ
  1. 2005/09/16(金) 22:54:25|
  2. Jacqueline du Pre|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

9月15日 クラシック・ブーケ



9月15日 晴れ
一昨日までの暑さがウソのよう
朝からいい天気・・
だけど、朝、水遣りするときの風はひんやりして・・
今、この時間はちょっと肌寒いくらいの風
明日の朝は、もう寒いと感じるくらいの温度まで下がるところもあるらしい・・
季節って、こんなに早足で交代しちゃう
一気に秋が深まっていくのかな

夕方、暮れていく時間に空を見てた
この前までは、そんな時間でも焼けた空気が充満してて
暑さのなか、真っ赤になって沈んでいく夕日に
明日もまた暑いのかなぁ・・
なんて、思いながら太陽のエネルギーに圧倒されるように
西の空を見てた
今日、昼間は・・・まだ、陽射しは強いものの
風は乾いて涼しくて・・
夕暮れのころは、日陰にしばらくじっとしてると
すこし肌寒い・・・一歩手前くらい
身体を包む空気のせいかな
夕日を見てると、すこし前の夕暮れとは違う
何処へ・・・と、いうことはないんだけど
ああぁ、暮れていく・・・
はやく帰らなきゃ・・・って、わけもなく感じるような夕暮れ
真夏には、間違いなく明日も朝はやくから
肌を焦がす太陽が昇ってくるのが知識ではなく
感覚的にわかるのに
今日の夕暮れは・・・太陽に明日もちゃんと顔を見せてね・・・
なんて、思っちゃうくらい・・
なんだか太陽を見送るのがすこしさびしいような気分になる
そんなふうに感じるのは
身体全体の感覚が秋を感じ始めたのかな

うちに来てから、なかなか思うように咲いてくれなかった
黒点に弱いのかな・・
葉に黒点が出てないのに黄色くなって
一斉に葉を落としてみたり・・
蕾が上がってくるのに、途中でぜんぶ蕾が落ちたり
たまに、いくつか残っても・・・
弁端が茶色くなって開いたり・・
虫にも好かれる・・・美味しいのかな
蕾を夜盗虫にかじられてみたり・・
切花用の品種らしいけど、あまりステムも長くなくて・・

よく本にも書かれてるけど
弱ってる株には、あまり肥料をあげないほうがいいって・・
なんとなく信じてた・・
けど、あんまり上手く咲かないんで
それも、ちょっと疑う・・・と、いうか
まぁ・・人間でも大食漢もいれば小食な人もいるわけで・・
このバラにとっての適量には達していないのかな・・
なんて思って、夏頃から肥料を多くして
それも、切らさないように・・
化成肥料と、有機系の緩効性といか遅効性というか・・
肥料をあわせてやってみた
ちょっと・・・効果あり?
クラシック・ブーケなんて名前だけど・・・
ちょっと、ブーケと呼んであげたくなるような蕾があがって
こうやって、小さなきれいな花束みたいに・・・
このまま・・・調子よくなるかな・・・
  1. 2005/09/15(木) 22:52:49|
  2. Classic Bouquet|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

9月14日 グリーン・ダイアモンド



9月14日 晴れ一時雨・・のち晴れ
今日も朝から暑かった
昨日の予報は・・・そんなにハズレてはなかったのかな
夕方、一度雨が降ってすぐにあがった
雨がやんですぐには感じなかったけど
今、この時間は昨日の同じくらいの時間と比べると
かなり・・・気持いい

1130・・・・
数字って・・時に・・・・・ちょっと不思議
1130って数字だけ見ると何を想像する?
単位がついてないとあまり想像すら膨らまない
11時30分?
1130人・・・う~~~ん、多いんだか少ないんだか
人口1130人の町なんていうと小さくて
今日話した相手が・・・なんていうと、びっくりの数
1130時間、何日のことなんだろう
1130台、車の数?
1130リットル、何日分のお水だろう・・
1130億光年、銀河のはてかな・・

いろんなものに左利き用・・って、あるよね
包丁とか・・スポーツなんかでも・・・
ゴルフ道具だったり、グローブだとか・・・バットだとか・・・え?
そりゃ無いって?
カメラに左利き用って・・・見たこと無いし、聞いたことも無い
あるのかな・・・
カメラは、みんな・・・だいたい同じように持つのかな
シャッターきるのって・・・
右手の人差し指
右手はグリップを包みながら・・・
あと・・・右手の薬指がプレビューボタンに触れてて
左手の・・・手にひらのところ・・付け根あたりにカメラのボディーが乗って
ちょうど・・人差し指の付け根あたりにレンズの手前を乗っけて
フォーカスリングは・・・左手の親指と・・中指で回してるかな
オートフォーカスのほうが多い?
う~ん、オートフォーカスはほとんど使わないかな・・

最近、ちょっと写真が撮りたい・・・
毎日・・・撮ってはいるんだけど
どうして、そんなふうに思うのかな
カメラを手にとって・・そっと持って・・・
ファインダー覗いて・・・・フォーカスリングをまわす
ファインダーの中で上下、左右を見て・・四隅もしっかり・・
絞りも確認して・・・・シャッタースピードも確認・・
そっとシャッターに力をかけて・・・
ドキドキするようでいて、シーンとする瞬間でもあるのかな
左手に乗ってる・・・カメラの手触りと
伝わってくる、その重さ・・・・
1130グラム
なんとも、心地よい重さ・・・
手に馴染んで・・・軽すぎず・・・重すぎず・・・
いや・・・・・時々・・・ちょと、重い・・  フフ
前に何気なく・・・はかりに載せたら・・・1130グラムだった・・・

真夏に突然何本か枝が枯れて
あ・・・もうダメかも・・なんて思ってたけど
また元気がでてきて、蕾もついて・・・
と、いっても・・・それは、小さな小さな蕾で
やっと開き始めた・・・
名前とは違ってこれは薄い柔らかいピンク・・・
だんだん色が変わって、名前の通り薄い緑色になるのかな
グリーンダイアモンド・・・
1130輪・・・同時に咲いたらいいのに・・・
  1. 2005/09/14(水) 22:58:12|
  2. Green Diamond|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

9月13日 ヒメリンゴ



9月13日 晴れ・・・ほんのすこし曇り
今日も朝から・・・やっぱり暑かった
9時少し前で、温度計は29℃・・・
昼間は34℃をすこし超えてたらしい
やっぱりこの時期には、残暑といいながら30℃を超えることはないらしいけど
ここ3日間は、かるく超えてるらしい
でも、明日は・・・・
いよいよ? 前線が通過で夕方頃、雨が降って
その後は乾いたさわやかな空気が流れ込んでくるらしい
そのまま週末までは、涼しいみたい・・

そろそろ、天高く・・・ウマ以外も肥える頃になっちゃったけど
もともと・・・天の高さは変わんない
じゃ、どうして・・・・
どうも・・・空気中の水蒸気の量によって・・・
見え方が変わるらしい
湿度が高いと、空気中の水分が多いわけで
太陽から届く光が空気中の小さな水蒸気で乱反射して
空全体がちょっとハレーションをおこしたように
真っ青ではなく、ちょっと白く見える
だから、真夏の暑い日は地表面から水蒸気があがるんで
以外と空は青くなく
青の背景に水蒸気の作る乱反射の層ができるんで
すこし水色に近くみえる
明日、前線が通過したあとは、乾いた空気が流れ込むらしい
そうすると・・・
乾燥した空気には、もちろん水蒸気が少ないんで
乱反射が少なくなって、空が深い青に見える
湿度が高いときに邪魔してた乱反射の層もなくなるんで
もっと、高いところまでクリアに見えるようになって
空が高く見える・・・・

そんなふうに言っちゃったら・・・
なんだか味気ないかなぁ
なんでも、科学的にわかる・・・って、いうのも・・

散歩の途中でみつけた・・
と、いうか・・・
実はルーフから見えてるところなんだけど
ちょっと大きな声なら、とどきそうな距離
いつも、この時期は、あまりお散歩に行かない方向だったんだけど
たまには・・・なんて、思って行くと・・
ヒメリンゴの木
実が鈴なり!
もうびっくりするくらい、たくさんの実がなってた
う~んと、ひとつの実は直径5cmくらいかな
そんなに、大切にされてない・・・というか
手入れされていないのか・・・
薬なんてぜんぜん撒いてないのか
虫に食べられたりしてるのもいくつか・・

ヒメリンゴの実が、こんなに赤いのは・・・・・
空が青いのとは違って・・・
あぁ、この実・・・すごくかわいい~って、言ったら
恥ずかしがって、頬を染めたから?  フフ
  1. 2005/09/13(火) 23:01:48|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

9月12日 ザ・ジェネラス・ガーデナー



9月12日 晴れ時々曇り
朝の光も、ちょっとジリジリと肌を焦がす感じが・・
暑くなりそう・・
晴れたままだと、夜には放射で涼しくなるかなぁ
なんて、思いながら水遣りした

夕方、西の空は金色からオレンジへのグラデーション
自然が造りだす色は、時に不自然なまでに鮮やかで
絵を描こうとしても、あんな色・・・
とてもパレットの上でつくれない・・
少しずつ太陽が沈むのといっしょに
どんどん空の色は変わって
オレンジから紫紺の空への、その境は何色なのか
見極めようと思っても・・
何度も何度も、そう思いながら空をみるけど
そのあいだが何色なのか・・・
炎が小さくなるように、オレンジと紫紺の境界線が
遠くの町並みのスカイラインと重なる頃
宵の明星がキラキラと輝きだし
気がつくと東の空には、夜のとばりが降り始めてる
かなりふっくらしてきたお月様が、もうあんなに昇ってる
どうしてかな・・・・
この季節・・・・
空の夕方と夜の境界が、その実態がつかめないように曖昧で
季節さえ夏から秋に、その境界が混ざり合う
そんなとき・・寂しい・・・って、いうのともちょっと違う
花びらが落ちるのを、見てるのとどこか似てるような・・
それも、ちょっと違う・・・
どこか切なくて・・・でも悲しいんじゃない・・
そんな気持になってくる・・・

朝はやく・・・
陽がでて少したった頃
空には細く流れるような白い雲が刷かれてる
まだ低い太陽の細い光が
バラの葉の間をすり抜けて蕾を暖め始める
白く輝きながら・・・
羽のような花びらをひろげはじめる・・・・
ジェネラス・ガーデナー
  1. 2005/09/12(月) 00:00:00|
  2. The Generous Gardener|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

9月11日 アゲハチョウ



9月11日 曇り時々雨
昨日の予報では、夕方から雨
夕立・・・でも、くるのかなって思ってたけど
朝から雲は厚くて・・・降りそうかな・・
なんて、思ってたらお昼くらいからパラパラと降ったりやんだり
剪定しながらルーフの掃除して・・
雨の間はちょっと休憩
進んだような・・・進んでないような・・・

今くらいの時期、どうしても葉っぱが落ちる
黄色くなったり・・黒点だったり・・
新陳代謝なのかな
ゆっくりと落ちた葉っぱを掃き集め
剪定して・・・・
写真撮って・・・
写真撮ってたら、あ、ここ切ろうかなって思って
また、はさみを持って・・
チョキチョキしてたら葉っぱが落ちて・・・
また、ほうき持って・・・
今度は鉢の中に落ちた葉っぱが気になって・・
ふぅ・・・ベンチに座ってしばらくバラを眺める
今日は、ムシムシと暑い
あ、アイスティーを・・・・
あと、何回ルーフでアイスティー飲むかなぁ
そのうち風が涼しいというよりすこし冷たくなって・・・
でも、今日はアイスティー

三脚に載せたカメラにトンボが止まってる
あ、これ撮りたいなぁ・・って、どうやって・・
コンパクトカメラも持ってないと・・・

トンボ以外にも、いろいろとたくさん飛んでくる
ハチもチョウも・・・チュウレンジバチまで・・
どうしてだろう・・・
ずっとアゲハが飛んでくる
ずっと、同じ個体じゃないと思うんだけど・・・
2~3匹一緒だったり
1匹だけだったり・・・
3~4匹が交代で来てるんだろうか・・
あまりにもそっくりで・・・見分けがつかない
どれがジャンヌで、どれがピエールなのか
え?そんな名前じゃないのかな
そもそも、雌雄の見分けもついてない
レモンの木に一生懸命卵を産んでるのは・・・女の子なんだろうけど
あ、卵産めるんだったら子じゃないのか・・・
あ、今は、子でも子を産む時代?
ああぁ・・また、わけわかんないことになってきた

ザーッと降った雨があがると
どこかで雨をしのいでたのかな
また、飛んできた・・・
レモンの木に行くのかと思ったら
ランタナの蜜を一生懸命吸ってる

ランタナが終わる頃
アイスティーも終りかな・・
わたしはアイスティー、アゲハはランタナ・・・・・
  1. 2005/09/11(日) 17:13:33|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

9月10日 コート・ドゥ・シャンパーニュ



9月10日 晴れ時々曇り
朝から強い陽射し
温度も高くて・・・暑くなりそう
お昼過ぎに、しばらく外を歩いたら
・・・うん、やっぱり暑い、湿度も高くて夏とは言わないけど・・
まったくの秋・・・でもないのかな

なんだか・・・
ここのところ・・・何が・・というわけじゃないけど
忙しい・・・
毎日が猛烈に忙しく、寝る暇も無いくらいだった
よく、起きてる暇があったものだと思う・・
え? ホントは暇だったんでしょ・・って?

なるべく、ルーフの床や鉢の中に落ちた葉っぱや花びらを
長くそのままにしないようにしてる
忙しくても・・・できるだけはやく・・・がんばってるかな
それは・・・まず、見た目が美しくないから
これは、かなり大事だと思ってる
葉っぱや特に花びらは変色して、暑い時期はとくに美しくない
つぎに・・
花びらは放置するとカビがはえやすい
目にみえなくてもカビ菌は繁殖するし
バラの病原菌やウィルスもここを温床にする・・・らしい
そう書いてある本がいくつかある・・
実際、カビがはえるという部分については大いに同意できるんで
その後の部分も信じることにしている
その次に・・・
虫、特に・・・イモ虫系が発生したときに
・・・直接、落ち葉や花びらが原因ではないけれど・・・・
発見しやすい
どうしてかっていうと、イモ虫系は・・・落し物・・いわゆるフンを見つけるのが一番はやい
夜行性であることが多いのと、一応、擬態とまでは言わないが
鳥なんかに見つかりにくい格好や姿勢、色なんかをしている
だから、直接姿をいきなり見つけるのはかなり偶然にたよることになる
でも、フンがあると
かならず、フンがかたまって落ちてる、その真上のどこかに
かならずいる・・・そう思って探すと
漠然と探すより、かなりの高確率でみつけることができる

この前から、朝、水遣りをしてると
あっちにも、こっちにも落し物・・・
ジョン・クレアの蕾がいっぱいかじられてる
ステンレス・スチールの蕾のまわりの小さな葉も食べられて
あっちの新芽、こっちの新芽・・・

昨夜、気合を入れて捕獲作戦を遂行
11時過ぎてたかなぁ・・12時頃だったかなぁ
それくらいから、3時ころまで
1時間おきくらいに、懐中電灯で・・・
夜行性といっても、走り回るわけではないので・・
じっとしてると、枝に止まったままでなかなか見つけられないんで
蚊取り線香をたくさんつけて、煙から逃げるために動き出すと・・
ほとんどが尺取の動きをするんで、見つけやすくなる
取った、取った・・・
何匹いたことやら・・
ひたすら、テデトール&ヨゾラニトーブで・・・
まだ、残ってはいるんだろうけど
それでも・・・・
今日は、あまりお世話できなかったんで
明日は剪定しようかな・・

このバラには、なぜかイモ虫はいなかった
他の虫も・・・あまり、覚えがない
ウドン粉病にも・・・なってないかな
結構、病害虫に強いのかな
シャンパーニュ
何度咲いても・・・そのたびに、なんてきれいなんだろうって
思っちゃう・・・
色も花型も・・・・
あと・・・匂いかな
  1. 2005/09/10(土) 00:00:00|
  2. Comtes de Champagne|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

9月9日 セプタード・アイル



9月9日 晴れ・・夕方に雷雨
今日はかなり暑かった
昨日の朝はさわやかだったのに・・
夕方、大粒の雨がおおいかぶさるように降ってきて
その雨の上を稲光が走り
風神の存在を感じるような風が通り抜け
その後に夜のとばりが降りてきた・・・
今は静かな夜が広がってる

今日、なんていうのかなぁ
ミニコミ誌っていうのか、タウン誌っていうのか・・
を、めくってた
いろんなお店の紹介が写真と一緒に載ってる
ぱらぱらとめくってたら
あ!これ・・・・
前にどこだったかわすれたけど、同じ料理食べたことある!
・・・・・食べたこと・・ある?
うなぎの稚魚
うんと細めのモヤシ・・・みたい?
何度か・・それぞれ違うお店で食べたことがあるんだけど
なぜか・・・お魚が好きだからかなぁ
期待しすぎちゃう・・・・のかも・・
正直に言って、何度食べても・・なんていうか・・ピン!とこない
どこがって?  ・・・・・・
鉄製の鍋みたいな器の中の、やけどしそうな温度のオリーブオイルの中に
うなぎの稚魚が・・イカナゴかもしれないが・・100匹ほど浮いている
これをフォークで捕獲して食する・・
なんだか、金魚すくいでズルしてる気分がする
いっそのこと、見慣れた障子紙の張ってある「ポイ」ですくって食べるっていうのはどうだろう
食べる以外の楽しみも加わって、この料理の人気が出るかも
フォークで一度に捕獲できるのは10匹がいいところ
これを口に運んで・・ムグモグ・・・・・ゴクン・・・・・「?」
はて・・・・・・・・今・・・・なんか・・・味・・・した?
ほとんど味がなくて「?」
では、もう一口・・・・・モグモグ・・・ゴクン・・・・「?」
すくって食べては「?」
すくって食べては「?」
またまたすくって食べては「?」
を、10回ほど繰り返すと食べ終わる
これでいいの?
あとに残るのは、ただ「?」が10個
う~~~~~ん、・・・あんなに期待したのに・・・・人生とは・・・
待望していたものは、到来してみると
待望したほどのものではないことが判明することが多いもの・・・なのだ

新芽の先に小さな小さな蕾が生まれる
毎朝みるたびに確実に大きくなり
指でつまんでみたくなるほどに膨らみだす
秘密をこらえきれないように膨らみ
ガクが割れ始め、その隙間から花びらの色が見え始める
それでもガクの先端は手をつなぎあって、秘密を守ろうと懸命になる
爆発するかのような、花びらの膨張にこらえきれなくなり
ガクは降参して一気に反り返る
そして、妖精は朝の空気の中に解き放たれる・・・
そのときを待って・・・待って・・・
待望は裏切られず心の震えは、花びらの震えと同調する
セプタード・アイル
その花びらの輝きは・・・・・
  1. 2005/09/09(金) 23:15:32|
  2. Scepter'd Isle|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

9月8日 モーティマー・サックラー



9月8日 晴れ
朝起きると真っ青な空
はるか南の空に、ほんの一筋
刷いたような雲があって・・
その一筆が青さを引き立てて
吹き抜ける風の、なんと心地よいこと・・・・

台風一過、なんとさわやかで青い空
台風一家・・・なんと騒がしい・・レストランでは離れて座りたい
台風一課・・・課長さんはカミナリ様?
いきなりなにオバカ言ってるのって?
秋のさわやかな空気で、気分も軽やか~
天高く・・ウマは飼ってないんで、わたし肥ゆる秋・・・
止まんなくなってきた・・・

日本語って・・・楽しいネ
最近いたるところで指摘されている
今の若者の文章はひどい・・・
それは・・わたしももちろん含まれている
できれば「文章は・・・」の部分ではなくて「今の若者」の、部分でありたいとは思うけど・・
ネットサーフィンで適当な語句を打って
初めて見るサイトやブログを見ていても思うことはある
この前も・・・なんてオバカなこと書いてるんだろう
「こんなオバカはよしなさい」って、書き込んでやろうかと思ったら
何ヶ月か前の自分のブログだった・・・
もちろん、コメントは差し控えた・・・
だって、またそれに自分でレス書いてると・・・

台風一過・・なんて言うのもそうかもしれないけど
言い回し・・っていうのかなぁ・・
こうやって、文章を書いてると時々気になる
たとえば
「一天にわかにかき曇り」っていう表現・・
これを、ある作家が「一天にわかに晴れ上がり」っていう表現を使ったら
それは、誤りだ・・・と、いう指摘がいっぱいだったとか
でも、こんな場合誤りだと決め付ける根拠は、はなはだ怪しい
だって、それはみんなが「一天にわかにかき曇り」という表現が頭にしみこんでいて
そっちが正しいと思っているだけのこと
だれも使ったことのない表現だと誤り・・・っていうのは・・・
どんな表現だって、誰かが使うまでは誰も使ったことのない表現だったのだ・・・・?
その、第一歩を・・表現の先駆者になったと思えば
だれもなし得なかった、独創的な日本語をあやつれるかも・・
「一天にわかに腫れ上がり」  とか
「一天にわかにハゲあがり」  とか・・・・
う~~~~ん
インパクトある、独創的な表現を駆使した文章が書けるかも・・・
でも、だれも・・ここを読んでくれなくなりそうだから
・・・・・・時々にしておこう・・・え? 時々やるの?  って?
ええ・・・・ほんの時々・・・・・・なんて奥床しいんだろう・・

台風にそなえて移動させてあった鉢を
なんとか、もとの配置にもどした
今、みんな大きく茂っているんで
束ねて麻紐でしばったりしてたんだけど・・
それは、まだ全部ほどいていない
しばった枝の葉の間にピンク色が少し見える・・・
麻紐をほどいてみると・・・・
中に・・・・・
モーティマー・サックラー
こういう咲き方を・・・・奥床しく咲いてるっていうのかな
  1. 2005/09/08(木) 23:21:15|
  2. Mortimer Sackler|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

9月7日 バレリーナ



9月7日 曇り時々晴れ 一時雨
朝、さぞかし・・・・覚悟して目を覚ました・・
起き上がる前に、じっと外の音を・・・
窓に吹きつけてくる雨の音が・・・・??? 聞こえない
風の音さえ・・・
うん?と思って起きだして、外を見てみると・・
風は・・まぁ、吹いてるけど思ってたほどじゃなくて
雨は・・・ルーフの床が半分乾いてる
空も・・・ところどころ水色さえ・・・・
ニュースをつけてみると
昨日の被害の大きかったところの映像の繰り返し
・・・・今日は・・・どうなるの?
これって・・・ひょっとして・・
水遣りしておかないと、一日もたないかも・・

朝思ったとおり、ほとんど降らなかった
と、いうより時々、どこかの水遣りの水が風で飛んできた程度の・・
雨とさえ呼べない程度の雨だった
台風、このあたりには思ったほど影響もなく・・
だいたい・・早目に鉢を移動させると
ほとんど影響がない
まぁ・・・たいしたことないだろう・・なんて思ってると
暴風雨のなか、鉢を移動させることに・・今までに、何度あっただろう
影響は少なかったとはいえ
やっぱり、何本かの枝が折れちゃった・・
ガーデナー、ホットココア、ポール・ネイロン・・・・・
でも、剪定前で・・もっとたくさん折れるかなって思ってたんで
今回は、それほどのショックは・・・無い・・・・・・・・・・かな
ニュースで流れる、映像を見てると
そっちのほうがもっとはるかに・・・・心が痛む

14号・・・
どうなっちゃったんだろう・・・と、思って
その軌跡と今の状況を見ようとして
詳しい天気図見てたら
今度は北海道のほうへ?
進路にあたる方面のかた、気をつけてください・・・
で、で、で、
何これ・・・・
南の海上に・・・15号発生!
位置からすると、また来週に・・・?
もう・・・結構なんですけど・・・

今年・・いつだったかな
梅雨の頃だったかな、大風で転がって鉢が割れちゃった
あぁ、土がでるかな・・と思ったら
冬に植え替えしてあげたのに、もう根鉢が真っ白くみえるくらいの根っこ
こんなに、根の成長がはやくて詰まってたら
今年はあんまり咲かなくて、シュートも出ないかな・・・
花がらも取らずに、たくさん実もつけさせてるし・・・
なんて、思ってたのに
どんどんシュートも出て、また咲き始めた
お花、ひとつひとつはすぐに退色して
シベも枯れ始める
まだ、蕾もたくさんあって・・・いくつかが咲いて・・
これくらいの咲き方が、いちばん好きかな
次の台風が来る前に・・・・・いっぱい咲いちゃえ~バレリーナ
  1. 2005/09/07(水) 23:06:11|
  2. Ballerina|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

9月6日 グリーン・アイス



9月6日 曇り・・少し雨
台風・・・ゆっくりなのかな
朝のニュースで、午後からは大雨・・なんて言ってたから
水遣りしなかったら・・・
ほとんど雨なんて降らなかった
こんな時間になって、すこしパラパラ落ちてきたけど
う~~~~ん
だいたい・・・早目に鉢を移動させると
ほとんど、来たことないのよね
いや・・・きて欲しいわけじゃないんだけど・・・

今日、通りかかりのお花屋さんの店先に
チューリップの球根がならんでた
ちょっと、はやい・・・・ような
そういえば・・・
このブログを始めた頃は、バラの咲いてない時期だったんで
チューリップの写真・・・アップしたなぁ・・
なんて、球根を見ながら思っちゃった
人間って・・・見たものから・・突飛なことを考えちゃうものなのかなぁ・・
球根みて、ブログをはじめた頃のことを考えるなんて・・・

チューリップ・・今年、また植えようかなぁ・・
チューリップといえばオランダ?
昔々、オランダではチューリップバブル経済みたいなのがあって
珍しい種類のチューリップの球根が投資の対象になったんだって
その中に・・・
一色のものより、白地に赤い縞模様や、花びらに白いレースのような
模様のはいった斑入りのものが人気があったとか
古い記述の中に斑入りの花を咲かせる方法が書いてあって
それは・・・斑入りの花の咲いた球根の一部を切り取って
別の球根に植え込む・・・と、いう方法
球根植物の好きな人は、ははぁ~~~?
わかった?
その秘密が20世紀になってから科学的に解明されたらしいけど
斑入りと思われていたのは、モザイク病にかかった花で
球根を一部植え込んだのは、モザイク病を感染させたらしい
花の価値って・・・・
なんだか、複雑な思いにとらわれる
珍しいものばかりを追いかけると、こんなことに?

グリーンアイス
わりとよく見かける?
バラに力を入れてる園芸店じゃなくても・・
切花屋さんの店先なんかでも、小さなポットで売られてたり・・
ときどき、ミニバラとだけ書かれてたり
そうよねぇ・・
バラを買う人みんなが、品種名がはっきりしてないバラは買わない
って、わけじゃないもんね
珍しくはないのかもしれないけど
アイボリーに、薄いグリーンに・・・
ときには薄いピンクに・・・グリーンアイも見せてくれて
小さいけれど、よく咲いてくれる・・
そんな、ちいさな身体で台風怖くないのかな
大きな鉢の間にそっと隠すように置いてあげる・・・・
  1. 2005/09/06(火) 00:00:00|
  2. Green Ice|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

9月5日 アスピリン・ローズ



9月5日 曇り時々雨・・  雨時々曇り?
目覚めたときは降ってたのに、少ししてルーフを見るとやんでた
日中も降ったり止んだり
ニュースなんかを見てると、たしかに台風は来てるみたいだけど・・
薄い期待をしてたんだけど
台風、それてはくれないみたいなんで
さっき、台風に備えて鉢を移動させた
ちょうど雨も降ってなかったし・・
空を見ると、怖いような雲
だけど、切れ目に星が見えてた
それに・・・不気味なほどに、ほとんど無風状態
嵐の前の・・・・・なのかな
どうか、おおきな被害がありませんように・・

台風が来ているのを、知ってか知らずか
わたしのバラたちは・・・今頃、たくさんお花をつけてくれている
グレイスも満開になって・・・
このバラも・・・アスピリンローズ
お花は・・・本の紹介なんかでは中輪・・って、書かれてることが多いけど
うちのだけかな・・
わりと・・小さな・・お花
目一杯開いて、直系5~6cmくらい
それって、中輪?

数えたら・・・・・28輪も咲いてる
どうして、今日なの?
ステムは短いんで、もう切らなかった・・
全体を撮りたいなぁ・・とは、思うんだけど
このお花、蕾がゆっくり開き始めて
この写真くらいの状態から満開まで2~3日かかる
それからも反るように開いていって
花芯から・・・オシベかな・・・黒い・・オヘソのゴマみたいなのが・・
だから、実は全体を撮るとあまり・・・美しくない
咲き始めから、満開直前くらいが・・うつくしい

少し、ピンクに染まったり
アイボリーだったり
名前の通り、アスピリンホワイトだったり・・
葉の緑も今の時期は濃くて、すこし照りもあって
葉の量も多く、わりと・・横張りなのに豊かな葉に見える
展開を始めたばかりの葉も照りがあって
色はもちろん薄めだけど
鋸歯が赤くて、新芽だけでも美しい
それにそれに・・今年気づいた・・・
なんといっても新芽と蕾、フルーティーな香りが強い

ナマズが地震を感じたり、鯉も感じるとか
野生動物はその強弱はあっても、自然の異変を感じるとか・・
植物も感じるのかな・・

アスピリンローズ
今はまだ静かだけど・・・
台風来るの感じてるの?
それとも、こっちには来ないのを感じ取って
そんなに涼しい顔して咲いてるの?
なんとか・・・・無事に乗り切ってネ
  1. 2005/09/05(月) 21:30:14|
  2. Aspirin Rose|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

9月4日 稲穂



9月4日 曇り一時雨・・・のち、雨
朝から曇り・・
空気はじっとりと重い
午後から、ポツポツと落ちてきた雨は
あっという間にすごい勢いになって、すこし先が見えないくらい
しばらくの間、すごい音をたてて降ってた
小降りになって・・気がつくとあがってたのに
暗くなってから、また降り始めてる
そろそろ・・台風の影響なのかな

うちのまわり・・
歩いて行ける範囲のなかに
軽い気持で行けるお散歩の範囲のなかに
まだ、田んぼがいくつもある
植木屋さんの、いろんな木を育ててる畑?や、温室もたくさんある
田んぼはお気に入りのお散歩コース
冬には小型の渡り鳥・・なんかも多く、刈り取られて
何もない田んぼに降りてくる鳥たちは
さえぎられるものも無くて、じっと観察したり
写真を撮ったりすることができる
春には・・・最近は肥料の開発もすすんで
あまり使われなくなってきたらしいけど
レンゲの花も、まだ見ることができる・・
本来、レンゲは田んぼに勝手にはえてくるものではないらしい
ちゃんと撒くらしい
花が咲いたあと、田んぼの土に鋤きこむ
レンゲは成長すると、根っこに根瘤をもつのが
窒素肥料となるかららしいけど
最近では、廉価で使いやすい窒素肥料がひろまってきてるから
レンゲをわざわざ育てるところは、かなり減ってる・・・とか
ちょっと、寂しい・・
春にレンゲ畑は・・・だんだん見れなくなるのかな

梅雨が来て、水がはられ・・・
カエルの大合唱も聞こえ始める
そんな田んぼも楽しい・・
水の中を見てると、カエルだけでなくいろんな生き物が・・
ザリガニだったり、ゲンゴロウだったり、
正しい名前はあるんだろうけど・・カブトエビ・・なんて、子供の頃言ってた・・・
そう、あのカブトガニのミニチュアみたいなのがいたり・・

水が抜かれ、穂が上がってオシベが見えて・・
トンボが飛び交いはじめる
あの独特の・・・田んぼの匂い・・あれは、稲の匂いなんだろうか
なんと、もう稲刈りしてる田んぼがあった
そういえば・・・
遅く植えて、早く収穫できる品種を改良するのが
稲の品種改良の課題・・なんていうのも、読んだことがあるような・・
梅雨ころ・・温度が完全に安定するのを待って植えて
秋、台風のシーズンの前に収穫できるもの・・・なんだって

14号・・・大きさは、かなりのものみたい
九州の西の海上を・・なんて言ってたけど
進路は東にふれてきてるみたい
このまま行くと九州から四国にかけて上陸?
そのあと、瀬戸内海を北東に進んで
関東方面にもその影響が・・・なんていう進路予想も出てる
う~~~~~ん、困った
どうか、被害のありませんように・・・

台風の前に・・・刈り取られるのかな・・
まだ、完全には・・・・・成熟してないのかな
まだ、そんなに強くない風に揺られて、サラサラ涼しい音がしてた・・・
  1. 2005/09/04(日) 20:50:24|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

9月3日 マダム・ピエール・オジェ



9月3日 晴れ
今日も暑かった
昨日よりは、すこしマシかなぁ・・とも、思えたけど
それでも・・・
秋らしい、ぬけるような青空ではなかったけど
うすく刷いたような雲は、他のいつのものではなく
やっぱり秋の雲だったのかなぁ

バラに関する・・組織とか団体って
日本だけじゃなく、世界で考えるといくつぐらいあるんだろう
友達同士のような同好会規模から、公立?のものまであわせると
100? 1000? もっともっと?
活動のしかたも様々なんだろうなぁ・・
あ、そういえば・・・・
こうやって、ネットの中のバラでのつながり
これも・・・
まだまだ、覗いたことのないサイトもたくさんあるんだろうなぁ

活動の活発な団体から、そうでないものまで・・
すべての団体がつながりがあって
そう、ピラミッドのように組織だっているわけではなさそう・・
上下関係があるのでもなさそうだし
違うこと・・・・を、言ってる団体だってある

ここ何年かのあいだかな・・
バラに遺伝子工学を用いて、いろいろ調べたりもしてる
このバラもそうやって調べられてる・・・とか
マダム・ピエール・オジェ
ラ・レーヌ・ヴィクトリアの枝変わり・・って、書かれてることがある
どれくらい・・似てて、どれくらい違うんだろう
って、いう興味もあって両方を育ててる
去年まで、うちにあるのは・・
両方とも春にしか咲かなかった
今年、初めて・・・ラ・レーヌ・ヴィクトリアが返り咲いた・・
それが・・・・今日、マダム・ピエール・オジェが返り咲いた
まだ、蕾もあがってて・・あと10個をすこし超える蕾が残ってる

春1番のお花は、似てる・・・と、いえば・・似てるのかなぁ
まぁ、どっちもバラという点では・・・
と、いうくらい似ていない・・・?
自分で育てながら・・・
枝変わりだとすると・・・枝変わりっていうのは
動物でいうところの、突然変異・・くらいの変化・・に思える
でも、最近・・たとえるなら・・
つるのジュリアがあったり・・
つるのブルームーンがあったり・・
それらは、もともとのHTの枝変わり
お花に、それほど大きな変化はない
それらの枝変わりに比べると
マダム・ピエール・オジェとラ・レーヌ・ヴィクトリアは・・・
って、思ってた

今日、返り咲いたお花を見ると
春のお花とは、ずいぶん違う・・夏だからかな
春1番のお花どうしを比べると、ずいぶん違うのに
その・・・返り咲いた花同士を比べると
かなり・・・よく似てる・・・・・・?
ああぁ・・・
やっぱり、このふたつのバラはどこかでつながってるのかな・・
眺めながら、そんなことを思ってた

こうやって・・・
そんなふうにバラと接していたい・・
ゆっくりと時間をかけて・・・ぼんやり思う
そんなスタンスが好き
何年か育ててるうちに、やっぱり似てないと思うときが来るのかもしれない
それもまた楽しい
遺伝子工学か・・・
わたしの体内の凶暴なる遺伝子を退治してくれるのは大歓迎だけど
バラに使うのは・・・・・
  1. 2005/09/03(土) 22:27:35|
  2. Mme. Pierre Oger|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

9月2日 Sweets



9月2日 晴れ
今日は暑さが戻ってきた
昨日まで、何日か涼しい日が続いたから身体が涼しいのに慣れてたのかな
そんな・・・厚さの戻った日
ちょっとした用事で、かなり長い時間、外を歩いた
久しぶりにしっかり汗かいちゃった

今日、松茸・・・売ってるの見かけた・・
もう出てるのかな?
それとも、カナダとか韓国とかからの輸入品?
大体・・今は・・ひょっとして・・・
百貨店とかなら、年中あったりするのかな?
そろそろ、食欲の・・秋が来るのネ
すこし前から出てる、梨も美味しいワ
栗も楽しみ、スィートポテトも
サンマも食べた~い

まだ、もうすこしかかるのかもしれないけど
今から楽しみネ
食欲の秋・・待ち遠しいなどと言いながら
夏に食欲が落ちる・・・なんてことは・・ぜんぜん無い
考えてみると、甘いものだって年中美味しい

ここ何日か・・オバカを考えてた・・ついでに、さらに思考を深めた
そもそも、わたしがケーキやアイスクリームを食べるのは
わたし自身の意識と思考と嗜好に問題があるのではなくて
わたしの体内の、ヒトゲノムのそのまた深く
遺伝子がケーキやアイスクリームの中に含まれる
何か・・・・わたしが作ったわけではないので、何が含まれてるかは知らないけど・・を
限りなく欲しているのであって
決して、わたしが悪いのではない
ただ、だからといって遺伝子の好き放題にさせておくと
とんでもなく、すごくすごく大変なことになってしまう恐れがある
もっとも、その兆しはすこし・・かなり、前からはっきりしているのだけれど・・
おそらく・・先祖の先祖の・・・何世代もの昔から
4度の氷河期を経て・・
脂肪を蓄え、冬眠するという遺伝子も体内に潜んでいるものと思われる

なんと・・・・・・
その証拠に・・・・
この写真・・・
しっかり夕食を終えたあとに・・
あ、しかも今日、外歩いてたときにソフトクリームの成分を解明するための研究も行ったのに
なのに・・・なのに・・・
3つとも、完食してしまった・・
う~~~~ん、凶暴な・・遺伝子である・・・恐るべし
  1. 2005/09/02(金) 22:48:55|
  2. Sweets|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

9月1日 グレイス



9月1日 曇り時々晴れ
今日から9月・・・
大好きな夏とも、もう、おわかれ?
毎日、日中は暑いけど・・・
それは、ただ温度が高いだけで・・・暑いだけ
もう、大好きな夏ではない
風や雲や空の色・・・朝日や夕方に、花びらを染める光の色や
虫たちの声が、そう教えてくれる・・
秋ってさぁ・・・

思うんだけど・・
世の中には、同時に成立しない、明らかに矛盾する・・・相反することを
同時に信じることって・・・・できる?
あ、また、ややこしいこと書くと思って
どっか、他のサイトにジャンプしようとした?
たとえば・・・
自分のおうちのお風呂の浴槽で、ペンギンを飼ってるっていうのを信じるのと同時に
自分のおうちのお風呂の浴槽で、ペンギンを飼ってないっていうのをこころから信じることがあるだろうか・・?
ほかには・・
このバラは赤いっていうのを信じるのと同時に
このバラは白いって・・・
ここのところ・・・ややこしいことばかり書いてるなぁと、思ったら・・
とうとうホントにおかしくなっちゃった・・って、思ってる?
まともな人間なら、そんなこと思うわけない・・そう、思ってるでしょ?
なら・・・・・・
おうちの中に大きな本棚があるとして・・
昔買った「シマウマの上手な飼いかた」という本を探してるとして・・
この場合、わたしなら冷蔵庫ではなく、食器棚でもなく
本棚の中を探す・・・もちろん、その本が本棚の中にあると信じているから・・・である
本棚の中を、棚から順に一冊ずつ調べていき、最後の一冊まで調べて見つからなかったら
わたしは、「この本棚のなかにはない」とかなり強く確信する・・
そりゃそうでしょ・・・一冊ずつ、今調べたんだから・・
な・の・に・・・・である
わたしは「この本棚の中に絶対ある」と強く確信し続けており
再び最初からこの本棚の中を探し始める・・
で、最後の一冊まで調べ終って、やっぱり「この本棚のなかにはない」と確信しながら・・・
また、首をひねり・・・またまた・・・
そう、「この本棚のなかにはない」と確信しながら
同時に「この本棚のなかにある」という確信も揺るがないのである・・・
ゆうべ、眠りながら自分で食べたとか
泥棒がこの本だけを盗んだ・・といった原因は考えにくいから
「本棚にある」と言う確信と「本棚にはない」という確信が
そのあともずっと続くことになる・・・

どう?
最初は・・とうとうおかしくなったかと心配させたでしょうけど
それは・・・わたしだけのことじゃなく・・・
お心当たり・・・ございません?

いとこが電話してきて、バラを一鉢育ててみようと思うんだけど
なんていうバラがおすすめ?
などと、聞いてきた・・・
そんなこと聞かれたって・・・
答えられる?
一鉢なんて・・・
う~~~~~ん、それならグレイスが一番いい・・・
って、いうのと
グレイスじゃなくて・・・・って、いうのを同時に確信してたりして・・

どんどんお花が咲いて・・
春に・・・病気にもかかってない
お花も・・表情豊かで、グラマラスで・・
なのに・・この色にして清純で
初めてのバラ・・・には、ぴったりなのかも・・・・
  1. 2005/09/01(木) 22:59:17|
  2. Grace|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

    Mac.

08 | 2005/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。