バラにひとりごと. Stand by Roses.

バラの写真日記、時々、ほかの花 ちょっとウンチク・・  ひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

11月30日 ザ・プリンス



11月30日 曇り時々晴れ
ちょっと寒くなってきた
朝、ルーフに出て・・
乾いてる鉢がないか見回して・・
いくつかに水遣り
カメラを持つ頃には手が冷たくなってくる
こんなにひんやりした空気の中
お水・・・冷たくないのかな
たまには・・・・一緒に熱いミルクティーを・・・
あげちゃ・・ダメよねぇ

植物学・・・そういう言い方をすると
ちょっと難しそうに聞こえるけど
本を読んでみると・・・うん、頭痛が・・・
でも、中には・・・やっぱり難しい話が書いてある
読んでいると時々意識を失うことがある
目覚めたとき・・
そっと、後頭部を触ってみるけど・・コブは無いんで
何かがぶつかったわけでも、バットの一撃を受けたわけでもなさそう・・

いろんな仮定と実験が・・・なかなか面白い
400年前くらいのお話・・・
植物は何を食べて大きくなるか・・・
根から・・・土の中の何かを・・・と、仮定したらしい
まず、植木鉢を用意して・・
そこに入れる土も用意する・・
まず、土を炉の中で完全に乾燥させて重さを量る
そこに柳の切り枝を挿し木する
もちろん、切り枝の重さも正確にはかる
そして、土に挿したあと鉢にフタをして
何も混入しないようにする
植物が充分育てるように、日当たりのいい場所で
水だけを与えて・・・・5年間育てる・・・
はぁ・・・・5年間だって
レンジで3分というわけにはいかない・・
だって、400年前にはレンジなんてなかったんだから・・?
大きくなった柳をそっと抜いて
土をすべて鉢にきれい戻して、柳の重さを量る
5年間に落葉した葉っぱも全部とってあって
その重さも量って合計すると・・
柳の重さは切り枝のときの30倍に・・
今度は最初と同じように
鉢の中の土を、炉の中で完全に乾燥させて重さを量る
もともと90kgあった土が・・・6グラム減っただけだったとか・・
その結果から・・・
植物は、ほとんど水だけを食べて大きくなる・・
と、いう結論を出したとか・・・

今年・・・
あまり大きくならなかったね・・・プリンス
お花・・・いくつ見せてくれたっけ・・
食べ物が・・・オクチにあわなかった・・・かな
有機肥料も化成肥料も・・・液肥も・・・
ひょっとして・・・
わたしと同じように・・
シュークリームやモンブランやマドレーヌや・・
あんみつとか・・・
あ! オレンジゼリーとか・・
そんなほうが・・好みだったのかな・・
じゃぁ・・
プリンスはシュークリームやモンブランが好きだと仮定して・・・
しないしない・・フフ
スポンサーサイト
  1. 2005/11/30(水) 20:40:22|
  2. The Prince|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

11月29日 ブルー・バユー



11月29日 曇り
雨なのかな・・そう思いながら起きだして・・
ぜんぜん降ってない
雲は多いけど・・・
温度もすごく・・・高い?
ぜんぜん寒くない
ただ、風は強くて・・バラが大きく揺れてる
今年最後かな・・と、思ってたお花が
花びらを撒き散らして・・・

何日か前、残り少なくなったお花を見ながら
これが・・・散ってしまったら寂しくなるなぁ
なんて、思ってた・・
今朝、強い風に大きく枝を揺すられて
花びらを散らせていくバラたち・・
風の向きが変わるたび葉っぱと花びらが舞い上がる
いろんな色が・・・

不思議に・・・寂しい感じはなかった
あぁ・・散っちゃったのね・・・って
ちょっとさらっとした感じ
小春日和のもと、満開の姿を見ながら
今は満開だけど・・もうすぐ散ってしまう・・
そう感じるときのほうが、儚さがつよかったりする
いざ・・
風に花びらを奪われると
どうすることもできず・・・・
あっけなく・・・
こうやって、いとも簡単に・・
なんのけれんみもなく散ってしまうからこそ
だからこそ・・・花は美しく輝くのかもしれない

春、一度しかお花を見せてくれない
一季咲きのバラが散るときとおなじなのかなぁ
一季咲きのバラが・・あっという間に散っていくときも
儚さゆえに満開の残像が愛しい

それと・・・やはり同じなんだろうか
ルーフの床を風に吹かれてあっちへ・・・こっちへ・・
ときに舞い上がり・・
枝には・・・花がらが揺れている
見ていると・・なぜだろう・・
不思議に、穏やかで優しい気持になれる・・・

ブルー・バユー
ほどけかけた花びらの・・・
その透き通るような外弁と
大切に抱かれた内側の・・
まだ、しっかり巻いた花びらが
まるで・・・眠りから覚める前の表情を浮かべてるようで
起こさないように・・・・
そっと・・・静かに・・・見てるだけ
  1. 2005/11/29(火) 20:17:21|
  2. Blue Bajou|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

11月28日 ジャクリーヌ・デュ・プレ



11月28日 曇り時々晴れ
朝ルーフに出ると・・・寒くない
雨の前かと思うくらい
なんとなく・・・なま暖かい・・
空を見ると、雲は広がってるけどうっすらで・・
雨が降りそうな空でもない
ついこの前、あんなに寒かったのに・・・  へんなの

ほとんど・・
毎朝・・・これは雨でも・・
そして毎晩・・これは・・雨だとダメかな
ルーフに出る
朝は水遣りをして・・写真を撮って・・
夏は水遣りに時間がかかって、大急ぎで写真を撮って
早起きしたとき以外はゆっくりバラを見てないのかも

夜・・・
完全に無風のときは・・たまに写真を撮る
それ以外は、ただベンチに座って・・ただバラを見てる
夜なのに?  そう、夜なのに・・
夏は、夜にも水遣りをすることもあるけど
もう、今くらいの時期になると
夜に水遣りをすることはほとんど無い
ただゆっくりと・・・バラを見る
暗くてちゃんと見えてないのかもしれないけど
それでも・・
そこにバラがある・・・と、いうことを感じられる

今日も、さっきしばらくルーフに座ってた
暗い中・・・
ルーフに面した部屋の明かりをつければ
かなり・・・見えるんだけど
今日はそうせずに、暗いまま・・
もちろん、あまり・・・見えない
所属がネコ科ではないんで、さすがにちゃんと見えてはいない
今日は強い・・・
バラの香りが・・
デュブロイの香りがする・・
ベンチのすぐ傍に置いてあるから・・
しばらくすると、目が少し慣れてきて
ぼんやり・・見えてくる
雲が出てるのかな・・星はぜんぜん見えない
月は・・・たしか・・・月の出は明け方だったかな・・

う?
なんだろう・・・
あんなところに・・・あんなもの・・置いてたかな
?????
なにかの容器・・・出したままだったかな
スプレーボトル?
ううん・・そんなもの昨日も使ってないし・・
大きな鉢のすぐそばに・・なんだろう・・
特に意識もせずに、立ち上がって近づいた・・
ぎょわ~~~~~~~~!!!!!!
心臓が口から飛び出して
ちょっと・・・ほんのちょっと・・・  ・・おもらししちゃったかも・・
なんといきなり飛び立った・・
あまりにびっくりしてよけちゃったから、ちゃんと見なかったけど
かなり大きい・・・アオサギ・・・だったのかな・・
はぁ~~~~~~
ひざからチカラが抜けちゃった・・・
春くらいに、よくヒヨドリの幼鳥がルーフにいて
びっくりさせられたけど・・・
今日のは・・・比じゃない・・
また・・・・来るのかな・・・・
あ、・・・・・・
今度は・・・写真撮れるかな

アオサギの飛び立ったその近く
今朝咲いてた・・・
デュプレ・・・
びっくりして、お花・・・散ってないよネ
  1. 2005/11/28(月) 20:54:36|
  2. Jacqueline du Pre|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

11月27日 モーティマー・サックラー



11月27日 曇り時々晴れ
朝から曇り
空全体が薄いグレーに発光するようなお天気で・・・
冬ってこんな空・・そんなふうに思わせる
でも、今日は寒くなくて外にいるのもつらくない
ただ、こんな空だと
よぉ~し、ルーフのお掃除やバラのお世話をがんばろうっていう気分でもない・・・
お昼過ぎ、少し陽も射してたけど
陽射しが暖かいというほどでもなく
なんとなく・・・けだるい・・・そんな感じだったかな

昨日もルーフのお掃除したのに
朝から少し風が強い
いつもの西からの風が吹いて
時々吹き返すように、突然東からの風がふく
一瞬で・・・お掃除する前の状態に・・
はぁ・・・この時期しかたないかぁ・・
また、ほうき持って・・・
どんどん葉っぱが降ってきて、きりがない
もうそんな時期なんだぁ・・
バラたちもそろそろ休眠モードになってきて・・・
要らなくなった葉っぱをどんどん落とし始める

ほうきを置いて・・
葉っぱを少し落とそうかな・・
手で株を揺すって・・・・葉っぱをザァーっと手で撫でると
たくさん葉っぱがポロポロ落ちる
一通り・・やると・・・・
あれ・・・?
お掃除はじめる前よりすごい状態に・・
また、ほうき持って・・
ホントにきりがない
でも、なんだか・・それが楽しかったり・・
日によっては、もうイヤッ・・・で、やめちゃうことも多いのに
今日は・・・なんどでも掃き集めて・・

そうか・・・
植え替えは、きっと1月後半・・
しっかりバラが休眠してから始めるつもりだけど
予備剪定すればいいのか・・
そんなことを思ったのは、もう陽も西に傾いてから
咲きそうな蕾をつけてる枝だけ残して
ちょっとだけハサミ入れようかな・・

雲が流れるたびに
夕方の陽射しが・・
ろうそくの炎が揺れるように揺らめいて
モーテマー・サックラーを染めている
  1. 2005/11/27(日) 18:05:22|
  2. Mortimer Sackler|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

11月26日 デンティ・ベス



11月26日 晴れ時々曇り
いつもより、少しゆっくり起きた
外を見ると光が溢れるような天気
ルーフに出てみると・・・
ぜんぜん寒くない
雨が降る前のような・・ちょっとしっとりするような空気
花びらもゆっくり伸びができるかな

特に・・何かを意識してるわけじゃないのに
ゆっくりと時間が流れるように感じる
今日は・・・そんな日なのかな
朝食も・・・ゆっくり取って
紅茶もゆっくり楽しんで
そうそう・・・
ルーフのお掃除も・・・ゆっくりと

ここのところ、何日か少しだけ夜遅くまで起きてた
気になるバラや・・・欲しいなぁと思ったバラや・・
どこかで見て気になったことなんかをつけてるノートを整理してた
こう書くと・・・すごくマメ~~みたいだけど
そんなこともなくて・・・すご~く気の向いたときにだけ書いてるノート
どうして今頃・・・かと言うと
今年、まだ・・・・なにもバラを注文してなかったから

いつから・・こんなことをノートにつけ始めたかというと・・
何年前かなぁ・・はじめて・・園芸屋さんで
苗屋さんが作ってる・・手書きのバラの名前の・・・リスト
わけわかんない記号やアルファベットが書いてある・・
正直・・・ヘタな字の羅列・・・
大きな紙にびっしりとバラの名前が書いてある
それが・・・10枚以上・・を、見せてもらって
欲しいバラは?・・・って聞かれて、すごく困ってから・・
結構バラの名前って頭に入ってると思ってたけど
いきなりそうやって・・・そんなものを見ても、すんなり頭にはいってこなかった
それからかな・・
気になるバラがあると、ちょこっとメモするようになった
それに・・・
バラって、このバラをください・・って言っても
いつでも、欲しいものがすぐ手にはいらないものだっていうこともわかったから・・
あ、だんだん・・・好みがマニアックになってる? フフ

午後・・・
パトロールに出動
いつも行く園芸屋さん・・
ついこの前も行ったところなんで・・でも、何か新しいものが・・?
それに・・・
ここ何日かで整理したリスト・・
とりあえず・・・・今のところ気になってるバラの名前を
お店の、仲良しの人に・・
揃いそうなのと・・・難しそうなのと・・
新苗なんで・・当然、来年になってからの入荷だけど・・
さて・・・・いくつ手元にくることになるか・・・^^
植え替えに使いたい鉢を買って
うちに戻って・・・またまたルーフの続きを・・

午後・・・細長い・・そんな陽射しの中で
バラたちを見る
あぁ・・今年のシーズンは終わって
新しいシーズンがはじまる
まだ、お花をつけているバラもあるけれど
これから・・ほんの2~3ヶ月だけが
わたしがバラに何かをしてあげられる時間・・
植え替えて・・・肥料をあげて・・選定して・・

デンティ・ベス
お花いっぱい・・蕾もたくさん・・
まだ・・休まないの?
初冬の穏やかでゆっくりした時間の中に
デンティな香りが漂う・・・・
  1. 2005/11/26(土) 22:57:06|
  2. Dainty Bess|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

11月25日 バレリーナ



11月25日 晴れ時々曇り
朝は快晴
こんなに雲の無い空なのに
あれれ・・・ぜんぜん寒くない
きのうあんなに暖かかったのに、今日はそれ以上になるとか
予報通り・・
午後は、公園のベンチでまどろみたいくらいのお天気
しばらく続いてほしいなぁ
そうすれば・・・残ってる小さな蕾も膨らむかな

最近・・・
秘密なんだけど・・・
階段を上ったりするとき・・・・どうも身体が重い
どうも・・・・おかしい
天文学的変異なのか、地球学的変異・・地球学なんて学問があるかどうか知らないけど・・なのか
それとも・・物理学的変異なのか・・地球に異変?
物体にはたらく重力が大きくなったとしか思えない
体重を測ってみると、去年の今頃より・・
絶対秘密ヨ・・・3kgも増えている・・・
やっぱり、思ったとおりだ
重力が大きくなってる・・地球の引力が大きくなってる・・・
でも・・・・もしも・・なんで、実験もおこなってみた
うちにある・・・
めったに触ることのない・・・ときどき、慌ててるときや
何か・・手に持ってるものに気をとられていて・・
蹴飛ばして・・あぎゃ~~~~~と、叫ぶ以外に使用されていない
3kgと書かれた鉄アレイを載せてみると
なんと・・・3kgと表示される・・・
なんてことなんだろう・・私以外の物体には、異常な重力は作用していない・・
お気に入りだったパンツも、ウエストがちょっと・・・
異常な重力の作用によって、パンツが縮んでいる・・
異常な重力だけあって・・ウエストは縮んでいるのに
長さは縮んでいない・・・
あぁぁぁぁ・・・
大変だぁぁ・・・
このまま、1年に3kgのペースで体重が増え続けると
地球の誕生と同じくらい・・・43億年くらいたつと・・
一応、複利計算によると
地球より重くなってしまうかも・・
そうすると・・
地球の上にわたしが立っているんじゃなくて
太陽の周りを公転するわたしの足の裏に
地球がひっついてることになっちゃう・・・

あぁぁ・・・こんなオバカ書いてる時間
ちょっと運動すればいいのに・・・
何か・・・習い事でも・・・
ふと見ると・・・
まさか・・・それはだめよね
絶対ダメだって・・・
公転だけじゃなくてクルクル自転するの?
イヤイヤ・・・ダメだって・・
絶対ダメだって!  バレリーナ
  1. 2005/11/25(金) 20:24:13|
  2. Ballerina|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

11月24日 パット・オースティン



11月24日 晴れ
朝、目覚めて思うのは・・・今日は寒いかな
今朝は・・・ルーフに出てみると
思ったほど寒くもない
空は、抜けるような青
空気が冷たくなって青がきれいに見える
空気の密度が・・・・・関係ない・・・かな

季節によって・・・
ものの見えかたって変わるのかな
イメージの問題かな
例えば・・・
春は、景色を見ると・・
春霞・・なんていわれるように
ちょっとスモーキーだったりする
春らしい・・なんていわれるのは・・パステルカラーなんて言葉も・・
たしかに・・黄砂が飛んで
景色は少し黄色がかったぼんやりしたイメージがある

夏は・・・
原色の季節?
着るものも・・鮮やかな色が多かったり
ヒマワリやアサガオ・・ハイビスカスや・・・
お花も・・ちょっとダイナミックで
色も鮮やかなのかもしれない
でも・・・
鮮やかと言うより
空だって・・・青さは・・1年で一番クリアーでもない
コントラストが大きい季節なのかな

秋・・・
空も高くて・・深い色になる
実は、視界の中に一番多くの色が見える季節のように感じる
1枚の葉っぱの中にさえ
緑から黄色・・オレンジを経て赤になって・・茶色からこげ茶にいたるまで
視界の中に黄色だけでも数えられないくらいの黄色があったり
茶色だけでも、無限の茶色が存在したりする

冬は・・・
う~~~ん、表現が難しいかもしれないけど
秋に比べて色の数は減るんだけど
秋の無限の色数が淘汰され
生き残った強い色がしっかりと残るような
輪郭のはっきりした色・・・とでもいうんだろうか・・
思い浮かぶのは・・・
淡雪ののった南天の深い赤の色だったり
ツバキの凛とした紅色だったり・・
視界の中で、他の色と混じることなく
存在を際立たせたような色

パット・オースティン
鮮やかなオレンジの花
そんな印象が多いバラなのかな
冬の足音が聞こえ始めると
花弁の内側にピンクを浮かべはじめ
色そのものの輪郭が冴えはじめる・・
もう・・・・冬の到来を感じてるのかな・・・
  1. 2005/11/24(木) 20:49:22|
  2. Pat Austin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

11月23日 紅葉



11月23日 晴れ
天気予報では今日は小春日和
そのことを思いながらルーフに出てみる
・・・寒い~~~
ちょっと早起きしすぎたかな
お昼くらいからは暖かくて
厚着しなくても外歩けそう・・
かるい上着でいいかな

食べるもの・・・いや・・食べるもの意外もなんだけど
ふたつに分けることができる
それは和風と洋風・・・で、ある。
はいはいはい・・・・まぁまぁまぁ・・・
だから・・・・ことが、で・き・る・・・なのヨ
イタリア料理はどうするの?とか
スパニッシュは?
そんなの、みんな洋風なのよ
じゃぁ、中華料理は?なんて思ってるでしょ
例えば・・・
フカヒレの姿煮・・・これは・・・和風
だから、「風」なのヨ  和食とは言って無いんだから
鶏肉とカシューナッツのXO醤炒めパプリカ入り・・なんていうのは、洋風
蒸し鶏の冷製・・これは和風
海老とカリフラワーのマヨネーズ炒め・・文句無く洋風
豚の角煮・・・しらがねぎをのせて・・・和風
海鮮炒め物レタス包み・・・う!・・・だんだん苦しくなってきた
レタスっていうもの・・・そのものが・・和風ではないんだろうか
野菜も・・わかれる・・・・・の、かもしれない
サニーレタス・・・洋風
白菜・・・・和風
アスパラガス・・・洋風
春菊・・・和風
アーティチョーク・・・しっかり洋風
聖護院大根・・・・ちからいっぱい和風

でも・・・やっぱり怪しいものも・・・
餡入りドーナツ・・・ドーナツは洋風でいいんだけど餡が入ってるし・・
非常に分類には・・・時間がかかる
数々の協議を経て決定する必要がある・・・・・かもしれない
さらに・・・複雑怪奇なものが・・・
「和風ビーフシチュー」だとか「和風ロールキャベツ」など
いったい・・・どうしていいものやら
和風と付いているんだから和風でいいのか・・
そんなこと言ったら・・
頭に和風とつければ何でも和風と認めるのか
和風ブイヤベースだとか、和風コンソメスープだとか、
さらには和風ロシア料理だとか、和風アフリカ料理だって
さらにさらに、和風ゴルバチョフなんていうのもありなのか・・・
やっぱり・・・和風と洋風は・・・やめておこうかな

紅葉-コウヨウ・・・
世界で見ることのできる現象なんだろうけど
秋が訪れ、気温が下がると木々の葉が色づく・・
モミジ・・・その仲間も含めると・・世界中にはえてるのかな
カナディアンメープル・・だってそう?
いくつかあるお散歩コースのうちのひとつ・・
そのコースの途中から、わき道にそれて・・
かなりそれるんだけど・・
ハイキングコースなんかにも紹介されてる
山道を少しすすんでみた

今年初めて・・これが紅葉って思えるイロハモミジにであったかな
赤、黄、そしてほんの少し緑もあって・・
夕暮れ・・
あっという間に暗くなり始めて
気温もすごいスピードで下がり始める
うす暗がりのなかのイロハモミジ
こうやって撮ると・・・・・フフ・・・・・・和風?
  1. 2005/11/23(水) 19:12:47|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

11月22日 ザ・プリンス



11月22日 曇り時々晴れ
朝は曇り
青空の見えない朝は久しぶり
でも、雨の気配の見える雲じゃなくて・・
そのうち・・晴れ間も見えそうなくも
お昼くらいには陽も射して
そんなに・・寒くはなかったかな
暗くなってから、また雲が出てきて・・・
ちょっと湿度も高い・・湿った空気の匂いがしてた

初めて咲いたのは・・・
春、遅く
もう春ともいえなくて
陽射しも暑くなり始めた頃だったかな
このバラを手元に・・そう思わせてくれた姿には咲かなくて
なんだか・・・へんな咲きかただった
色も、思い描いてたのとは違って
かすかにブルーの乗った赤?
作出家なら・・・
赤とは呼べない赤・・なんて書かれてるような色
ハズレの株だったのかなぁ・・
なんて思ったりもした
それから・・・・何度か蕾を持って
それはもう毎日・・・・・
蕾の大きくなってくるのが楽しみで楽しみで・・
今度は・・・・・・
どんな姿で・・・・・どんな色?
そう思いながら蕾が大きくなるのを見つめてた
二つめのお花も・・・
どうして・・?
やっぱりハズレの株?
それとも・・・2~3年して
株がもっと成熟しないとダメなのかなぁ・・・
三つめのお花が咲いて・・
う~~~~~ん
うちのルーフの気候があってないのか・・
それとも・・・
大苗の季節がきたら・・・
もう一株・・・・買おうかなぁ・・・
肥料・・・多すぎる・・・・少なすぎる・・・?
水・・・・多いのかな・・少ない?
日照が・・・
四つめ、五つめ・・・

いくつめからだったかな・・
ぜんぜん代わり映えしないんで
写真も撮らなくなってた・・・

少し前からあがってきてた蕾・・・
あまり期待しちゃいけない・・・・
プレッシャーかけちゃいけない・・・
思いすぎるから落胆するのヨって
自分に言い聞かせて
なるべく直視しないように・・
横目で見たり、遠くからそっと見たり・・・
気温が下がってるから、今度こそは・・・

昨日からほどけはじめた・・・・
そう、この色
形はちょっと・・・だけど
そうなんだ・・・この気温にならないとダメなんだぁ・・
プリンス・・・会いたかったヨ
  1. 2005/11/22(火) 22:24:04|
  2. The Prince|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

11月21日 ローズ・ヒップ



11月21日 晴れ時々曇り
朝は快晴、今年一番の冷え込みに・・
なんて、昨日の天気予報で言ってた
これから、毎週のようにその言葉を聞くんだろうなぁ
今年一番の冷え込み、今年一番の冷え込み・・・・
そう聞くたびに覚悟を決めて・・・
その呪文を聞いた翌朝は、ルーフに出るのに
暖かい服と、気合が必要に・・・?
でも、空の色はとてもきれい

夏、海に行く・・・
と、言えば・・・必ず持っていくものは?
浮き輪、水中眼鏡、あしひれ、ビーチボール、お弁当、クーラーボックス、ビーチパラソル、レジャーマット・・・?
まだまだある?
え? そんなに持って行かない?
まぁ、浮き輪や水中眼鏡は温泉に行くときも必需品だけど・・・おい!
野球やサッカー見に行くときは?
応援グッズ、双眼鏡・・・・お弁当?
遊園地行くときは?
う~~~~~~~んと・・・・・お弁当?
お花見行くときは?   
えと・・・・・ビール? それから・・・・・・お弁当?
なんだか・・・お弁当ばっかになってきた

そう、それから・・・やっぱりカメラも・・・?
出かけるときは、忘れずに~~

問題なのは・・・
お山に行くときは・・・なのよねぇ
「お山」と、一言で言ってしまうのは簡単なんだけど
らくらくハイキングのときと
結構しっかり・・・登山・・
と、言ってもまぁ・・入門クラスしか無理だけど
今度の週末、登山に行く?
と、聞かれて「うん」なんて返事をして
エベレストに行っちゃうことはまずないけど・・・
エベレストなら、持って行くもの・・・何が要るのかな

そんなに遠くないところでも
山歩きを満喫できるところは・・・けっこうある
昨日・・・そんなつもりはなかったのに
紅葉のきれいなところ・・・
と、いうか・・
モミジを見つけても、そのモミジがきれいに見える角度をさがして
かなり山の中へ・・
ちょっと、山道を登ると・・少し奥にきれいな樹が・・
それを見るのにさらに奥に・・・

向こうに見える樹を見ながら
けっこうな斜面・・
そのあたりの下ばえをつかみながら歩いていると・・
あ痛っ! イン○ルのサボテンがあったわけじゃなくて・・
びっくりして、カメラ落っことしそうに・・
ノバラの茂み・・・枝をつかんじゃった・・
まぁ、たくさんヒップが付いてる・・
あら~~~~どうして~~~~
偶然~~~~~~
バッグに・・・剪定鋏が入ってる~~~
出かけるときは忘れずに~~~~

テーブルの上、白い器で・・・
ノバラのヒップ・・・・ツヤツヤで  フフン
  1. 2005/11/21(月) 20:59:04|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

11月20日 紅葉



11月20日 晴れ時々くもり
毎朝と同じように・・・
ルーフに出る前に、昨日と同じくらい寒いと思って・・
覚悟をして・・ルーフに出ると
今日はそれほど寒くない
空は・・・ところどころに雲が浮かんでるけど
これくらいなら・・少し暖かくなるのかな
ちょっと出かけなきゃいけない用もあるし・・
暖かくなって欲しいなぁ・・・

ちょっとした用があってでかけなきゃいけない
う~~~ん、めんどうくさいなぁ・・・
でも・・・・
そこへ行くのは、ちょっと久しぶりで・・
道中・・・フフ・・・楽しめるかも・・
山道を通って行くんで、コウヨウが楽しめるかも
時間、かなり余裕をもって
途中、道草にたっぷり時間をかけられるように・・

通る道を思い浮かべる・・・
春、桜のきれいだったところがあって・・
今だと・・・桜の葉も赤や黄色に染まってるかな
川のそばも通る・・
川沿いに、秋色を浮かべる木・・・あったかな
水鳥がたくさんいたのは・・・・冬だったかな
今年は、もう渡ってきてるのかな・・
途中、柿の木が・・・・たわわに実をつけてるかな・・
いろんな季節に、その道を通ったことが思い出されて
いろんな情景が浮かぶ

その道を通るのに、カメラを持って行くのも初めてじゃない
前に・・・・何度か・・・
前に・・・何を撮ったっけ・・・・

その道で・・・
何よりもお気に入りだったのは・・・
そう、あちこちの石垣の上や土手の斜面に咲くアジサイだった
その中でも・・チェリーレッドの花をつける株が・・・
土手の途中に一株だけあった・・
どうして、こんな色に・・・って、思うくらい
他ではみたことの無い色だった・・
今・・・どうなってるんだろう・・
そのことを思い出すと、頭の中がいっぱいで
気になって気になって・・・

あった・・・
枯れても・・・色が残ってる・・・
シミだらけで・・・茶色くなったところや・・・
う~~~~ん
決して、単純には・・・美しくない・・・・ものなんだろうなぁ
どうしてだろう・・・
いつの頃からか、枯れた花に魅かれる・・・




kouyou051120-1.jpg

川沿いには・・・
三者三様の色づきが・・・
冬の足音が近づいてきて
いつの間にか追い越されて・・・
もう冬の中にいるもんだと思ってた・・
秋が残してくれたお楽しみ・・・・かな
  1. 2005/11/20(日) 22:01:45|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

11月19日 ユキサン



11月19日 晴れ時々くもり
朝から風が強い
もちろん・・・寒い
開きかけたバラたちもこの寒さだと
固まっちゃって・・・開かないんじゃないのかな
ルーフにちょっと出るだけでも
手が冷たくなって、鼻も赤くなっちゃう
う~ん、もう完全に冬になっちゃったかな

とうとう冬が来る・・・・イヤ・・・来た
う~~~ん、楽しみ・・
え?  って?
何度か書いてきたかもしれないけど・・・
冬が嫌いなわけじゃない・・
寒いのが嫌いなだけ
冬には、楽しみもいろいろある
食べ物がおいしい・・
あ、これは・・・春には春の、夏には夏の、秋には秋の・・・
に、なっちゃうんで冬だけのことではない
けれども・・・
お鍋の季節・・
これは・・・果てしないバージョンが広がる
魚介類なんかは・・冬のほうが美味しいのかな
なんといっても、河豚、アンコウ、クエ、牡蠣・・・きりが無い
鍋なのか・・・どうなのか、おでんもはずせない
あつあつのおでんをハフハフいいながら
頬張って・・・口の中をやけどするあの楽しさ     え?
それから・・・
アマノジャクでヘソマガリがでちゃうけど・・ 
あ、ヘソマガリっていうけど・・
オヘソの曲がった人を見たことは無い・・
デベソ・・・の、ことではないと思うけど・・・
不思議なのは・・・
素直な人のことを、ヘソマッスグとは言わない・・・
うちの地方では、言うヨ・・・・なんて、ところがあるなら
その地方は、地域ごとヘソマガリなどと言われかねない・・
あ、オヘソの話は置いといて・・・
何を言おうとしたか
それは、アイスクリーム
これが・・・なぜだか・・・
夏より、冬のほうが断然消費量が増えちゃう
とくに、暖房をいれるようになると俄然食べたくなる
暖かいお部屋で食べるアイスクリームは最高なのだ
これが・・・
お鍋のあと、おでんのあと・・・
やけた口の中冷やしてくれるから・・・?
そうだったのか・・・
お鍋協会とアイスクリーム協会は
実は、裏で結託してるのかもしれない・・・・図られたぁ

ユキサン
久しぶりに咲いた・・
なかなかきれいに咲いてくれなくて
なかなかアップできてない
今日も・・・
何枚も撮ろうとしたけれど
風がつよくて、少しもじっとしてくれない
揺れて揺れて揺れて・・・
自分のトゲで傷ができちゃいそう
このまま・・ぼろぼろになっちゃいそうだったんで
カットしてきちゃった
お部屋の中の暖かい空気にふれたとたん・・・
部屋中にいい香り・・・
この容器に・・・こっちのお皿に・・・
お皿に載せてみると・・・この色・・・
あ、バニラアイスクリームの色・・・・
う~~~ん、ユキサンまでも・・・アイスクリーム協会からの回し者?
バニラアイスクリーム・・・・・あったかな・・

yukisan051119-1.jpg

  1. 2005/11/19(土) 18:46:29|
  2. Youki San|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

11月18日 ブラック・ティー



11月18日 晴れ時々くもり・・夕方、通り雨
今日もいい天気
朝、いつもより早く起きた
外はまだ真っ暗
怖いもの見たさ・・・の、心境で・・
外、寒いんだろうなぁ・・・
夜明け前のこの時間が、一日のうちで一番気温が低い・・はず
暖かい服をはおって、ルーフに出てみた
う~~~~~~~ん、寒い!
温度計は・・・っと、なんと3℃しかない
とうとう冷蔵庫以下になっちゃった・・・

早くに起きてルーフに出る
温度はたしかに・・・3℃
寒いのは間違いないんだけど・・
なぜか・・・真冬の寒さではない
まだ・・・許容範囲・・・かなり苦しいけど
日の出前に起きだして、時間に余裕があると・・
何か・・・したくなる
ゆっくりバラを楽しんで、ゆっくり写真を撮って・・・?
ダメなのよ・・
だって、まだ真っ暗なんだから

うん、そだ・・
こういう時のためにストロボっていうものがあるんだ
いっそ・・・大きいヤツをつけて・・
・・・・・・・・・・よぉし・・・
パシャッ!
ダメダメ~~~そんなに光ったら
ほかのおうちから見えちゃうヨ
遠くからでも、はっきり光ってるのが・・
ストロボ・・・やぁ~~めた

と、なると・・・
することが・・・・・・ない

見上げると、お星様
まだきらきら輝いてる・・
東の空と遠くの街が接するところが白くなり始めてきた
あ・・・西の空
まだ、高いところにお月様
きのう、昇ったのが遅かったのかな
まだ、あんなに高いところに・・・
こんなにきれいなお月様
でも、こんな時間・・・だれも、ただお月様を見てるなんて人・・
いないだろうなぁ・・・
そんなことを考えて・・・
じゃぁ・・しばらくのあいだ、何もせずただお月様を見てよう・・
こんな時間、わたし以外にだれも・・
ただじっとお月様を見てるひとはいない・・
と、いうことは・・・・
お月様は、わたしのためだけに輝いてくれてる・・
そう考えても・・・・・いいかな
そんなことを思ってるうちに、空はだんだん白んできて・・・
フフフ
贅沢な・・・時間を過ごせたかな
さぁ・・・まだ、紅茶飲んでなかった
身体・・・冷えちゃった
お月様・・・またネ

暗くて気づいてなかった・・・
ブラック・ティー
夜のあいだも花びらを開いてたの?
寒さが増して・・・・その色・・・・
少し冷えちゃった身体に、熱い紅茶が・・・・
  1. 2005/11/18(金) 21:38:33|
  2. Black Tea|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

11月17日 レイチェル・ボウズ・ライアン



11月17日 快晴のち時々曇り
見渡すかぎり青一色の空
雲、一片さえなくて抜けるように高い空
身が引き締まるような空気
冷たい空気が気持いい
そんなこと思うの・・・1年に何回あるだろう
低く射してきたクリスタルの粒子を発散させるような冬の朝日
バラたちは・・休眠の前、どんな思いでその粒子を受け止めているんだろう

電話で話しをしてて・・
あるお店の紹介記事を説明してた
いろいろ説明して・・
「お店のロゴっていうか、マークみたいなのある?」
って、聞かれた・・
あ、載ってる・・・
「うん、あるヨ」と、答えると
「どんなの?」
う?・・・・・・・どんなのって・・・
「丸の中に、木が三本・・矢印みたいな・・針葉樹みないな木が、重なるように・・
・・・・・・・で、色が・・・・・・・・・
で、その下に・・・・・・・」
視覚的に表現されているものを言葉にするのは難しい
ひとつのことを表現するには、人によって無限の表現があるように思う

例えば・・・簡単なこと
今日、カツ丼を食べた・・・これだけのことでも

カツ丼を食べた
生命を維持するためにある行動をとった
カツ丼をむさぼった
たんぱく質を74gとった
脂肪を31g摂取した
富士山を登れるだけのカロリーをとった
富士山を崩せるほどのカロリーはとれなかった
コレステロールと体脂肪を増やした
今週、一番カロリーの低い食事をした
一杯だけ食べちゃった
ダイエットをした
パン粉をつけて油で揚げた豚肉を載せた御飯に甘辛いオツユをかけて食べた
か○○○を○○た・・・

どれも、ウソではないんだけど・・・
はたして・・・どれが正確に伝わるのか・・
う~~~ん、伝えると内容と相手によって
表現は広がる・・・

レイチェル・ボウズ・ライアン
行ったことのあるバラ園なんかで・・・あまり見かけない
シュラブ・・・だったかな
このバラ・・・本によって・・・
書いた人によってと言ったほうがいいのかもしれないけど
いろんなふうに書かれてる
色だけでも
ソフトピンクに変化する花色に・・・とか
アプリコットの花弁が・・・とか
オレンジ色の透き通った花びらが・・・とか
咲き方も・・
返り咲き・・・繰り返し咲き・・・四季咲き・・・え?
でも・・・ちょっとわかるかな
どれも確かにウソではないかも・・
ちょうど・・・微妙なところなのかな
ピンクでもなく、オレンジでもなく・・・
見る人の感性によって、見えかたも様々なのかも
そんな曖昧さが・・・魅力なのかも・・・

冬の朝日・・・・気持いい?
  1. 2005/11/17(木) 20:06:41|
  2. Rachel Bowes Lyon|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

11月16日 ルイ14世



11月16日 晴れ
もう・・・冬が来ちゃったかな
朝ルーフに出ると・・・・ブルッ
おぉ・・寒い
温度計を見ると・・・
ついに・・10℃に達していない
えと・・・昨日は・・・見てなかった
ひょっとすると、昨日もそうだったのかな
今朝、あまりに空気が冷たいんで
思わず温度計・・・見ちゃった

11月もどんどん過ぎて
もう半ば過ぎちゃった
11月は・・・バラのシーズンのはじまり
いつも、そう感じていた
今年はなぜか、11月が近づいても・・・
新しいバラ・・・新苗の注文リストに熱中していなかった
それでも・・・
もちろん、バラに対する想いが冷めたわけでは・・・・ぜんぜんない
自分では、そんなに意識してなかったけど
いつの間にか・・
ちゃんと・・・鉢も買って、ルーフのすみに重ねてある
今年・・・これと・・・あれ・・は、ちょっと鉢が窮屈そうになっちゃったから
大きな鉢に植え替えよう・・なんんてことをちゃんと考えてる
思えば・・・
それは、夏まだ暑い頃から
バラの生長を見て、あぁ・・この調子だと
今度の植え替えのときには、大きな鉢が・・・
それは、去年までそんなに大きく育たなかったのに・・
2年、3年・・・ときには4年目にして
突然、驚くような生長を始めるバラがある
そんなバラたちを見ながら、いつの間にか・・・ちゃんと用意するようになっちゃった
植え替えは、1月に入ってから
バラたちの様子を見ながらそろそろと始めて
2月がピークかな
今年、そういえば・・・最後は3月が近づいてちょっと焦ったから
来年は・・・少し早めに始めようかな

あ・・・・そだ
そういえば・・・いくつかのバラの名前が・・・
頭に浮かんで・・・
週末までに・・考えがまとまったら・・・
まだ間に合うかな

散り際
いくつものバラを自分で育てて
いくつかの季節を越えて
その散りかたというか、散り際というか・・
いろんな散りかたをするバラたちを見てきて
いつからこんなに散る姿が好きになったんだろう
ルイ14世・・
咲き始めたとき・・じっと見とれながら
どんな散りかたを見せてくれるのかな・・なんて思ってた

LouisXIV051116-2.jpg

  1. 2005/11/16(水) 23:23:05|
  2. LouisXIV|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

11月15日 ジャクリーヌ・デュ・プレ



11月15日 晴れ時々曇り
もう、朝の空気は冷たいくらい
ルーフに出て、バラたちを見て・・・
思わず、寒くて目を細めちゃうくらい
昼間もあまり温度は上がらずに
そのまま夕暮れがやってきて
また・・・寒くなってきたかな

白いバラは・・・
どうしてかな
ひんやりした空気の中で見るからかな・・
どこか・・悲しいようにさえ見える
あまりにも、清楚すぎるのかな
けがれなくて・・・・
どこか・・・たよりなさげにも見えて
一重だったり、半八重だったりするからかな
かがやくようにも見えて
そっと触れてみたくて伸ばした手が途中でとまる
決して触れてはいけないもののように思えて
それが・・・・
この花の持つちから?

名前とチョロの音とチェリストのイメージが交錯して
冷たい、初冬の空気のなか
幻覚を見てるような錯覚にとらわれる
そう・・・
それは、追いかけると遠ざかって
立ち止まると振り返ってくれるような

風にさからうこともなく・・
なのに、時に流されるようではなくて・・
今を謳歌するようでもなく
だからといって、ただ散るときを待っているだけでもなく
この花が支配する空間では
時間や次元が切り取られて・・
すべてが止まって・・・
空気の振動さえ止まって・・・
深い水の中にいるような・・
真空の中にいるような・・・
そんな、聴覚さえ無くしたような空間が生まれる
そんな瞬間・・
バラは・・・
たしかに・・・
なにかを・・・・・つたえてくる

20051115211338.jpg

  1. 2005/11/15(火) 21:41:34|
  2. Jacqueline du Pre|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

11月14日 フランシス・デュブロイ



11月14日 晴れのち曇り
とうとう・・・・寒い
朝ルーフに出ると、冷たい空気がじっとしてる
風もないのに、冷たさがおしよせてくるような空気
バラたちもじっとしてる
いつもなら、歌がきこえてくるような空気があるのに
今日はみんな静かに、音も立てず・・メロディも奏でない
そんな空気だった
午後からは、雲が厚くなって少し湿度もあがって
雨・・・・降るのかな・・・

人間には、どうも二種類・・・ある
お酒を飲まず、上品で、立ってるだけでフラミンゴのように優雅で
かつ、ハンドルネームの頭文字がMで始まる人間と、それ以外の二種類である
わたしは・・・・前者・・・・で・・・・ある
前者の人間からすると、後者の人間が不可解である
わたしは、お酒を飲むと頭が痛くなったり、気分が悪くなったり
ひどい時はジンマシンがでたりもする
それだけでも、後者の人間が不可解である・・
不可解なのは、これだけではない・・
後者の中でも・・とくにオ○ジ・・と、分類される人たち・・
その分類以外でも、そういう人はいるけれど・・
お酒を飲んで・・・飲みすぎて?
羞恥心を失い、礼儀を失い、公徳心を失い、理性を失い、感覚を失い・・・様々なものを失う
あ・・・・飲まないのに、持ち合わせていないということは
今日の主題からははずしておこう・・

お酒には・・・さまざまな種類がある
ビール、日本酒、焼酎、ウィスキー、ブランディ、ウォッカ・・・・
ワインなんて・・
ワインの中でいくつに分類できることやら
色、値段、ビンもいろいろで
これに、さらに・・年代、傷み具合、生産地、生産者、生産者の血統
生産者の趣味、生産者の特技、生産者の出身校、飼い犬の血統・・
などという、さらに細かな区分が・・・・なされない?
こんな細かな区分、鑑定の専門家以外がわかるんだろうか・・
ワイン通なんていう人は・・・・わかるんだろうか
そもそも、わたしなんて、アイスコーヒーと冷めたホットコーヒーの違いさえ
その違いがよくわかんない・・・
そんなわたしに・・・・
ワインが届いた・・
ちょっとすごい?
でも・・・・当然嬉しくはない・・・
なんだったかの会員に送られてくる、お誕生日プレゼントなんだけど
そもそも・・・わたしの誕生日は秋ではない・・・
何年前だろう・・その会に入会したのが秋で・・・
少し前はワインじゃないものが送られてきてた
連絡用紙に、お誕生日はぜんぜん違う時期ですって書いて送ったけど
いつも、秋に届く・・・・
それだけでも・・・・面白くない・・
そこへ・・・よりによってワイン・・
単なるイヤがらせ・・・・と、とりそうになる・・
う~~~~~む・・
お料理以外に使い道は・・・・・無い
寒いのはイヤだけど、紅玉が出始めたらワイン煮でも・・・

冷たい空気のなか
しん・・・と、咲いてる
フランシス・デュブロイ・・
冷たい空気で熟成された・・・・
そう・・・・ワインのような色なのかも・・・
  1. 2005/11/14(月) 20:22:37|
  2. Francis Dubreuil|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

11月13日 ストロベリー・アイス



11月13日 晴れのち曇り
朝からいい天気
風も穏やかで、気温も・・そんなに寒くない
こんな日は、ルーフに出るとバラの香りが立ち込める
やっぱり・・・
朝の紅茶はルーフにしようかな
今年、あと何日バラの香りを楽しみながら
ルーフのベンチで、ゆっくり紅茶を楽しめるだろう
ひょっとすると、今日が・・・・

最近の小学校や中学校の音楽の教科書
もう、昔の唱歌といわれるような歌はほとんど載ってないのね
ちょっと前・・・この表現はかなり微妙だけど・・
そもそも、かなり微妙というのも・・・かなりなのか微妙なのかはっきりしないけど・・
それを論じるのはまたにして・・
ちょっと前なら・・そんな曲・・不良の聞く歌なんていわれたのに
イエスタデイや、レット・イット・ビー
トップ・オブ・ザ・ワールド、スーパースター・・
あ・・・
ちょっと前じゃなくて、充分昔かなぁ・・
こういう音楽を隠れて聴いてた世代が
選定する立場にまわったからからだろうか・・
今のバカ者・・じゃなくて若者の心が荒廃してるなんて言われるのは
こういう・・・情操教育が悪いんだろうか・・

唱歌に分類される音楽は、わたしの心や感受性の根幹を形成してるように思う・・
(今日は高尚な内容になってきたぞぉ・・・)
しかし・・・
こんな大人ができちゃったんで、そういう歌が無くなってきたのかもしれない・・
そもそも・・情操というものがどんなものなのかはよくわんない
唱歌を含む音楽教育を受けたわたしには、備わっているはず・・
と、いうことは・・・
たいして、なんのやくにも立たないものなのかもしれない

子供たちに・・イエスタデイやレット・イット・ビーが理解できるんだろうか・・
昔、聞いて懐かしさと、その頃・・カッコイイと思った世代には
こころに安らぎをもたらしてくれるかもしれないけど
子供たちにとっては・・・
もはや、それは・・
ただ単に教科書に載っている堅苦しい音楽に・・
五線紙にしるされた音楽にしか過ぎず
熱中した世代が感じた、生きた音楽・・とは、とらえないような気がする・・

世界中のあらゆる音楽というのは、二種類に分類される
日本の古い唱歌と、それ以外の曲である
その二種類のうちのひとつを失ってもいいんだろうか・・
考えてみると・・・古い唱歌も・・・かなりわけがわかんないのである

「かごめかごめ」だって・・・・
どうして鶴と亀がすべるのか・・・
「ずいずいずっころばし」だって・・・
茶壷におわれたことは・・・まだないし、そんな経験をした人にも会ったことはない・・
ほかにも・・・
「ポッポッポはとポッポ~、」
2番にいたっては・・解読不能になってくる
「てるてるボウズてるボウズ~、ここはどこの細道じゃ~、みんなで仲良くホーホケキョ~」
脈略さえはっきりしない・・
「でんでんむしむしかたつむり~、おまえのかぁさんでべそだぞ~、ドンドンヒャララ~、ドンヒャララ~」
はぁ・・・
情操教育・・・恐るべし・・
どうせ理解できない・・わけわかんない曲なら
どっちでもいいか・・・

ストロベリー・アイス
いい名前・・・
氷イチゴのこと・・・じゃなくて
冷凍イチゴ・・・のこと?
それは・・アイス・ストロベリー?
そんなこと言ったら・・・・
春は花びらのほとんどがピンクに染まる
ちょっと・・あでやかすぎるような色になる
今、これくらいの時期は・・
白い弁端が淡くピンクに染まる・・
知らない人に、ふたつ写真を並べると
同じ花とは思わないかも・・
どっちが本当の・・・・?
どっちでもいいかぁ・・・・どっちも・・・・好き
  1. 2005/11/13(日) 17:50:39|
  2. Strawbery Ice|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

11月12日 ブライダル・ピンク



11月12日 曇り時々晴れ
ゆうべの雨、何時くらいにあがったのかなぁ
ちょっと寝坊したんで・・
朝起きたときには、もう降ってなかった
ルーフの床はぬれてたけど、空には青いところも・・
寒い・・
風も強くて・・
せっかく咲いてる秋の・・・
品種によっては、今年最後になるお花も折れちゃって・・
カメラ持ってルーフに出ても
風でお花は揺れるし、寒くて長く出てられない
今晩、もっと寒くなるのかな・・・

本来なら・・・そう使うの?  なんて思う言葉・・
この前、CD屋さんに行った
特に欲しいものがあったんじゃなくて
何か・・・・ないかなぁ~~~くらいの気持で
うろうろ見て・・・なにか見つけたら・・・って

ジャズのコーナー・・・・
え?  そんなの聞くの? って?
雑食なんで、なんでもありなのヨ
ジャケット・・いまでもそう言うのかな・・を見て
ピンとくるものがないかなぁ・・・
そしたら・・・そもそも、この言葉はそう使うのかなぁ・・なんて思う表現が・・・
「都会派のクールな音・・・・・」
音にそんな形容のしかたって・・・でもなんとなく雰囲気は・・
そうは言っても・・
「田園派のほっこりした音・・・」こんなジャズは無い・・・

「彼らの織りあげる音は・・・」と、いうのはあるけど
「彼らの夜なべして編んだ・・」では、わけわかんない

「重厚な音・・」はあっても
「軽妙な・・・」は無い・・・

「ウッドベースの哲学者・・・」は、あっても
「ウッドベースの経済学者・・」は無い・・

「悲運の天才ピアニスト・・・」聞いてみたいと思うけど
「幸運の凡才ピアニスト・・・」・・・CD出すなヨ・・

こういうのって、音楽だけじゃないみたいで
でも、音楽では通用する形容でも、他では通用しないことも・・
「詩情豊かなギタリスト」・・うん、いい感じ
「詩情豊かな詩人」・・・・・・あたんまえでしょ・・?

「クラシック界の異端児」とか「ジャズ界の異端児」というのは有りだけど
「耕運機の異端児」・・・・なんのこっちゃ・・に、なっちゃう

写真や写真集・・・写真家にも・・
いろいろと形容の仕方があるみたい・・・
例えば・・ニューヨークのいろんな風景を、モノクロで集めた写真集だと・・・・都会派の?
いや・・・それは、被写体が単に都会というだけか・・・
田舎の風景は・・・・田園派・・・いや、それも・・・

ネットの世界・・・
いくつあるのかわからないサイトやブログ・・
それぞれいろんな形容が・・?
イエイエ・・・・なにも言わないで~~~
形容しなくていいからネ~~~

このバラ・・・
いろんなピンクのお花はあるけれど
その、ピンクの違いを表現したり形容したり・・
それは・・・・難しい
どうしても、この名前・・・ちょっと恥ずかしいような・・
でも・・・
ぴったりなのかな・・・ブライダル・ピンク
秋のお花は・・・春よりちょっと濃いめ・・・かな
  1. 2005/11/12(土) 18:08:56|
  2. Bridal Pink|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

11月11日 グレイス



11月11日 晴れのち雨
朝、太陽が顔を出す前の空気は
冴え冴えとして・・
じっとしてると、肩がぬれてくるように
冷たい空気がしみこんでくる
時間はどんどん進んで、空気の中の冬の粒子が増えてくる
降り出した雨・・
この時間になって、また強くなりだした
雨があがるころ・・粒子は結合を始め、雪の結晶の核が生まれるのかも・・

「心理テストやってあげる~~」
でた・・・・
この心理テストというもの・・・・どうにも信用できない
信頼度でいうなら、下駄を投げるより確立の低い気象庁の長期予報より
はるかに低く
わたしのブログといい勝負かもしれない
「目を閉じて、想像してみて・・・
 動物園に行きました、入り口の門を入りました・・・
 まず、最初にいた動物はなんですか?
 その動物は何をしてましたか?
 それを見て、どう思いましたか?・・・・・
 ・・・・・・    ・・・・・・・・・・・   ・・・」
そのあともいくつも質問が続いた
で、この心理真理テスト
最初の動物は自分のイメージで、動物の行動は自分のイメージに重なる行動で・・
どう思うかっていうのは、自分を客観的にみると・・ってことだと言う
そんなことって・・・・

信用していいものかどうか・・試してみた
まず、Aさん・・
この人は・・食べることが大好きで・・それは、見ただけですぐわかる体型の持ち主でもある
前に何人かで話してたとき、いちばん幸せなのは、遅い朝食をとっているとき・・なんて答える人である
ね?
これだけでも、すごいでしょ?
この答えだけでも、Aさんは早い朝食と、普通の朝食と、遅い朝食をとっていることがわかる・・
このAさんの答え・・
最初にいたのはゾウで、ダンプカーに山盛りのエサを食べてた・・
それを見て、思ったことは・・・よく食べるなぁ・・・だって

ひとりだけでは、なんなので・・
こんどは、Bさん
かなりそそっかしい人で・・・いつも・・慌ててるような・・・
最初にいた動物は・・小型のサルで・・
檻の中を飛び回って、キーキー言ってた
で、それを見て・・すこしじっとすればいいのに・・・

ふむふむ・・・この心理テスト・・・いけるかも

え?
わたし?
最初にいたのはフラミンゴ
何をしていたか・・・じっと立って遠くを見てた
それを見て、ただ立ってるだけで優雅すぎるくらいだなぁ・・・って、思った・・・って
うん、この心理テストは完全に信用できる・・・ぷ

子供の頃、何度も行ったことのある動物園
門を入ったところに、フラミンゴがいた
で、いつ見ても・・・じっと立ってるだけだった
その羽のきれいなこと・・・・
いつも立ち止まってしばらく見てた
ただ、それを思い出しただけ・・・

もし、自分がバラ園を造るとしたら・・・
門を入ってすぐには・・・
このバラを植えるかも
グレイス・・・
記憶に残るフラミンゴの優雅すぎるその姿
フワフワとした羽・・・
記憶の中のその羽と、花びらが重なる・・・・

Grace051111-1.jpg

  1. 2005/11/11(金) 23:00:23|
  2. Grace|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

11月9日 賽昭君



11月9日 晴れ
あれ?・・
あれだけ冷える冷えるっていってたわりには
朝、ルーフに出てもそんなに寒くはない
久しぶり・・かな、雲ひとつない空
これだけ雲がないと、放射冷却しそうなのに・・
朝はそんなに寒くない・・なんて思ってたのに
夕方、ちょうど暮れるころ外を歩いた
そのときは・・・寒くはないんだけど
少し前まで感じてた、空気の中の暖かさ・・
空気の芯が温度を少し無くしたような・・
そんな風が吹いてきた・・冬はすぐそこまで・・・・
秋と冬のはざま・・・かな

今日は・・・
ブログを書き始めてから、なんと!
記念すべき・・・ちょうど、ぴったり213回目の日にあたる
う~~ん、すごい
もし、このオバカブログをず~っと続けていって
10万回書いたとしても・・
213回目は今日しかない・・
もう、二度と213回目は訪れない・・
わけわかんないって? いいからいいから

画面左のカレンダーを適当に動かして
前に書いたのをポツポツと適当に見てみる
あれ・・・こんなこと書いたっけ・・なんていうのが・・中には・・
あぁ・・記憶中枢が退化し始めたんだろうか・・たいへんだぁ・・
そういうのを見ると・・
記憶から薄れてることがあるってことは・・
同じことを何回も書いてる・・・って、こともあるんだろうか・・
2回までは・・許されても・・・
何回目・・同じことを書いたら・・・
まぁ・・それにしても、オバカの多いこと

このブログをよんでくれる人の中で
「ひょっとしたら、このブログは内容が無いよう・・」(気づいた?)
と、疑う人がいるかもしれない
そういう人に言いたい・・あなたは、文章の読解力にすぐれています
少なくとも・・・読み返してみて思ったわたしの感想と同じかも

しか~し・・
内容が無いかわりに、ウソもない
まぁ、わたしの考え違いや、記憶違い
そして、事実に反することも書かれているかもしれない
もちろん、アマノジャクなことはいっぱい書いた
けれども、意識的に、はたまた故意に・・
事実にはんすることを書いたことは無い

これは・・ブログではあるけれど・・
コラムなのか・・・プラムなら美味しいし好きだけど・・
エッセイなのか・・・オットセイのほうがはるかに楽しいけど・・
どっちかわかんないけど
コラムにしてもエッセイにしてもありのままに
綴っていこうという方針を貫いている・・・・・・・・・・かな?
213回という、記念すべき、きりのいい回数を迎え
決意をあらたにしたのであった・・・・

はぁ・・・オバカ・・・・すぎる・・・

朝、ルーフに出たときに
あ、咲いてる・・・
思わず、まっすぐ近づいて・・・
なにこれ・・・・
あぁ・・・これじゃぁ・・・いまいち、いまに、いまさん・・し
これはやめよう・・・なんて思って
ほかのお花を撮り始めた
このお花に近づくたびに・・
どうして、こんな咲き方なのよぉ・・楽しみにしてたのに・・
って、思いながら視界の端っこでちらり・・・ちらり・・
やっぱり・・・気になる
とうとう、まん前にしゃがんで・・・じっと見る
なんだか・・・オムツしてるみたいな姿ネ
本に載ってる写真では、もっとフワフワの
透けるようなゆたかな花びらが・・・
なのに、どうしてそんな姿に・・・
え?
聞こえたの?・・・・賽昭君
突然、花びらの間から・・・水滴がこぼれてきた・・・
ごめんネ・・・泣かないで・・・
あぁ、びっくり・・涙かと思っちゃった・・・・
  1. 2005/11/09(水) 23:01:21|
  2. 賽昭君|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

11月8日 イレーヌ・ワッツ



11月8日 晴れ時々曇り
きのう・・明日から朝晩寒いんだって・・
って、たくさん話した
けど・・・朝は・・そんなに寒くなかった
少し雲が浮かんでて、ちょっとスモーキーな空
昨日、季節はずれの黄砂・・なんて言ってたけど
まだ、空気中に残ってたのかな

気温が下がってからバラの開くのがゆっくりに・・
蕾があがって、ガクが割れて・・
ガクはクルリと反り返って・・
さぁ、花びらの開く準備万端・・
ここからじらされる・・
ルーフに出て、開いてるお花を見たり
写真を撮ったり・・
その時に・・・
あんまり見つめると、恥ずかしがって開かないかもしれないし
早く~~なんて、言いながら見ちゃうと
お花も自分で早く開かなきゃ~~
なんて、プレッシャーを感じてもいけないんで
なるべく・・
見てることを気づかれないように
横目でちらっと・・・見る
気を・・・・使っちゃうワ
でも、蕾も・・・ちょっと桃みたいで可愛い・・
イレーヌ・ワッツ、桃記念の一枚を・・・


irenewatts051108-2.jpg




それから、何日過ぎたかな・・3日?4日?
ある朝、ルーフに出ると・・・
少し・・・ゆるみ始めたその姿・・
あの蕾・・この花びらの質感・・
とても、ここから開いたを想像できない
少し硬そうにさえ見えるこの花びら・・
ここから・・・このお花にどんな劇的な変化が起こって
あの・・・やわらかなお花になるんだろう・・・
よくテレビなんかである
生長を早めて見てみましょう・・なんていう
早送り映像で見てみたいかな

何度も何度も・・・
いくつもいくつも・・・
ルーフで開花してるのに
ここから開いていくところをじっと見ていたことはまだ無い
アゲハの幼虫がサナギになって
ある日・・・
突然、チョウになるような驚きさえ感じちゃう

初めてこのバラを育てだした頃
蕾と、ゆるみ始めたその姿を見て
あぁ・・・失敗かなぁ・・
育て方・・・わるかったのかなぁ・・とさえ思った
なのに・・・それだけに・・・
次に見たとき、その変化にドキドキした
今、いろんな論議はあるものの・・
チャイナローズ・・・
ホントは・・・・無理やり解明なんかしなくていいワ
そんなこと・・・
開いてくれたその姿を見てると・・・気にならない
どうであれ・・・
このバラが大好き・・・

黄砂が吹いた次の日
とうとうこんなに開いた
蕾から何日経ったのかな・・
黄砂に・・・・何か感じたの?

irenewatts051108-3.jpg


蕾から・・・・・開くまで・・・
  1. 2005/11/08(火) 21:26:35|
  2. Irene Watts|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

11月7日 月月粉



11月7日 晴れ時々曇り
雨が残ってるのかな・・って、思いながら起きた
ルーフに出ると広がる青空
でも・・明け方近くまで雨降ってたのかな
ルーフはしっかり雨のあと
バラたちも・・・しずくでいっぱい
そんなに寒くもないし・・
今日、陽が差すとお花は一気に開くかな

ここのところ、しばらく冬の足音は聞こえない
これくらいの温度・・・気持いい
どれくらい続くのかな
そんなこと思ってると・・・
木枯らし1号・・なんていうのが、いきなりやってくるのかな

新聞だったかな・・
紅葉が年々遅くなってるんだって
標高の高いところなんかは、もちろん早いんだろうけど
九州なんかは・・・
なんと、年明けしてからが紅葉のピークだとか
もちろん平野部でのことなんだろうけど
このあたりでは・・・
7~8年前には10月のなかばには色づいてたらしいけど・・
そういえば・・
樹の種類にもよるんだろうけど
10月中にはしっかり紅葉が見れたような気がする
でも・・・・今年は・・・
ほとんど・・・それらしいものは見ていない
ちょっと山のほうへ行っても・・・
たしかに、ぽつんと1本色づいてる樹があったりはするんだけど
そのとなりに、同じ樹があっても
そっちはぜんぜん緑だったり・・

ケヤキの黄色い葉っぱ・・ところどころ茶色になって・・
桜の黄色と赤と・・・緑も残ったあでやかな色づき
イチョウの染め上げたような黄色
陽に透かして、燃えるようなモミジの赤
ツタウルシのツヤツヤした赤から緑へのグラデーション
ナンキンハゼのイミテイションのような赤黄緑
柿の葉の、なんとも複雑な地図のような濃い緑とこげ茶色・・

寒くなるのは嬉しくないけど
それでも・・・やっぱり、そんな木々の色づきは
心待ち・・・なのかもしれない
今年は・・・もうしばらくかかるのかな

月月粉
しばらくお花が途切れてたけれど
ようやくお花を見せてくれるように・・
今日は三日月ヨ・・・・知ってる?
月の満ち欠けと、お花の咲くのに・・・なにか関係・・・ないのかな
でも・・・
このお花、月の輝きをまとって、三日月ダンス・・・してるみたい

YueYueFen051107-2.jpg

  1. 2005/11/07(月) 20:23:36|
  2. 月月粉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

11月6日 Sweets



11月6日 雨
お昼頃から降るんだと思ってた
きのうできなかったことをしようと思って
朝起きると、外はすでに雨
そんなに寒くはない・・
昨日の予報だと、お昼過ぎから降りだして夕方強く・・
なんて言ってたのに・・
午後からでも、やんでくれないかなぁ・・って、思ってたけど
まだ少しだけ降ってる
まぁ・・晴耕雨読・・・かな

ずいぶん前のことだけど・・
世界最高のフカヒレ料理を、食べさせてもらったことがある
もちろん、世界最高であるのだから、当然食べさせてもたっちゃったのである
お店に入るとき・・看板に世界最高・・とは書かれていない
お店の中に・・・残念ながらここにも書かれていない
では、メニューに?  いやいやここにも書かれていない
やっぱり、世界最高・・・のお店は奥ゆかしいものなのかもしれない
自分で世界最高なんて言わないものなんだ
包みばかりがすごくて中身が・・・・なんてことはないのだ
しか~し・・どこにも書かれていないと、連れてきてくれた人がそう言ってるだけ・・・
と、いう可能性は否定できないのである・・
こうなると・・その人のいうことがどこまで信憑性があるのか・・と、いう問題に発展する・・
あ、そうそう、世界最高のフカヒレ料理だった
もちろん、それだけを頼んだわけではないので、いつでてくるんだろう・・と、ワクワク、ソワソワ
じゃ~~~ん、やって来ました~~、たぶんヤツだな・・
ワゴンに載せられて、銀のボールみたいなのでフタされて・・
うやうやしく運ばれてくる
で、じゃじゃじゃ~~~んと前に置かれる
「失礼いたします」なんて言っちゃってフタを取ってくれる
うんうん、はやく失礼してして~~
で、・・・・・・「????????・・・?」
なんで?・・・誰かモヤシのナムル頼んだ?
いやいや、モヤシのナムルは中華料理じゃないでしょう
どうしたものか・・と、思っていると、今度はさっき料理を運んできた人とは違う人が・・
お料理の説明だって・・・
フカヒレを切らしたんで、かわりにモヤシで作りましたなんて言わないでネ・・と、思っていると
この料理・・乾燥させたフカヒレを戻して、なんと1本1本にばらして
太さと長さの揃ったものにより分ける
それを、金属の板の上でまっすぐに伸ばして凍らせるそう
で・・・それからであ~る
今度はモヤシ・・の中からまっすぐでしっかりしたものを選び出し
8cmくらいかな・・の、まっすぐなモヤシを用意する・・らしい
そこへ・・さきほどの凍ったフカヒレ・・
これが、カチンカチンになっていて、まるで針みたいになるそうな
そのフカヒレを・・
常温だと溶けるんで、冷凍庫の中で手を氷水で冷やしながら・・
あの・・細いモヤシの中心に
端から端まで刺し通す・・・と、いうのだ・・
そう言われて良く見ると、モヤシの両端にアメ色のフカヒレがすこしずつ見えてる・・
その、フカヒレ貫通モヤシを・・・スープで煮たものが・・・・これである・・・と
白い・・浅い・・真ん中がボールのようになったうつわのまん中に・・・
鎮座まします30~40本のモヤシ・・・
じゃなかった、フカヒレ・・・
うす味のスープのお風呂にヒタヒタと・・
あのぉ・・・スプーン無いんですけどぉ・・・・・・・・・
え?
お味?
う~~~~~~~ん
まぁそのぉ~~~
このぉ~~~~
あのですねぇ~~~~・・・・・
フカヒレの姿煮はないんですか?って聞きそうになっちゃった・・

ちょっと前からチェックしてたケーキのお店
ちょいとパトロール
まぁ・・季節的に・・・そろそろ終りだけど
初めて行くし・・
栗を使ったケーキを重点的に・・
あるある・・・
栗のお菓子を食すれば、だ~いたい・・わかる・・・・なにが?
要は栗が大好きなだけなんだけど・・
栗が使われてるケーキは全部で4種類
それぞれひとつずつ買って、合計8個
なんでって?
だって、リンゴのも・・・好きなんだもん
で、シュークリームも・・・
あのねぇ・・・食べたくて、自制心がなくて食べてるんじゃないのヨ
あくまでも・・研究してるのヨ・・
はぁ~~~・・・・晴耕雨食
  1. 2005/11/06(日) 20:08:30|
  2. Sweets|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

11月5日 フランシス・デュブロイ



11月5日 曇り時々晴れ
きのうの夜、天気予報を見ていると
「明け方に霧の出るところが・・・」
楽しみにして、朝はやく起きた・・
でも・・・霧は出てなかった
まだ真っ暗だったんで・・どうしよう・・夢の続きを・・・
いくらなんでも、ルーフのベンチじゃ・・・
ちょっと考えて、結局はソファに
しばらくまどろんで・・のつもりが
結構しっかり・・
目が覚めるとしっかり太陽も昇ってる
バラたちもみんな・・・・

フランシス・デュブロイ・・
本に載ってる写真を見てて・・・・
あんまり気にとめることは無かった
一度実物を見たとき・・ちょっと気になった・・かな
頭のなかのリストには、一応名前をとどめとこう・・
それ以来、あちこちで・・
だんだん思いが・・
今年の春に新苗を
そのあとすぐにお花を咲かせて
それから・・・
新しい芽がでたり、シュートも出たのに
そのたびに、虫に食べられる
そんなに美味しいのかな
いくつも鉢を並べて
ほかにも、シュートや新芽はたくさんあるのに
どうしてか、このバラだけが・・・
見事に葉っぱを全部食べられた
すぐ近くで蚊取り線香をつけておいたり
木酢液もこまめにスプレーしたのに
ものの見事に・・・
新芽やシュートの先の生長点をしっかり食べられるんで
そこからぜんぜん育たない
で、しばらくするとまたシュートが・・・
ほっとするやいなや・・またやられた・・・
そんなことを繰り返して・・・
緑のふたまたの棒が立ってるだけに・・・
枯れたんだろうか・・・
葉っぱが無いんだから、光合成できないはずだし
やっぱり枯れてるんだろうか・・
さきっちょ、少し切ってみて・・・
うん、まだ枯れてはいない・・
それから、またまたず~~っと様子を見て
変化なし・・・・おかしいなぁ・・・
今度こそ枯れたかな・・・
また、さきっちょを切ってみて・・・生きてるなぁ・・
どうして、葉っぱもないのに生きてるんだろう
だんだん・・・
短くなってきた緑の棒・・・
このまま・・・冬は越せそうにない
きっと、ふゆの間に・・・

いつだったかな・・
2週間か3週間前くらいだったかな
見つけちゃった・・・
どうしても、このバラは・・
あんなにしちゃったのが悔しかったのかな
小さな蕾がつきかけてた鉢苗を・・買っちゃった
で、今回・・・・
秋のお花を見ることができた・・
この匂い・・・この姿・・・
自分のバラでティーローズは・・・これだけ・・・だったかな
ティーの匂い・・
でも、バラ園なんかで嗅いだことのあるティーより
すこし・・力強い・・というか・・
すこし太い・・っていうのもおかしな表現だけど・・
そんな香りがする・・
フフ
もう・・・ただただ満足・・・

F,D051105-04.jpg



おまけ・・・ [11月5日 フランシス・デュブロイ]の続きを読む
  1. 2005/11/05(土) 23:19:27|
  2. Francis Dubreuil|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

11月4日 モーティマー・サックラー



11月4日 晴れ
朝ルーフに出ると、少し雲はあるけどいい天気
気温も高い
何日か前は、朝ルーフに出ると冷たい空気に包まれるようだったのに
今日は・・ちょっと生暖かいくらい
いくつかのお花には、ちいさなしずくが・・
夜露かな・・・って、思ってたら
明け方に濃い霧が出てたみたい・・・・天気予報で言ってた
あぁ・・霧の中のバラ、見たかったなぁ・・・
濃い霧の中で・・・・写真って撮れるのかな・・



片付けをしてたら・・・
古い写真集が出てきた
表紙を見て・・
思い出せない・・・
何をって・・
何冊か持ってる写真集
毎日開くものではないけど・・
そう、何年か開かなくても
中に印象に残ってる写真が何枚かはある
でも・・・
この写真集、表紙を見ても・・1枚も思い出さない
自分で自分をテスト
開かずに、1枚だけでも思い出そう
表紙が変色してるわけじゃないけど
どうやら・・・かなり昔に買ったのかな
ぜんぜん・・・・まったく・・・・思い出さない
ゆっくり見れる時に・・と、思って
買ったときにも開かなかったのかな・・
実は・・ずいぶん昔のスケッチブックと一緒に袋に入ってた
スケッチブックには・・・
絵ではなくて、昔撮った写真が貼ってある
ほんの3~4枚・・
仮止めみたいに貼ってあった・・
実は・・その写真・・かすかに覚えてるけど・・
それもちょっと怪しい・・
そうそう、それはいいんだけど写真集
表紙を見る限り・・・かなり明るい
南の島・・・? 海の写真だろうか・・
なんとなく、開いちゃうとがっかりしそうなんで
開かないまま・・・
本棚に立てちゃった
開いて見たい気持と
ちょっとパンドラっぽい感じが入り混じって・・・
1枚でも・・・思い出したら開こうかな
また・・・存在を忘れるくらい・・・・置いたままに・・・

バラのが開くとき
時々、中になにかいそうに感じること・・・・ない?
童話のように・・妖精が出てきたら
どんなに楽しいだろう・・・とか
魔法の光が出てきたら・・・・とか
やわらかい晩秋の朝日に向かって
ほんの少しほころんだモーティマー・サックラー
妖精は飛び出した後かな・・・


[11月4日 モーティマー・サックラー]の続きを読む
  1. 2005/11/04(金) 21:06:53|
  2. Mortimer Sackler|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

11月3日 ザ・ジェネラス・ガーデナー



11月3日 曇り、一時通り雨・・
思った時間より、寝坊した
ちょっと用事があったので・・
起きようと思ってた時間よりを少し過ぎて目が覚めて
まぁ・・慌てるほどでもなかったけど・・
出かける前にルーフで過ごす時間が少し短くなった
朝から曇り・・
雲に覆われて、気温も・・低くない
風もなくて、ルーフは・・・・バラの匂いでいっぱい
こんなに匂いのすばらしい日は多くない・・
朝の紅茶はルーフで・・・

今日は文化の日
に、ちなんで文化の香り漂う内容に・・・
・・したいという気持はあんまり無いんで・・
だって・・そもそも・・天皇誕生日・・だったけ・・?

どれくらい前かは・・・秘密だけど
第一次写真熱中期・・・
まぁ・・写真を始めたころだったかな・・
今は・・・そんなこと思わないし
思ったとしても、恥ずかしくて口にはできないかもしれないけど
「光」が撮りたい・・なんてことを・・・
写真撮ってるかぎり、光は絶対映ってるわけで・・
光がなければ・・・写真にはならない・・・・・・・こともない・・?
そのころは・・
自分なりに光を・・・撮ってたつもりだったかも・・

今は・・・
気になるのは光より・・・むしろ・・暗闇
「闇」は撮れるんだろうか・・
風の無い日、夜中にバラを撮ったり
夜の街を写してみたり・・

デジタルカメラで撮る限り
ヒストグラムで見たり
R,G,Bのピクセル値がそれぞれがゼロのところを探せば
そこが・・・・真っ暗闇・・かもしれないけど
そんなことをして・・闇を撮りました・・・とは、言えない

暗室の中で・・・一切の光が無い状態でシャッター切ったって
ただ真っ黒な画面になるだけで・・
それを、闇の写真ですなんていうと
見た人みんなが「????」状態・・・

結局・・・ず~~~っと前に「光」が撮りたかったのと同じなのかも
闇がなければ光を感じられないし
光がなければ・・・・闇だって感じられないのかも
物事の・・・表裏一体の・・・・なのかな
カメラを手にして・・
頭の中に浮かぶのは・・・

良く考えて撮るのか・・・
それとも、感じるままに撮るのか・・
見て・・考える前にシャッター切っちゃうのか・・
光を撮ると闇が写るのか
闇を撮ると光が写るのか・・・・・

フフフ
ちょっと・・・・文化の匂いが?

ジェネラス・ガーデナー
今日、いくつか同時に開いてくれた
ルーフはガーデナーの匂いが立ち込めてる
どうしてだろう・・・
光を感じる匂いかもしれない・・・・
  1. 2005/11/03(木) 22:05:30|
  2. The Generous Gardener|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

11月2日 イレーヌ・ワッツ



11月2日 晴れ時々曇り
明け方、なぜか目が覚めた
何かをしようと思ったのかなぁ・・
起きかけて・・そのまままた寝ちゃったみたい
しばらくして、身体が・・肩や背中が冷たくなって目が覚めた
今朝はよく冷えた
冷たくなった腕をさすりながらルーフに出ると
ガクの割れ始めた蕾・・・昨日の朝と変わらない
寒くて開くのを躊躇してるのかな・・

ルーフから戻って、紅茶を飲みながら新聞をめくる
ふむふむ・・・・・・
ひとくちすすっては・・・外を見たり
新聞・・気になるところを拾い読みしたり
新聞で・・・???って思うこと
どうして・・毎日同じようなページ数なんだろう
新聞よりもっと思うのは
テレビのニュース番組だけど・・・

毎日いろんな出来事があるんだろうけど
どうしてか・・・紙面の大きさが先に決まってて
それを埋めるためにニュースを・・・
長ったらしく書いてたり・・
膨らましたと思ったら、途中で残りの紙面が少なくなってきて
あわててはしょったり・・・
たとえば・・・スポーツ欄だって
オリンピックの年にプロ野球が盛り上がって
サッカーのおおきな試合があって・・
ゴルフの大きな世界規模の試合があって・・・
ついでにラグビーまでやっちゃたら・・
いつもの紙面では足りないんじゃないのかな・・

ニュースだって・・
大きな事故と災害と政変と戦争と・・・
そんな日があれば
なんにも無い日も、一年のうち何日かはあると思うんだけど
なのに・・
新聞のページ数は、毎日ほとんど変わらない
ちゃんと・・・伝えるべき内容に即した紙面にすればいいのに・・
今日は1枚だけ・・の新聞かと思えば
次の日は全16巻の百科事典みたいな新聞だったり・・

テレビのニュース番組だって
神妙な顔してくだらないこと喋ってないで
いさぎよく「今日はお伝えするような大きなニュースは無いんで・・
歌でも唄いますかねぇ~~~」
なんていうのがあってもいいように思う・・・・まさかって?

気温が低くなるにつれて
だんだん開くお花が少なくなって・・
でも・・なぜか・・
ルーフ全体では、お花の数は・・・
そんなには変わんないのかな
こっちが終ると、こんどはまた別のが・・
イレーヌ・ワッツ
今、ほかのお花が少ないのをわかってるのか
紙面調整するかのように
たくさんお花をつけてくれてる
1,2,3・・
8つも咲いてる・・・
一度にそんなにお花咲かせて・・・大丈夫かな・・・・
  1. 2005/11/02(水) 22:31:10|
  2. Irene Watts|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

11月1日 ブラック・ティー



11月1日 晴れ
今年一番の冷え込み・・
なんて言ってたのに、朝ルーフに出てみると・・・?
覚悟しすぎたのか、それほどでも・・
空には雲ひとつ無くて、すがすがしすぎるくらい
午前中の天気予報では・・
日中は陽射しも強くて、昨日より温度が上がって
夜には一気に冷え込みます・・だって
今、ちょっと外に出たけど・・・・まだ、大丈夫かな

子供の頃から・・
「やってはいけません」という呪文には弱かった
それは・・・禁断の味を連想させる言葉の響きだった・・
夜に口笛吹いちゃいけません・・
扇風機に指を突っ込んじゃいけません・・
大人のいないところで焚き火をしちゃいけません・・
大人の人と一緒じゃないと海で泳いじゃいけません・・
プールも一緒です~~
どうしてよぉ・・・

中学生や高校生のときも
言われることは・・・
やっちゃいけないことばかり・・
パーマはいけません・・
髪を染めてもいけません・・
校則・・・だって
校長先生をハゲと呼んじゃいけません
あ、それは書いてなかったか

まぁ・・・
いけませんと言われることは
一通りチャレンジは・・・・してみた
でも、まぁ・・・
こうして・・・今・・・
「いけません」ことをやっちゃっても
ほとんど、たいしたことにはならない・・・・かな?

バラの本の中にも
「やっちゃいけません」がいくつも書かれてる
植え替えはこのシーズン以外は・・・・
開花の前は肥料を・・・
花が終ったあと、花がらをそのままにしては・・・
新苗のお花を咲かせては・・・
まぁ・・・たしかに・・
この道の先輩がたが、書いてるんだから・・
間違いではないんだと思う
でも・・・その人たちも、そのまた先輩がたから言われて
守ってるような・・・
ほんとに自分でやってみて・・・そうなのかな
なんて・・・・不届きなことを思ってしまう
当然・・・ここにも・・・やったら・・どうなるの?って思っちゃう

バラを選ぶときの注意で・・・
名前で選んではいけませんって書かれてるのを読んだことが
最初読んだとき・・「?????」どゆこと?
名前見なきゃ、それがなんのバラかわかんないじゃん・・
苗を見て、いい苗を買いなさいってことなんだろうか・・・???
などと、わけのわかんないことを思ってた
名前に惚れちゃいけませんってことよね・・
ところが・・・・
やっぱり・・・・
そう書かれるだけあって、姿を見る前に
名前だけ見て、どうしても欲しくなっちゃうものが出てくる
ない?  そうやって手元に置くことになったバラ・・

ブラック・ティー
少し前は切花は流通してたみたい
ハイブリット・ティーだけど切花が主体だったのかな
お花はみたことあったけど、初めてお花を見たときには
名前を知らなかった・・
そのお花とブラック・ティーっていう名前が結びつく前に
ブラック・ティーっていう名前を、バラの名前だけが並んでる
リストの中に見つけた
暑さにあまり強くなくて、ウドン粉病にも少し弱い・・
もう名前にうっとりしちゃって
あまり・・でしょ・・・
ウドン粉病だって・・・少し弱いだけでしょ・・
大丈夫、大丈夫・・・
もう、絶対買う気になってたかな・・
それが写真を見て・・・
あ!これ・・・・
あのとき見た・・・あのバラだったんだぁ~~

今の温度だと、蕾が緩み始めて・・今日で3日かな
まだ、これくらいしか開かない
すこしだけ・・・ティーの匂いがする・・
ゆっくりゆっくり
春とは違って、濃い紅茶に似た色がいっそう濃くなる
開ききると、すこしブルーイングして・・・
あ・・・・紅茶、飲みたくなってきた・・・
  1. 2005/11/01(火) 21:01:30|
  2. Black Tea|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

    Mac.

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。